« Arcserve UDP Workstation Editionを使ってPCのベアメタル復旧(BMR)ができます | トップページ | Arcserve UDP を活用してみよう! 第45回 ~2016年末 Arcserve UDPクイズ »

2016年12月16日 (金)

Arcserve UDP v6 サーバ構成とスペック見積もり方法

Arcserve UDP を検討のお客様より、
「どのくらいのスペックのサーバを用意したらよいのか」
との質問をよくいただきます。

バックアップ対象データを、万全な状態でバックアップするには、
バックアップ対象データ量に応じ、十分なメモリ容量、ストレージ容量を、
確保することが重要です。

そこで、Arcserveでは、Arcserve UDP について、
サーバ構成例別に、スペックの見積もり例を解説した資料をご用意しています。
Arcserve UDP の導入をご検討のお客様は、ぜひ、参考ください。

・Arcserve UDP v6 サーバ構成とスペック見積もり方法
<http://arcserve.com/jp/wp-content/uploads/2017/02/asudp-v6-serverspec-guide.pdf>



以上、鉄道大好き、エヌエスがお伝えしました。

|

« Arcserve UDP Workstation Editionを使ってPCのベアメタル復旧(BMR)ができます | トップページ | Arcserve UDP を活用してみよう! 第45回 ~2016年末 Arcserve UDPクイズ »

Arcserve UDP (旧製品名 Arcserve D2D)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/553787/64629282

この記事へのトラックバック一覧です: Arcserve UDP v6 サーバ構成とスペック見積もり方法:

« Arcserve UDP Workstation Editionを使ってPCのベアメタル復旧(BMR)ができます | トップページ | Arcserve UDP を活用してみよう! 第45回 ~2016年末 Arcserve UDPクイズ »