« Arcserve UDP を活用してみよう! 第41回 ~ クライアントPCのバックアップがさらに行いやすくなりました! | トップページ | 本社と拠点で互いに同じデータを持たせる(クロスレプリケーション) »

2016年10月21日 (金)

UDP v6 でクラウド上の仮想サーバをバックアップする場合のライセンスについて

Arcserve UDP v6は、条件(※) を満たす全てのクラウドコンピュータをサポートしています。

以前は具体的なクラウドコンピュータサービス名を挙げて限定していましたが、現在はサポート対象が広がり、条件に合致する全てのクラウドコンピュータをサポートしています。

※ 条件の詳細は動作要件を確認ください


■クラウドコンピュータのバックアップで必要なライセンスについて

では、クラウド上の仮想サーバをバックアップする場合、必要ライセンスはどのようにカウントするのでしょうか。仮想ソケット数や仮想コア数によって異なってくるのでしょうか。

答えは、クラウド上の仮想サーバをバックアップする場合、仮想サーバ1台につき1ソケット分のライセンスとなります。
仮想ソケット数や仮想コア数はライセンス数には関わりません。


例えば、Arcserve UDP v6 Advanced Edition - Socket を導入する場合は、
クラウド上の仮想サーバが3台の場合、必要なライセンスは、
Arcserve UDP v6 Advanced Edition - Socket が3ライセンス分となります。

Cloud




関連項目がUDPのFAQに掲載されていますので併せてご覧ください。


(P.5)
Q. UDP のコンポーネントは仮想サーバやクラウド上の仮想マシンに導入できますか?

A. はい、以下のすべての UDP コンポーネントを仮想マシン上でご利用いただけます。
(UDP コンソール、復旧ポイントサーバ、UDP Agent for Windows、UDP Agent for Linux)
サポートする仮想環境やクラウドサービスは動作要件を参照してください。

(P.2)
Q. クラウド上の仮想サーバをソケット課金型でライセンス購入する場合、1 仮想サーバにつき何ライセンスが必要でしょうか?

A. クラウド上の仮想サーバの場合、仮想ソケット数や仮想コア数に関わらず、常に 1 ソケット分のライセンスが必要です。

+++
以上、Koichiがお伝えしました。


|

« Arcserve UDP を活用してみよう! 第41回 ~ クライアントPCのバックアップがさらに行いやすくなりました! | トップページ | 本社と拠点で互いに同じデータを持たせる(クロスレプリケーション) »

Arcserve UDP (旧製品名 Arcserve D2D)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/553787/64369639

この記事へのトラックバック一覧です: UDP v6 でクラウド上の仮想サーバをバックアップする場合のライセンスについて:

« Arcserve UDP を活用してみよう! 第41回 ~ クライアントPCのバックアップがさらに行いやすくなりました! | トップページ | 本社と拠点で互いに同じデータを持たせる(クロスレプリケーション) »