« 知らなきゃソンする?! Arcserve 最新リリースの機能解説シリーズ その5 ~ Arcserve Backup r17.5 でクラウドに直接バックアップ! | トップページ | UDP v6.5 から共有フォルダ(CIFS)をバックアップすることが可能になりました(新機能)。 »

2017年4月21日 (金)

Arcserve UDP Workstation Edition導入事例~復旧作業が2日から2時間に短縮!~

クライアントPCが壊れた時、復旧までどのくらい日数がかかっていますか?

バックアップをとっているだけでは安心できません。
復旧までの時間がかかりすぎると、その分、業務が止まってしまいます。

今回ご紹介する事例はこの問題を解決した話です。

これまで最低でも2日はかかっていたPCの復旧が、
Arcserve UDP Workstationでのバックアップに切り替えてからは
なんとたった2時間で完了しました。


その秘訣は、まるごとバックアップとそのまま復元!

OSからソフトウェア、ファイルなど、利用環境をまるごとバックアップできるため、
ハードディスクの物理的故障などで交換が必要な際も、
新品のハードディスクに、利用していた環境をそのまま復元できるのです。


壊れたPCが1日まえの状態にそのまま復元されたので、
「まるでタイムマシンのようだ(1日前に戻れたようだ)」と思われたそうです。


詳細はこちらをご覧ください。

----------------------------------------------------------------
■株式会社ライフサポート 様 導入事例
"待ったなし"の業務を、PC故障による深刻な停滞から救ったArcserve UDP
最低でも2日間はかかった復旧作業が2時間に。第一印象は“まるでタイムマシン”
<http://arcserve.com/jp/wp-content/uploads/2017/04/case-udp-ws-lifesupport.pdf>
----------------------------------------------------------------

その他製品・企業様の導入事例は、カタログセンターを参照ください。

・Arcserveシリーズ カタログセンター
<http://arcserve.com/jp/jp-resources/catalog-center/>



以上、鉄道大好きエヌエスがお伝えしました。

|

« 知らなきゃソンする?! Arcserve 最新リリースの機能解説シリーズ その5 ~ Arcserve Backup r17.5 でクラウドに直接バックアップ! | トップページ | UDP v6.5 から共有フォルダ(CIFS)をバックアップすることが可能になりました(新機能)。 »

Arcserve UDP (旧製品名 Arcserve D2D)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/553787/65175207

この記事へのトラックバック一覧です: Arcserve UDP Workstation Edition導入事例~復旧作業が2日から2時間に短縮!~:

« 知らなきゃソンする?! Arcserve 最新リリースの機能解説シリーズ その5 ~ Arcserve Backup r17.5 でクラウドに直接バックアップ! | トップページ | UDP v6.5 から共有フォルダ(CIFS)をバックアップすることが可能になりました(新機能)。 »