« 後継型番の対照表を掲載しました (Arcserve Backup r17 ⇒ r17.5,とArcserve UDP v6 ⇒ v6.5) | トップページ | 知らなきゃソンする?! Arcserve 最新リリースの機能解説シリーズ その11 ~ 設定忘れも怖くない! 新規VMの自動検出と自動バックアップ »

2017年7月 4日 (火)

Arcserve UDP Linux エージェントで実行前/後スクリプトを使いたい

こんにちは、ホテです。

先日、お客様から、「Arcserve UDP の Linux エージェントでのバックアップ前にスクリプトを実行させたいのだけれど、やり方が分からない。」というご相談をいただきました。下の画像はバックアップ ウィザードの画面ですが、確かにドロップダウンリストに”なし”と表示されていて、スクリプトを指定する事ができません。 

PrePost_01

   

実は、Arcserve UDP Agent for Linux の場合、あらかじめスクリプトを所定の場所に保存しておく必要があるんです。以下マニュアルからの引用です。

以下の手順に従います。 

  1. バックアップ サーバの以下の場所にファイルを配置します。

    /opt/Arcserve/d2dserver/usr/prepost 

  2.       
  3. スクリプト ファイルに実行権限を付与します。
  4. Arcserve UDP エージェント(Linux) Web インターフェースにログインします。      
  5. バックアップ ウィザードまたはリストア ウィザードを開き、[拡張]タブに移動します。 
  6. [実行前/後スクリプトの設定]ドロップダウン リストでスクリプト ファイルを選択して、ジョブをサブミットします。
  7. [アクティビティ ログ]をクリックして、スクリプトが指定されたバックアップ ジョブに対して実行されることを確認します。

という事で、スクリプト ファイルを保存した後の設定画面がこちら。pre-db-backup-mode.sh というファイルがドロップダウン リストに追加されているのが分かります。

PrePost_02

 

ちなみに、この話は無償ハンズオンセミナーの Linux 編でもご紹介しています。これ以外の役に立つ豆知識も豊富にご紹介していますので、まだ参加されていない方はぜひお越しください!

|

« 後継型番の対照表を掲載しました (Arcserve Backup r17 ⇒ r17.5,とArcserve UDP v6 ⇒ v6.5) | トップページ | 知らなきゃソンする?! Arcserve 最新リリースの機能解説シリーズ その11 ~ 設定忘れも怖くない! 新規VMの自動検出と自動バックアップ »

Arcserve UDP (旧製品名 Arcserve D2D)」カテゴリの記事

技術情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/553787/65476281

この記事へのトラックバック一覧です: Arcserve UDP Linux エージェントで実行前/後スクリプトを使いたい:

« 後継型番の対照表を掲載しました (Arcserve Backup r17 ⇒ r17.5,とArcserve UDP v6 ⇒ v6.5) | トップページ | 知らなきゃソンする?! Arcserve 最新リリースの機能解説シリーズ その11 ~ 設定忘れも怖くない! 新規VMの自動検出と自動バックアップ »