« サポート終了:Arcserve D2D r16.5/Arcserve Backup r16 アップグレードはお早めに! | トップページ | Arcserve UDP を活用してみよう! 第48回 ~インスタントVMでバックアップデータを手軽に確認!! »

2017年2月10日 (金)

『クラウド ストレージへのファイルコピー/アーカイブ設定ガイド』公開中です

Arcserve UDP v6では、オンプレミス上に保管したイメージ バックアップデータから自動的にファイルを抽出し、クラウドストレージにファイル単位でコピー/アーカイブすることができます。

このコピー/アーカイブの設定手順を詳しく説明した設定ガイドがこちらになります。


この設定ガイドも含めて各種資料はカタログセンターに掲載されています。


【コピーとアーカイブ、それぞれの動き】

■コピー(ファイルのコピー)
コピー処理では多重化したいファイルをクラウドストレージにコピーするので、
災害発生時にはダウンロードしてすぐにファイルを利用することができます。

1copy

 


■アーカイブ(ファイルの移動)
アーカイブ処理ではクラウドストレージにファイルを移動するので
オンプレミスサーバのストレージ空き容量を増やすことができます。
※なお、Arcserve UDPのアーカイブでは移動されたソースファイルを
アーカイブ先の情報が記載されたテキストファイル(スタブファイル)に置き換えます。

2archive_3


 

是非ご活用ください。

 

+++
以上、Koichiがお伝えしました。

|

« サポート終了:Arcserve D2D r16.5/Arcserve Backup r16 アップグレードはお早めに! | トップページ | Arcserve UDP を活用してみよう! 第48回 ~インスタントVMでバックアップデータを手軽に確認!! »

Arcserve UDP (旧製品名 Arcserve D2D)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/553787/64870312

この記事へのトラックバック一覧です: 『クラウド ストレージへのファイルコピー/アーカイブ設定ガイド』公開中です:

« サポート終了:Arcserve D2D r16.5/Arcserve Backup r16 アップグレードはお早めに! | トップページ | Arcserve UDP を活用してみよう! 第48回 ~インスタントVMでバックアップデータを手軽に確認!! »