« よくある質問:Arcserve UDP 7300 Appliance ハードウェア仕様 | トップページ | Arcserve UDP を活用してみよう! 第40回 ~ バックアップデータの多重化の方法 »

2016年10月 4日 (火)

Arcserve Replication/HA:ボリューム サイズが 64TB を超えないように注意

Arcserve Replication/High Availability には容量制限はありませんが、サーバを構成するボリュームの大きさには注意が必要です。

Arcserve Replication/High Availability では同期実行時にマスタ サーバで VSS スナップショットを取得します。しかし、VSS では 64TB を超えるボリュームをサポートしておらず、スナップショットを取得する事ができません。 

Usability limit for Volume Shadow Copy Service (VSS) in Windows      
https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/2967756   

そのため、64TB を超えるデータをレプリケートするためには、ボリュームを分割する必要があります。例えば、総容量 100TB のファイル サーバであれば、50TB のボリュームを 2つ作るという具合です。

データの大容量化が進んでおり、最近では 100TB 以上の案件のご相談をいただく事も珍しくなくなりました。大容量環境では、先日の記事でお伝えした同期の時間だけではなく、ボリュームの分け方にもご注意ください。

以上、ホテがお伝えしました。

|

« よくある質問:Arcserve UDP 7300 Appliance ハードウェア仕様 | トップページ | Arcserve UDP を活用してみよう! 第40回 ~ バックアップデータの多重化の方法 »

技術情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/553787/64197742

この記事へのトラックバック一覧です: Arcserve Replication/HA:ボリューム サイズが 64TB を超えないように注意:

« よくある質問:Arcserve UDP 7300 Appliance ハードウェア仕様 | トップページ | Arcserve UDP を活用してみよう! 第40回 ~ バックアップデータの多重化の方法 »