« 知らなきゃソンする?! Arcserve 最新リリースの機能解説シリーズ その9 ~ 確実に戻せるバックアップ データを自分の目で確認 (アシュアード リカバリ) | トップページ | [Arcserve UDP v6.5] 2つの導入パターンとアクティベーションについて »

2017年6月 9日 (金)

Arcserve製品をアップグレードするための購入方法について

Arcserve製品のアップグレードに関する問い合わせが増えてきています。
そこで、今回は、アップグレードするための購入方法について解説したいと思います。


Arcserve製品を、旧バージョン製品から最新バージョンにアップグレードしたい場合は、
既存の契約条件により「有償アップグレード」と「無償アップグレード」に分かれます。

■有償アップグレード
既に、旧バージョンのArcserve製品をご利用のお客様は、
最新版へのアップグレードを安価なアップグレード価格でご購入いただけます。
なお、アップグレードに必要な情報は、以下を参考ください。

・有償アップグレードに必要な情報
<http://www.arcserve.com/~/media/Arcserve/files/Price/lp-upgrade.pdf>


■無償アップグレード
Arcserveを製品をご利用のお客様で"メンテナンス"継続中の場合は、
無償で最新版へのアップグレードが可能です。
無償アップグレードのお申し込みは、以下から行えます。

・Arcserve無償アップグレード申し込みフォーム
<http://arcserve.com/jp/jp-resources/free-upgrade/>

なお、旧バージョンのArcserve製品からのアップグレードのほか、
「Arcserve製品間での乗り換え」や「競合製品からの乗り換え」も可能です。


■Arcserve製品間での乗り換え
Arcserve製品間での乗り換え(Arcserve Backup から Arcserve UDP の乗り換え等)
の場合は、「クロスプラットフォームアップグレード(有償)」をご利用いただけます。

■競合製品からの乗り換え
競合製品からArcserve製品への乗り換えの際には、
お得な「コンペティティブアップグレード(有償)」をご利用いただけます。

有償でのアップグレードや乗り換えの価格については、
製品価格表を参照ください。

・購入方法と製品価格表
<http://arcserve.com/jp/jp-resources/licensing-options/>

以上、鉄道大好きエヌエスがお伝えしました。

|

« 知らなきゃソンする?! Arcserve 最新リリースの機能解説シリーズ その9 ~ 確実に戻せるバックアップ データを自分の目で確認 (アシュアード リカバリ) | トップページ | [Arcserve UDP v6.5] 2つの導入パターンとアクティベーションについて »

よく聞かれる質問」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/553787/65386177

この記事へのトラックバック一覧です: Arcserve製品をアップグレードするための購入方法について:

« 知らなきゃソンする?! Arcserve 最新リリースの機能解説シリーズ その9 ~ 確実に戻せるバックアップ データを自分の目で確認 (アシュアード リカバリ) | トップページ | [Arcserve UDP v6.5] 2つの導入パターンとアクティベーションについて »