カテゴリー「メルマガコラム」の88件の記事

2017年11月17日 (金)

知らなきゃソンする?! Arcserve 最新リリースの機能解説シリーズ その18 ~ Arcserve UDP Archivingはどうして必要なの?

こんにちは。

前回から開始した新製品「Arcserve UDP Archiving v6.0」の紹介はいかがでしょうか

これまでのデータやシステムをバックアップ・リストアする製品とはちょっと違う製品ですので、なぜそのような製品が必要とされるかを今回はご紹介しています。

再掲コラムがお気に召したら、メルマガの定期購読をぜひお願いします。

メルマガの定期購読お申し込み:

https://pages.arcserve.com/mailmagazine_jp.html?_ga=1.166180542.1870449387.1420518782

ではここからコラム再掲です。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[1] コラム: 知らなきゃソンする?! Arcserve 最新リリースの機能解説シリーズ その18

┃ ◆◇ Arcserve UDP Archivingはどうして必要なの? ◇◆

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

皆さん、こんにちは!

前回から始まった「Arcserve UDP Archiving(以降、UDP-Aと略記) 連載の2回目では、

メールアーカイブがどうして企業に必要なのか?をご紹介します。

「前回のコラムを読み飛ばしてしまった」というかたは、ぜひこちらからお読みください!

◆◆ 『バックナンバー1:Arcserve UDP Archivingってなぁに?』は、こちらから ------

http://arcserve.txt-nifty.com/blog/2017/11/arcserve-17-arc.html

-----------------------------------------------------------------------------------

3つの必要性】

メールアーカイブが必要となる第1の理由は、法律や規制への対応です。

国内法ではe文書法や金融商品取引法、関税法などが、メールを始めとする各種情報を正しく保管することを要請しています。

また、業界によっては監督官庁から指示や要請があることもあります。

更に海外では、目立つもので来年2018525日施行のEU一般データ保護規則(GDPR)があり、国内企業であってもEUと取引があればこの規制の対象になりえます。

このような法律や規制による情報管理の要請に応える為にメールアーカイブが必要です。

2に、

続きを読む "知らなきゃソンする?! Arcserve 最新リリースの機能解説シリーズ その18 ~ Arcserve UDP Archivingはどうして必要なの?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 1日 (水)

知らなきゃソンする?! Arcserve 最新リリースの機能解説シリーズ その17 ~ Arcserve UDP Archivingってなぁに?

こんにちは。

今回からメルマガコラムの対象が変わり、1016日に発表した新製品「Arcserve UDP Archiving v6.0」の紹介になっています。

「あれ、Arcserveが新製品を出したんだ!?」と思われた方は、是非ご覧ください。

再掲コラムがお気に召したら、メルマガの定期購読をぜひお願いします。

メルマガの定期購読お申し込み:

https://pages.arcserve.com/mailmagazine_jp.html?_ga=1.166180542.1870449387.1420518782

ではここからコラム再掲です。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[1] コラム: 知らなきゃソンする?! Arcserve 最新リリースの機能解説シリーズ その17

┃ ◆◇ Arcserve UDP Archivingってなぁに? ◇◆

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

皆さん、こんにちは!

今回から4回に渡り、1016日に発表した新製品「Arcserve UDP Archiving」を紹介していきます。

是非お付き合いください。 

1回: Arcserve UDP Archiving ってなぁに?(今回)

2回: どうして必要なの?

第3回: Arcserve UDP Archivingはなにが出来るの?

第4回: どんなライセンスと価格なの?

◆◆ 『UDP Archiving v6.0プレスリリース』は、こちらから ---------------------

 https://arcserve.com/jp/blog/news/aj-achvgv60-release/  

-----------------------------------------------------------------------------------

Arcserve UDP Archiving (以降、「UDP-A」と略記)は、ざっくり言うと「メール アーカイビングと、法規制の順守や証拠保全のためのレコード管理を統合した、企業を守るためのソリューション」です。

近年、個人情報や取引情報を厳重に保管するように法律が求めることが増えています。

また、例えば税務処理などで違反の疑いを持たれた場合や訴訟の対策では、証拠としてのメールの重要性が高まっています。

そのため、全てのメールを取り込み、長期に渡って保管し、必要な時には簡単かつ高速に取り出せる能力が、規模や業種、役職に関わらず現代の全ての企業に求められています。

その能力をもたらすものがUDP-Aなのです。

「メールのバックアップを取っているから十分でしょ?!」

そう思う方が多いかも知れませんが、メールのアーカイブとバックアップは目的からして異なります。

続きを読む "知らなきゃソンする?! Arcserve 最新リリースの機能解説シリーズ その17 ~ Arcserve UDP Archivingってなぁに?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月18日 (水)

知らなきゃソンする?! Arcserve 最新リリースの機能解説シリーズ その16 ~ UDPでどんどん拡がるハイパーコンバージドインフラの保護、いよいよ Nutanix の Acropolis にも対応です!!

こんにちは。

Arcserve Japanはこの16日に新製品 Arcserve UDP Archiving v6.0 を発表しました。

これまでのバックアップ&リカバリを目的とした製品とは異なり、電子メールの長期保存によって企業のコンプライアンスや訴訟対策を強化するソリューションです。

今後は新製品 Arcserve UDP Archiving の情報にもご注目ください!

 

そんなおめでたい今回は、今注目のNutanixAcropolisサポートを強化したおめでたいお知らせです。

 

再掲コラムがお気に召したら、メルマガの定期購読をぜひお願いします。

メルマガの定期購読お申し込み:

https://pages.arcserve.com/mailmagazine_jp.html?_ga=1.166180542.1870449387.1420518782

 

ではここからコラム再掲です。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[1] コラム: 知らなきゃソンする?! Arcserve 最新リリースの機能解説シリーズ その16

┃ ◆◇ UDPでどんどん拡がるハイパーコンバージドインフラの保護 ◇◆

┃ ◆◇ いよいよ Nutanix Acropolis にも対応です!! ◇◆

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

去年からハイパーコンバージドインフラ (略してHCI) のキーワードをよく見かけるようになり、弊社Arcserve Japanでも、パートナー様やお客様からHCI関係のお問い合わせがこの1年で急上昇中です。

 

HCIはバックアップが要らないと思っている方も多いのですが、ハードウェア障害や天災をはじめ、ウイルス被害など身近な危険もいっぱいです。企業の生命線とも呼べる大事なデータには23重の保護が必須で、外部保管は安全な運用を考える上で必要な1歩となります。

 

Arcserve UDP では、vSphere ESX環境やHyper-V環境であれば、HCIでも一般の環境と見なして透過的にサポートしています。このため様々なHCIをバックアップできるので、安心してバックアップを任せていただくことができます。vSAN環境だってお任せください。

さらにNutanix環境でAcropolis上のLinux仮想マシンのサポートも先日網羅しました。

 

続きを読む "知らなきゃソンする?! Arcserve 最新リリースの機能解説シリーズ その16 ~ UDPでどんどん拡がるハイパーコンバージドインフラの保護、いよいよ Nutanix の Acropolis にも対応です!!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月29日 (金)

Arcserveサポートで、事前にユーザ登録して質問を書いておいた方が電話するより圧倒的に早く回答を得られる理由

Arcserveサポートからの回答を電話で連絡してほしい場合に、
「Webフォーム」と「電話」のどちらを使って質問した方が、回答をもらえるでしょうか?

電話対応が早そうですが、実際にはWebフォームから問い合わせるほうが対応が早くなります。

どういうことでしょうか?

続きを読む "Arcserveサポートで、事前にユーザ登録して質問を書いておいた方が電話するより圧倒的に早く回答を得られる理由"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月20日 (水)

知らなきゃソンする?! Arcserve 最新リリースの機能解説シリーズ その15 ~ 喉元過ぎても忘れずに!広がり続けるランサムウェアへの積極的な対抗策とは

こんにちは。

気がつくともう9月です!? しかも20日って。。

時の経過って本当に速いですね。

そんな秋の訪れを感じる今回は、けっして訪れて欲しくないランサムウェアの脅威に対するバックアップからの対抗策を紹介しています。

再掲コラムがお気に召したら、メルマガの定期購読をぜひお願いします。

メルマガの定期購読お申し込み:

https://pages.arcserve.com/mailmagazine_jp.html?_ga=1.166180542.1870449387.1420518782

ではここからコラム再掲です。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[1] コラム: 知らなきゃソンする?! Arcserve 最新リリースの機能解説シリーズ その15

┃ ◆◇ 喉元過ぎても忘れずに!広がり続けるランサムウェアへの積極的な対抗策とは ◇◆

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今年の関東地方は夏でも雨が多くジメジメした記憶しか無いのですが、気が付いたらもう9月になってしまい夏はどこに行った?と思っている方も多いのではないでしょうか。

台風も通り過ぎたのでこの後はスッキリとした秋晴れが続くことを願いたいですね。

さて、先日セキュリティセミナーと銘打ち、ランサムウェアの予防と対策に関するセミナーでお話をしてきたのですが、このセミナーの別セッションを担当したカスペルスキー社の内容がとても興味深いものでした。

ランサムウェアは簡単なソフト開発スキルがあれば、少ない工数で利益を生む裏のビジネスモデルとして確立されつつあり、開発が容易なことから亜種も多く、勢いは弱まるどころか今後も被害が増えそうといった内容でした。

一方、私がお話ししたのは、以下に挙げる点を考慮してArcserve UDPでバックアップしていれば万が一の感染時にも健全な状態に復旧し業務継続することができるということです。

とはいっても、この手の脅威には潜伏期間があり、発症した時には既に手遅れでデータが全滅というケースも珍しくありません。

感染したシステムの復旧確率を上げるには、発症しても健全なバックアップデータが失われないように、より多くの過去データをオフラインや遠隔地に維持する必要があります。

Arcserve UDP継続増分なら、フルバックアップは初回のみなので定期的なフルバックアップの運用に比べ、同じディスクのサイズにより多くの世代を保存できます。

さらに遠隔地への“レプリケート“や”テープへの2次コピーが標準機能なので追加ライセンスなしで利用できます。また、感染日の特定が困難だと、復旧すべき時点が特定できません。

続きを読む "知らなきゃソンする?! Arcserve 最新リリースの機能解説シリーズ その15 ~ 喉元過ぎても忘れずに!広がり続けるランサムウェアへの積極的な対抗策とは"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月24日 (木)

知らなきゃソンする?! Arcserve 最新リリースの機能解説シリーズ その14 ~ ローカルレプリケート(複製)を使って低コストで復旧ポイントを冗長化

こんにちは。

夏と言えば花火。

毎年楽しみにしていた多摩川の花火(東京都世田谷区と神奈川県川崎市の2大会同時開催)は、突然の超雷雨のために中止になりました。

翌日への繰り越しが無いため、残念ながら楽しみは1年後にお預けです。花火大会も万が一の天災に備えて2重化できれば良いのですが。。。

そんな無理やりに関連付けした今回は、Arcserve UDPの復旧ポイントをコストを抑えて2重化できるv6.5の新機能を紹介しています。

 

再掲コラムがお気に召したら、メルマガの定期購読をぜひお願いします。

メルマガの定期購読お申し込み:

http://pages.arcserve.com/mailmagazine_jp.html?_ga=1.166180542.1870449387.1420518782

 

ではここからコラム再掲です。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[1] コラム: 知らなきゃソンする?! Arcserve 最新リリースの機能解説シリーズ その14

┃ ◆◇ ローカルレプリケート(複製)を使って低コストで復旧ポイントを冗長化 ◇◆

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回はUDP v6.5 を使って、インフラ投資コストを抑えられる【復旧ポイントをローカルレプリケーションしましょう】というお話です。

 

復旧ポイントサーバ内にある「復旧ポイント」を保護するにはv6以前の場合、復旧ポイントサーバを2台用意するか、もしくは外部のストレージに復旧ポイントをコピーする方法で結果として、追加のサーバや外部のストレージ領域を用意する事が必要でした。

UDP v6.5の新しい機能では復旧ポイントを2重化する為にサーバを追加する事無く1台のサーバで復旧ポイントをローカルディスク内でレプリケートすることができるのです。

 

手順はとっても簡単!

UDPコンソール画面から「タスク作成」にて、2つのタスクを作成するだけです。

 

 1.バックアップ対象のタスクを作成

 2.復旧ポイントのコピー設定内のディスティネーションから「ローカルディスク」を選択

続きを読む "知らなきゃソンする?! Arcserve 最新リリースの機能解説シリーズ その14 ~ ローカルレプリケート(複製)を使って低コストで復旧ポイントを冗長化"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 3日 (木)

知らなきゃソンする?! Arcserve 最新リリースの機能解説シリーズ その13 ~ スケジュールによるバックアップの実行を一時的に止めるには?

こんにちは。

2017年もアッという間に早くも8月。 夏休み、山の日、お盆休みと、楽しみな行事が待っていますね!

IT管理者の皆さんの中には、この休みに合わせサーバメンテナンスを行う方もいるかと思います。

その際にバックアッププランを変更することなく、メンテナンス中のサーバだけを

バックアップ対象から一時的に除外できる便利な方法をご紹介しています。

再掲コラムがお気に召したら、メルマガの定期購読をぜひお願いします。

 

メルマガの定期購読お申し込み: 

http://pages.arcserve.com/mailmagazine_jp.html?_ga=1.166180542.1870449387.1420518782

ではここからコラム再掲です。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[1] コラム: 知らなきゃソンする?! Arcserve 最新リリースの機能解説シリーズ その13

┃ ◆◇ スケジュールによるバックアップの実行を一時的に止めるには? ◇◆

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

早いもので今年ももう8月に入り、Arcserve UDP v6.5 もリリースしてから早5カ月が経ちました。

今回はそんなUDP v6.5 のちょっと使える機能の話です。

 

UDPはプランを使い、複数のノード("サーバ""クライアント")をまとめて1度にバックアップできます。

しかし、メンテンス中などの理由でノード1台だけ一時的にバックアップをスキップしたい場合、皆さんはどのように対処されていますか?

プランからノードを一時的に削除すればよいですが、ノードをプランから削除/追加する作業を行う必要があり面倒ですよね。

UDP v6.5 では、指定したノードに対してバックアップなどのタスクを一時的に実行しない設定ができるようになりました。

続きを読む "知らなきゃソンする?! Arcserve 最新リリースの機能解説シリーズ その13 ~ スケジュールによるバックアップの実行を一時的に止めるには?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月19日 (水)

知らなきゃソンする?! Arcserve 最新リリースの機能解説シリーズ その12 ~ UDPでCIFS共有のバックアップが可能に!

こんにちは。

世間的にはもうすぐ夏休みですね!

弊社オフィスのある神田神保町界隈は、学生の皆さんが試験期間(またはその準備)に入ったからなのか、お昼休みの町の風景が少しガランとしたように感じます。

そんな浮かれ気分(?!)の今回は、これまでお客様からのご要望が多かった便利な新機能をご紹介しています。

再掲コラムがお気に召したら、メルマガの定期購読をぜひお願いします。

 

メルマガの定期購読お申し込み:

http://pages.arcserve.com/mailmagazine_jp.html?_ga=1.166180542.1870449387.1420518782

ではここからコラム再掲です。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[1] コラム: 知らなきゃソンする?! Arcserve 最新リリースの機能解説シリーズ その12

┃ ◆◇ UDPCIFS共有のバックアップが可能に! ◇◆

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今年も本格的に暑くなってきましたね。

夏休みの予定は決まりましたか?

アウトドア派の私としては、今年はスポーツの夏にしたいですね!

 

今日は、UDPの新機能、CIFS共有のバックアップのお話です。

Arcserve UDP v6.5では、CIFS共有フォルダのUNCパス(\\ホスト名\共有名)を指定してリモートバックアップできるようになりました。

これにより、エージェントをインストールできないNASやストレージをバックアップできます。

UDPですので「継続増分」も可能です。

実は仕組み的には通常のUDPでのバックアップと異なり、ブロックレベルではなくファイルレベルで増分取得を行っているのですが、初回だけフル、以後は増分だけで運用することができます。

このCIFS共有、ちょっと便利な利用方法として、ある特定のフォルダだけをバックアップしたい場合に利用できます。通常UDPではサーバ全体やボリューム単位でソースを指定しますが、フォルダをCIFS共有しておけば、そのフォルダだけをバックアップすることが可能です!

 

いままでは特定フォルダのバックアップが要件の場合は、「Arcserve Backupをご利用ください」だったのですが、CIFS共有可能ならば、UDPで対応できますね!

 

続きを読む "知らなきゃソンする?! Arcserve 最新リリースの機能解説シリーズ その12 ~ UDPでCIFS共有のバックアップが可能に!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 5日 (水)

知らなきゃソンする?! Arcserve 最新リリースの機能解説シリーズ その11 ~ 設定忘れも怖くない! 新規VMの自動検出と自動バックアップ

こんにちは。

梅雨明け宣言がまだ出ていないのに、7月になって東京は急激に暑くなってきました。

暑くなると頭がボーっとしてついつい忘れものをしがちですが、今回はそんな忘れものを防げる便利な機能をご紹介しています。

再掲コラムがお気に召したら、メルマガの定期購読をぜひお願いします。

 

メルマガの定期購読お申し込み:

http://pages.arcserve.com/mailmagazine_jp.html?_ga=1.166180542.1870449387.1420518782

 

ではここからコラム再掲です。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[1] コラム: 知らなきゃソンする?! Arcserve 最新リリースの機能解説シリーズ その11

┃ ◆◇ 設定忘れも怖くない! 新規VMの自動検出と自動バックアップ ◇◆

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

7月になり七夕の飾りを見かけるようになりました。皆さんは願いごと、書きましたか?

関東の梅雨はもうしばらく続くようですが、七夕は晴れて星が見れるといいですね。

 

さて、今回のコラムでは VMware vSphere のエージェントレスバックアップをさらに便利にする新機能をご紹介します。

新規に仮想マシンを追加したもののついうっかりバックアップ設定を忘れてしまった事はありませんか?

仮想マシンに新規にシステムを構築する場合のバックアップの設定は、導入/設定がすべて終わってから行うのが一般的だと思います。そのため、いざ構築中に手戻りが必要になり前日の仮想マシンの状態に戻したい場合、さまざまな設定を元に戻したり、最悪は再度新規に作り直さないとならないといったことが発生してしまいます。

UDP v6.5で加わった新機能である「新しく追加された VM の自動保護」を利用して設定をあらかじめ行っておくことで、仮想マシンの新規作成ごとにバックアップを設定しなくても、仮想マシン作成時点でバックアッププランに組み込んで自動的に保護できるため、システム構築や物理から仮想環境へ移行も安心です。

続きを読む "知らなきゃソンする?! Arcserve 最新リリースの機能解説シリーズ その11 ~ 設定忘れも怖くない! 新規VMの自動検出と自動バックアップ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月22日 (木)

知らなきゃソンする?! Arcserve 最新リリースの機能解説シリーズ その10 ~ どの時点まで戻せるの?予定している時間内に復旧できる? (SLAレポート)

こんにちは。

前回 (68) の転載の際に梅雨入りに触れましたが、果たして今は本来の梅雨なのでしょうか?

雨が苦手な私としては雨が降らないことはうれしくある反面、これだけ振らないと夏の水不足が心配になってきます。

と思っていたら昨日の大雨、梅雨はこれからなのですね。複雑です。。。

 

そんな複雑気分の今回は、複雑なバックアップ運用状況をひと目で把握できるレポート機能の最新情報をご紹介しています。

再掲コラムがお気に召したら、メルマガの定期購読をぜひお願いします。

 

メルマガの定期購読お申し込み:

http://pages.arcserve.com/mailmagazine_jp.html?_ga=1.166180542.1870449387.1420518782

 

ではここからコラム再掲です。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[1] コラム: 知らなきゃソンする?! Arcserve 最新リリースの機能解説シリーズ その10

┃ ◆◇ どの時点まで戻せるの?予定している時間内に復旧できる? (SLAレポート) ◇◆

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

UDP v6.5では、グラフィカルで分かりやすいSLA レポートが2つ追加されています。

 

・目標復旧ポイントレポート

・目標復旧時間レポート

このレポートの特徴を早速ご紹介します。

 

<目標復旧ポイント レポート>

復旧ポイントが月ごとにいくつあるのか、最新と一番古い復旧ポイントはいつの時点かを簡単に確認することができます。

もし、バックアップ対象ノードとして登録したのにもかかわらず、バックアップしていないサーバがあったら、「早速バックアップのプランに登録しなくては!」という判断にも使えますね。

<目標復旧時間 レポート>

いざデータを復旧することになった時、ちゃんと戻せるのかどれくらの時間で戻せるのかが、IT管理者にとって心配の種でもあります。

UDPできちんとバックアップしていれば、確実にリカバリしていただけます。しかし、どんな場合にも、実際にリカバリの確認してみることは重要です。

SLAレポートでは、実際に動作確認を行った結果、目標の時間内にリカバリできるのかをグラフィカルに表示してくれるので、バックアップしているサーバを、約束した時間内に復旧できることの証明になります。

 

また、例えば、ベアメタル復旧が3時間以内に終了して欲しいのに、データ量が多すぎて6時間かかってしまう、などの場合には仮想スタンバイや、インスタントVMの検討を上長に提案する際にも使っていただけます。

 

手順としては、まずSLAプロファイルを作成し、それぞれの目標復旧時間を定義します。

アシュアード リカバリ、仮想スタンバイ、インスタント、ファイル レベル リストア、ベアメタル復旧、それぞれの目標復旧時間を定義するだけです。

その後、それぞれリカバリテストを実施します。

 

今までアシュアード リカバリ仮想スタンバイを何度も動かしているんだけど・・・という場合も大丈夫。後からSLAプロファイルを作成しても、過去の情報もきちんと反映してくれますよ!

 

続きを読む "知らなきゃソンする?! Arcserve 最新リリースの機能解説シリーズ その10 ~ どの時点まで戻せるの?予定している時間内に復旧できる? (SLAレポート)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧