カテゴリー「製品について」の82件の記事

2016年1月22日 (金)

12TBまでバックアップ対象サーバ台数や容量が無制限 ~新製品:Arcserve UDP 7300 Appliance~

先日、「Arcserve UDP 7300 Appliance」(以下、Arcserve UDP 7300)を発表し、
たくさんのお客様から、反響をいただいております。

Udp7300

「Arcserve UDP 7300」は、Arcserve UDP Advanced Editionが、
プリインストールされたバックアップ専用サーバですが、
注目すべきポイントは、12TBまでバックアップ対象サーバ台数や容量が
無制限であることです。

※バックアップ容量がバックアップ可能容量を超えた場合は、
Arcserve UDP 7300 を追加購入ください。

Udp7300_point

なお、「Arcserve UDP 7300」の詳細は、以下の資料をご覧ください。

・UDP Appliance ご紹介プレゼンテーション
<http://arcserve.com/jp/wp-content/uploads/2016/12/udp_appliance_overview_1.pdf>
※リンクをUpdate(2017/04/05)

・Arcserve 価格表一覧
<http://arcserve.com/jp/jp-resources/licensing-options/>

鉄道大好き、エヌエスがお伝えしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 3日 (金)

ファイルサーバ移行に使える Arcserve Replication のお得な買い方

こんにちは、ホテです。

ちょうど一年ほど前に Arcserve Replication を使ったファイルサーバの
データ移行関連で2つ記事を投稿させていただいておりましたが、
今年は Windows Server 2003 のサポート終了もあり、
同じ事をやりたい、というご相談を多数いただいております。

--------------------------------------------------
3.5TB、600万個のファイルをスムーズに移行!ソフトバンク・テクノロジー様導入事例

図を見て分かる:同期中にマスタ(複製元)のデータを更新したらどうなる?
--------------------------------------------------

一方、データ移行だけのために Arcserve Replication を買うのはもったいない、
という方もいらっしゃるのではないかと思います。

 

続きを読む "ファイルサーバ移行に使える Arcserve Replication のお得な買い方"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月12日 (金)

arcserve BackupからUDPへのクロスグレード例

arcserve の古いバージョンを使っている場合に、アップグレードだけではなく
UDPへの切り替えも選択肢として検討されることもあります。

 

Q.そこで質問、arcserve BackupからUDPへ切り替える場合の割引価格はありますか。

 

A.あります。クロスグレード価格が用意されてます。


※価格の詳細は、『アップグレード価格表』の「クロスグレード購入価格」をご覧ください。


続きを読む "arcserve BackupからUDPへのクロスグレード例"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 5日 (金)

イメージバックアップのテープ保管もarcserve UDPで!

鉄道大好き、エヌエスです。

arcserve D2Dの後継製品である、arcserve Unified Data Protection (UDP)で、
D2Dから追加された機能の1つに「テープへのアーカイブ(保管)」があります。

[参考]過去記事
ARCserve D2Dに無くてarcserve UDPにある機能。まずこの3つ!
http://arcserve.txt-nifty.com/blog/2014/06/arcserve-d2darc.html

これまで、「イメージバックアップデータをテープに保管したい」という要件に、
arcserve D2Dは、対応していませんでした。

それが、何と、arcserve D2D の後継となるarcserve UDPでは、
「テープへのアーカイブ」機能の実装により、ディスクへのイメージバックアップの実行と
テープへのアーカイブ(保管)が可能となりました。

続きを読む "イメージバックアップのテープ保管もarcserve UDPで!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月29日 (金)

arcserve UDPがD2Dから承継した基本機能

arcserve Unified Data Protection (UDP)は、
arcserve D2D の基本機能を承継しています。

具体的には次の4つの機能です。

・ブロックレベルのバックアップ
・継続的な増分バックアップ
・ベアメタル復旧
・エクスプローラを使った簡単ファイルリストア

以下概要をザーッと見てみましょう。

-------------------------------------------------
ブロックレベルのバックアップ
-------------------------------------------------
ファイルに更新があっても、ファイル全体ではなく、ディスク上の変更ブロックだけをバックアップします。
⇒つまり、バックアップ容量が小さい!

詳細:ブロック レベルの増分バックアップの仕組み

1_2

続きを読む "arcserve UDPがD2Dから承継した基本機能"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月27日 (金)

ARCserve D2Dに無くてarcserve UDPにある機能。まずこの3つ!

D2Dの後継がUDPというのわかるのですが、具体的にはどう違うのですか?
とのお問い合わせをよくいただきます。

arcserve UDPは、ARCserve D2Dをベースに、ARCserve D2Dの従来の機能に加え、
さまざまな機能が実装されていますが、なかでも、注目していただきたい機能は、
次の3つです。

続きを読む "ARCserve D2Dに無くてarcserve UDPにある機能。まずこの3つ!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月20日 (金)

バックアップデータを遠隔地に転送し、仮想環境で起動させる構成例。

◆新製品のarcserve Unified Data Protection (UDP)で、遠隔地転送&仮想スタンバイを行う場合、どういった構成になるのでしょうか?

 

ライセンスガイドに構成例が掲載されていますのでご紹介します。

 


[8] バックアップデータを転送し VMware 環境へ仮想スタンバイの例
Udp_license_8_2


続きを読む "バックアップデータを遠隔地に転送し、仮想環境で起動させる構成例。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月13日 (金)

新製品!「CA arcserve UDP v5」価格表・製品資料のご紹介

新製品「CA arcserve Unified Data Protection(UDP)v5」が、
先日、6/9(月)に出荷開始となりました。

製品構成や機能のお問い合わせをたくさんいただいており、
お客様からの関心の高さを実感しております。

そこで、今回は、UDPの価格表・各種製品資料などを
まとめてご紹介いたします。

続きを読む "新製品!「CA arcserve UDP v5」価格表・製品資料のご紹介"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年5月13日 (火)

CA arcserve Unified Data Protection をリリースしました!

マサオミです。大変ご無沙汰しております。   
ここ半年、ほぼこの製品のリリースに携わっていたこともあり、    
全く記事をかけていませんでしたが、本日ようやくプレスリリースも終わり、    
お披露目をすることができました。

これまで大変好評いただいておりましたCA ARCserve D2Dをベースにした   
後継製品、CA arcserve Unified Data Protection (以下、arcserve UDP) を リリースいたします!

まずは本日記事を書いていただいているニュースのリンクを掲載します。

-----------------------------------------------

ITpro http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20140513/556351/

ITmedia http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1405/13/news129.html

DreamNews http://www.dreamnews.jp/press/0000092837/

livedoor News http://news.livedoor.com/article/detail/8826204/

exciteニュース http://www.excite.co.jp/News/release/20140513/Dreamnews_0000092837.html?_p=4

ZDNet Japan http://japan.zdnet.com/release/30070706/

CNET Japan http://japan.cnet.com/release/30070706/

-----------------------------------------------

 

 

続きを読む "CA arcserve Unified Data Protection をリリースしました!"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年5月 9日 (金)

先手必勝!いちはやく最新の情報を獲得し、一歩進んだバックアップ運用・提案を!

6月12日(木)午後1時から東京日本橋で、CA arcserve「新製品」セミナー(定員300名、無料)を開催します。

今回のセミナーでは、arcserveの新製品を説明するとともに、これまでのバックアップ運用の導入事例等を紹介し、複雑すぎると感じている運用を、どのようにシンプルにしていったら良いか、そのヒントを様々な角度からお伝えします。

■開催概要
名称: CA arcserve UDP 新製品セミナー
日時: 2014年6月12日(木) 13:00~17:15
会場: マンダリン オリエンタル東京 (東京都中央区日本橋室町2-1-1)
参加費: 無料
主催: CA Technologies

■セミナーのプログラム、お申込み(セミナー登録)はこちらからどうぞ。

各セッションでお伝えする主な内容は下記になります。

・データ保護市場が今後どのように発展していくのかを解説
・arcserve UDP が提供する次世代のバックアップ/リカバリソリューションを紹介
・これまでに蓄積した事業継続対策のノウハウをわかりやすく説明
・企業向けクラウドサービスの導入事例を説明
・クラウドを利用するバックアップサービスについてご紹介
・仮想環境におけるベストプラクティスの説明
・どのようなIT投資を行うべきかを5つの切り口から説明

先手必勝!いちはやく最新の情報を獲得し、一歩進んだバックアップ運用・提案を行ってください。

■セッション・プログラム内容

UDP PRODUCT SEMINAR 2014

■arcserve新製品について
製品名:CA arcserve Unified Data Protection
読み:シーエー アークサーブ ユニファイド データ プロテクション
製品略称:arcserve UDP

+++

以上、Koichiがお伝えしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧