« Arcserve UDP を活用してみよう! 第40回 ~ バックアップデータの多重化の方法 | トップページ | Arcserve Replication/HA:2回目以降の同期時間に影響するもの »

2016年10月 7日 (金)

Amazon S3 と Microsoft Azure のクラウドストレージをコピー/アーカイブ先として利用する

Arcserve UDPでは、オンプレミス上に保管したイメージ バックアップデータから自動的にファイルを抽出し、簡単にクラウドストレージにファイル単位でコピー/アーカイブすることができます。

【コピーの利点】
コピー処理では多重化したいファイルをクラウドストレージにコピーするので、災害発生時にはダウンロードしてすぐにファイルを利用することができます。

【アーカイブの利点】
アーカイブ処理ではクラウドストレージにファイルを移動するのでオンプレミス サーバのストレージ空き容量を増やすことができます。


このコピーとアーカイブについて、Arcserve UDPでどのよう設定するかをまとめた『設定ガイド』をカタログセンターに公開しています。是非ご覧ください。

>> カタログセンター


下記はWindows Agentを利用したケースですが、コンソールを利用したケースも併せて掲載しています。

Copyarchive


+++
以上、Koichiがお伝えしました。

|

« Arcserve UDP を活用してみよう! 第40回 ~ バックアップデータの多重化の方法 | トップページ | Arcserve Replication/HA:2回目以降の同期時間に影響するもの »

Arcserve UDP (旧製品名 Arcserve D2D)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/553787/64274556

この記事へのトラックバック一覧です: Amazon S3 と Microsoft Azure のクラウドストレージをコピー/アーカイブ先として利用する:

« Arcserve UDP を活用してみよう! 第40回 ~ バックアップデータの多重化の方法 | トップページ | Arcserve Replication/HA:2回目以降の同期時間に影響するもの »