カテゴリー「メルマガコラム」の96件の記事

2018年5月 9日 (水)

耳より情報:バージョン別機能一覧をご存知ですか?

こんにちは。

GWロス気分になりそうな今日この頃ですが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?

前回から始まった「耳より情報」、第2回の今回は「バージョン別機能一覧」を紹介しています。

「バージョン別機能一覧」でなにが出来るのでしょうか?

再掲コラムがお気に召したら、メルマガの定期購読をぜひお願いします。

メルマガの定期購読お申し込み:

https://pages.arcserve.com/mailmagazine_jp.html?_ga=1.166180542.1870449387.1420518782

ではここからコラム再掲です。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[1] 耳より情報:バージョン別機能一覧をご存知ですか?

┃ ◆◇ バージョン別機能一覧:

┃  https://arcserve.com/jp/wp-content/uploads/2017/12/udp-version-matrix.pdf ◇◆

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回はArcserveの新規購入やバージョンアップを検討される際に役立つ「耳より情報」をお届けします。

Arcserveの「カタログセンター」には、製品カタログ、紹介プレゼンやFAQ、またはライセンスガイドやインストールガイドなどの技術資料など提案や導入、運用に役立つ情報が各種掲載されていることをご存知ですか?

「えっ、知らなかった」と言う方はお時間のある時にカタログセンターを訪れてみてください。

◆◆ 『Arcserve カタログセンター』は、こちらから -----------------------------------

 https://arcserve.com/jp/jp-resources/catalog-center/

-----------------------------------------------------------------------------------------

訪れたことがある方は既にお気づきかも知れませんが、掲載情報の中に「バージョン別機能一覧」があります。

これはその名の通り、Arcserve製品の各バージョンが搭載する機能を列記し、比較可能とした資料です。

この資料を参照いただくと、以下が「できる」ようになります:

  Arcserveの進化の歴史を速習できる

 ・ 「こんな頃からこんな機能を搭載していたんだぁ!」と、Arcserveの先進性に納得いただける

 ・ バージョンアップ後に利用可能になる機能を前もって把握できる

 ・ 「こんなことができるので現在の運用を改善できます!」と、バージョンアップのメリットを提案できる

バージョン別機能一覧はArcserve UDP版とArcserve Backup版があります。

バージョンアップをご検討中(またはご提案中)の皆様、是非この機会に最新の便利機能を確認し、バージョンアップ後の運用改善も視野に入れて検討してみてはいかがでしょうか?

続きを読む "耳より情報:バージョン別機能一覧をご存知ですか?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月18日 (水)

耳より情報:手軽に効率よくArcserve 製品のことを勉強するには??

こんにちは。

4月も半分を過ぎ、新しい年度や組織にもそろそろ慣れ始めた頃でしょうか?

さて、これまでArcserveメールマガジンに掲載した「コラム」を本ブログに転載してきたのですが、

今回のメルマガから「コラム」よりも幅広いテーマを取り扱える「耳より情報」として情報発信しております。

それに伴い、今後のブログへの転載も「耳より情報」となります。

今度ともよろしくお願いいたします。

再掲コラムがお気に召したら、メルマガの定期購読をぜひお願いします。

 

メルマガの定期購読お申し込み:

https://pages.arcserve.com/mailmagazine_jp.html?_ga=1.166180542.1870449387.1420518782

 

ではここからコラム再掲です。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[1] 耳より情報:手軽に効率よくArcserve 製品のことを勉強するには??

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

皆さん、こんにちは。

これまで「コラム」としてお届けしてきた製品に関わる情報を、新年度の始まりに合わせて改題し今回から「耳より情報」としてこれまで以上に提案・導入・運用に役立つ情報をお届けしてまいります。ご期待ください。

さて「耳より情報」の第一回目は、いつでもどこでも手軽に視聴できるWebセミナーをご紹介します。

皆様にArcserve 製品の良さをお伝えする機会として無償の実機トレーニングを実施しておりますが、ほとんどは弊社神保町オフィスでの開催のため、大変恐縮ですが神保町オフィスまでお越し頂く必要があります。忙しくて受講する時間が取れない方や、なかなか神保町オフィスまでお越し頂けない方に耳よりな情報ですが、以下の Web セミナーをご存知でしょうか?

Webセミナーでも講師が詳しく解説しているため、今までArcserve 製品をご存知無かった方はもちろん、ご存知の方も改めてArcserve製品をご理解頂く際にお役立ていただけます。

インターネットが利用できる環境であれば、オフィスや外出先、自宅など、どこからでも参照いただけます。セルフラーニング形式なので、お時間ある時に短時間だけ視聴したり、聞き逃した部分を再度聞きなおすなど、ご自身のペースで受講いただけます。

◆◆ Arcserve Webセミナーの情報は、こちらから -------------------------------------------

続きを読む "耳より情報:手軽に効率よくArcserve 製品のことを勉強するには??"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 5日 (木)

知らなきゃソンする?! Arcserve 最新リリースの機能解説シリーズ その24 ~ Arcserve UDP v6.5 で SharePoint Online のバックアップが可能になりました!

こんにちは。

4月を迎え、多くの企業や学校では新年度が始まりました。

新入社員や組織変更、異動によるメンバーの入れ替えなど様々な変化の季節ですね。

Arcserveも新年度を迎え、合わせてUDPに新たな機能を追加しました。

今回のコラムではさっそくその新しい変化をご紹介しています。

今年度もArcserveと本ブログ・メルマガともどもよろしくお願いいたします。

 

再掲コラムがお気に召したら、メルマガの定期購読をぜひお願いします。

メルマガの定期購読お申し込み:

https://pages.arcserve.com/mailmagazine_jp.html?_ga=1.166180542.1870449387.1420518782

 

ではここからコラム再掲です。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[1] コラム: 知らなきゃソンする?! Arcserve 最新リリースの機能解説シリーズ その24

┃ ◆◇ Arcserve UDP v6.5 SharePoint Online のバックアップが可能になりました! ◇◆

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

4月になり新年度が始まりましたが、Arcserve UDP にも新しい機能が追加されました。

Arcserve UDP は以下のクラウドの活用を支援する様々なソリューションを提供していますが、

このたび追加された SharePoint Online のデータ保護についてご紹介します。

 

<クラウドの活用を支援する Arcserve UDP のソリューション>

1. 災害対策としてバックアップデータをクラウドに保管

2. クラウドを活用した迅速な事業継続

3. IaaS/PaaS/SaaS データの保護

 

最近働き方改革のインフラなどで注目を浴びている Office 365 への対応を強化し、SharePoint Onlineバックアップを追加しました。()

これまでの Exchange Online メール ボックス、パブリック フォルダの保護に加え、SharePoint Online のドキュメントも保護できます。

 

クラウドのデータであっても、ユーザによる削除や間違った入力を元に戻すには、バックアップデータが必要です。さらに SharePoint Online の容量制限(初期容量 1TB + 0.5GB × ユーザ数)のために削除した古いデータを長期保管しておく目的にも使えます。

 

今後 Office 365 の導入を考えている方も、既にご利用中の方も是非 Arcserve UDP による Office 365 のデータ保護をご検討ください。

 

続きを読む "知らなきゃソンする?! Arcserve 最新リリースの機能解説シリーズ その24 ~ Arcserve UDP v6.5 で SharePoint Online のバックアップが可能になりました!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月22日 (木)

知らなきゃソンする?! Arcserve 最新リリースの機能解説シリーズ その23 ~ 復旧ポイント (フル バックアップ データ)のコピーで簡易復旧対策

こんにちは。

昨日は春分の日に驚きの降雪で、休日の予定が散々だった方も多いのではないでしょうか?

まだまだ冬だったのか、と桜が勘違いしなければ良いのですが。

さて今回のコラムではArcserve UDPの「復旧ポイントのコピー」機能を解説しています。

再掲コラムがお気に召したら、メルマガの定期購読をぜひお願いします。

メルマガの定期購読お申し込み:

https://pages.arcserve.com/mailmagazine_jp.html?_ga=1.166180542.1870449387.1420518782

ではここからコラム再掲です。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[1] コラム: 知らなきゃソンする?! Arcserve 最新リリースの機能解説シリーズ その23

┃◆◇ 復旧ポイント (フル バックアップ データ)のコピーで簡易復旧対策 ◇◆

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!厚いコートを脱いで気軽に散歩できる季節になりましたね。

このメルマガをお届けする頃にはちょうど「さくら」の開花情報も届いてお花見の最盛期を迎えるころでしょう。お花見シーズンで、なんとなく心も華やいでまいります。

さて、今回は、フル バックアップのデータを「別の媒体に保存する方法」ないか、これまで多数の方にご質問をいただきましたので「復旧ポイントのコピー」機能について簡単にご紹介します。

復旧ポイントのコピーは、手動で行うことはもちろん可能ですが、バックアップ後に繰り返しを指定しスケジュールに組む込むことができます。スケジュールを設定すると定期的に別の媒体へ復旧可能なフルバックアップデータを保管できるだけでなく、コピー先で保持する世代数を設定できますので、コピーされた復旧ポイントもメンテナンスが自動的に行われ、容量管理に管理者の手間がかかりません。

この機能はエージェント単体でもRPSに集中バックアップをされているケースのどちらにも対応しているのでコピー先を準備するだけで必要なときにいつでも利用できます。

設定方法も簡単です。

設定方法などの詳細は、以下のそれぞれのガイドにある「エージェントを利用した復旧ポイントのコピー」および「コンソールを利用した復旧ポイントのコピープランを作成する方法」を参照ください。

続きを読む "知らなきゃソンする?! Arcserve 最新リリースの機能解説シリーズ その23 ~ 復旧ポイント (フル バックアップ データ)のコピーで簡易復旧対策"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月23日 (金)

知らなきゃソンする?! Arcserve 最新リリースの機能解説シリーズ その22 ~ 進化が止まらない!Arcserve Backup r17.5 SP1 リリース

こんにちは。

今日は2月の最終金曜日、そうです! 忘れかけてた(?) プレミアム フライデー です。

東京もまだまだ寒いですが、今のうちに暖かな鍋でも食べて冬を満喫しておきたいものです。

さて今回は前回(Arcserve Replication/High Availability r16.5 SP7 リリース)に引き続き、Arcserve Backup r17.5 SP1リリースのお知らせです。

再掲コラムがお気に召したら、メルマガの定期購読をぜひお願いします。 

メルマガの定期購読お申し込み:

https://pages.arcserve.com/mailmagazine_jp.html?_ga=1.166180542.1870449387.1420518782

ではここからコラム再掲です。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[1] コラム: 知らなきゃソンする?! Arcserve 最新リリースの機能解説シリーズ その22

┃ ◆◇ 進化が止まらない!Arcserve Backup r17.5 SP1 リリース開始 ◇◆

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

こんにちは!

今回は、新たにリリースされたArcserve Backup r17.5 SP1の新機能をご紹介します。

大きなアップデートは3つあります。

 

■バックアップ時間超過時の自動キャンセル機能の追加

「バックアップの開始○分後にキャンセル」といった設定が可能です。

業務の開始時間にあわせて設定しておけば、バックアップ時間が予定を超過した場合にも、手間をかけることなく自動的にそのジョブをキャンセルすることでネットワーク負荷を防ぎ、本番システムの通常のパフォーマンスを担保することができます。

 

 

■最新テープデバイスLTO8、「LTO8 Type M」に対応

従来のLTO7デバイスと比べて容量は2倍、速度で20%の向上が図れます。また、LTO8デバイスの新機能である、「LTO8 Type M」にも対応しました。LTO8デバイスにより「LTO8 Type Mとして変換されたLTO7メディアは、容量が6TBから9TB(非圧縮時)へと1.5倍に拡張されるため、メディアの使用本数を減らしてコストを削減できます。

 

vSphere v6.5 Update1に対応

Agent for VMに含まれるデフォルトのVDDKvSphere v6.5 Update1に変更になりました。

Windows Server 2016環境のバックアッププロキシ利用や、vSAN 6.6.1に対応しています。

 

続きを読む "知らなきゃソンする?! Arcserve 最新リリースの機能解説シリーズ その22 ~ 進化が止まらない!Arcserve Backup r17.5 SP1 リリース"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

知らなきゃソンする?! Arcserve 最新リリースの機能解説シリーズ その21 ~ Arcserve Replication/High Availability r16.5 SP7 リリース!

こんにちは。

手違い(勘違い)で掲載が遅くなりましたが、2018年1月24日配信のメルマガコラムを転載します。

再掲コラムがお気に召したら、メルマガの定期購読をぜひお願いします。 

メルマガの定期購読お申し込み:

https://pages.arcserve.com/mailmagazine_jp.html?_ga=1.166180542.1870449387.1420518782

ではここからコラム再掲です。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[1] コラム: 知らなきゃソンする?! Arcserve 最新リリースの機能解説シリーズ その21

┃ ◆◇ Arcserve Replication/High Availability r16.5 SP7 リリース! ◇◆

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

大変お待たせしました。Arcserve Replication/High Availability r16.5 SP7 がリリースされました。

 

Windows Server 2016上のSQL Serverデータをレプリケーションしたいんだけど・・・」

Hyper-V シナリオをWindows Server 2016環境で利用したいのに対応していないの?」

 

これまで、このようなお声をたくさん頂戴していましたが、良い回答ができず私たちも心苦しい思いをしておりました。

 

今回やっと「ご利用いただけます」と案内することができるようになりました。

 

※ 詳細は動作要件をご確認ください。

 

ちなみに、今回のSP7より「Arcserve D2Dシナリオ」が無くなりました。

これは、Arcserve D2DのデータをArcserve Replicationを利用して遠隔地へ転送するシナリオです。

Arcserve UDPでも、このシナリオをご利用されている方もいるかもしれません。

そんな方は、通常の「ファイルサーバ シナリオ」をご利用ください。

 

Arcserve UDPのバックアップ先フォルダをレプリケーション対象にするだけで今までと同じ運用が可能です。

 

Arcserve D2Dの頃は、再同期の際に転送容量が増えるためこのシナリオを用意していましたが、Arcserve UDPではマージの仕組みが変更されたことにより、この負荷が軽減されていますので、ファイルサーバシナリオでの運用もD2Dシナリオの運用と大差なくご利用いただけます。

 

 

続きを読む "知らなきゃソンする?! Arcserve 最新リリースの機能解説シリーズ その21 ~ Arcserve Replication/High Availability r16.5 SP7 リリース!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月21日 (木)

知らなきゃソンする?! Arcserve 最新リリースの機能解説シリーズ その20 ~ Arcserve UDP Archivingはどんなライセンスと価格なの?

こんにちは。

今週末はクリスマス!

プレゼントを貰う立場を卒業した人にとっては、懐に優しくない時季でもありますね。

そんな今回は、懐にも優しい「Arcserve UDP Archiving v6.0のライセンスと価格」をご紹介しています。

再掲コラムがお気に召したら、メルマガの定期購読をぜひお願いします。 

メルマガの定期購読お申し込み:

https://pages.arcserve.com/mailmagazine_jp.html?_ga=1.166180542.1870449387.1420518782

ではここからコラム再掲です。

 

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[1] コラム: 知らなきゃソンする?! Arcserve 最新リリースの機能解説シリーズ その20

┃ ◆◇ Arcserve UDP Archivingはどんなライセンスと価格なの? ◇◆

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

皆さん、こんにちは!

新製品「Arcserve UDP Archiving(以降「UDP-A」と略記) ご紹介シリーズ最終回の今回は、ライセンスと価格についてご紹介します。

 

これまでのコラムを読み飛ばしてしまった方はこちらをご覧ください。

◆◆ バックナンバーはこちらから ----------------------------------------------

1: http://arcserve.txt-nifty.com/blog/2017/11/arcserve-17-arc.html

2: http://arcserve.txt-nifty.com/blog/2017/11/arcserve-18-arc.html

3: http://arcserve.txt-nifty.com/blog/2017/12/arcserve-19-arc.html

-----------------------------------------------------------------------------------

【シンプルなライセンスルール】

アーカイブ対象メールボックスの内 、送信を行うメールボックスの数が必要なライセンスの数になり、これ以外のオプション購入は一切無いので非常にシンプルです。

従って、受信専用のメールボックスに届くメールはいくらアーカイブしてもライセンスが不要です。

また、退職者のメールボックスに保存してある過去のメールをUDP-Aに取り込んで、まとめて管理する場合も、そのメールボックスにはライセンスが不要です。

2つの購入形態】

ライセンスの購入には、永久ライセンスと1~5年のメンテナンス(期間中のテクニカルサポートとアップグレード権付き)をまとめて購入できる「ライセンスプログラム」(LP)と、利用期間分のライセンスとメンテナンスを購入する「サブスクリプション」の2形態があり、LPの場合、メンテナンスを継続するにはメンテナンスの更新が必要です。サブスクリプションの場合は、利用期間分のライセンスとメンテナンスを再度購入することになります。

続きを読む "知らなきゃソンする?! Arcserve 最新リリースの機能解説シリーズ その20 ~ Arcserve UDP Archivingはどんなライセンスと価格なの?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 6日 (水)

知らなきゃソンする?! Arcserve 最新リリースの機能解説シリーズ その19 ~ Arcserve UDP Archivingはなにが出来るの?

こんにちは。

2017年も気が付くと12月、東京もすっかり冬になりました。

私的にはまだ秋である11月の間は冬装備しないでがんばっていたので、ようやく暖かい冬服を着ることができました。

ということで今回は「Arcserve UDP Archiving v6.0のできること」を紹介しています。

再掲コラムがお気に召したら、メルマガの定期購読をぜひお願いします。

 

メルマガの定期購読お申し込み:

https://pages.arcserve.com/mailmagazine_jp.html?_ga=1.166180542.1870449387.1420518782

ではここからコラム再掲です。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[1] コラム: 知らなきゃソンする?! Arcserve 最新リリースの機能解説シリーズ その19

┃ ◆◇ Arcserve UDP Archivingはなにが出来るの? ◇◆

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

皆さん、こんにちは!

新製品「Arcserve UDP Archiving(以降、「UDP-A」と略記)の紹介を始めて速いものでもう3回目の今回は、Arcserve UDP Archivingでできることをご紹介します。

これまでのコラムを読み飛ばしてしまった方はこちらをご覧ください。

◆◆ バックナンバーはこちらから --------------------------------------------------

1回目: http://arcserve.txt-nifty.com/blog/2017/11/arcserve-17-arc.html

2回目: http://arcserve.txt-nifty.com/blog/2017/11/arcserve-18-arc.html

-----------------------------------------------------------------------------------

1回目に書いた通り、UDP-Aをざっくり言うと「メール アーカイビングと、法規制の順守や証拠保全のためのレコード管理を統合した、企業を守るためのソリューション」です。

もう少し具体的には、Exchangeなどオンプレミスやクラウド上のメールシステムを対象に、ブラウザ操作で以下ができます。

1. 送受信されたすべてのメールを収集し、過去のメールと併せて管理

2. アーカイブしたメールを暗号化し、長期に渡り安全に保管

3. メールアドレス、日付、テキストや添付ファイルなど様々な条件でメールを検索

4. 役割に応じた権限をユーザに与えてアーカイブされたメールを保護

5. 保持廃棄、例外ポリシーに従い、ルールベースでメールを保管

6. 単一システムで複数顧客にサービスを提供(サービスプロバイダ様向け)

更に、UDP-Aには4つの役割があり、役割ごとに「できること」が異なります。

① スーパー管理者

② 管理者

③ 監査人

④ 従業員

続きを読む "知らなきゃソンする?! Arcserve 最新リリースの機能解説シリーズ その19 ~ Arcserve UDP Archivingはなにが出来るの?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月17日 (金)

知らなきゃソンする?! Arcserve 最新リリースの機能解説シリーズ その18 ~ Arcserve UDP Archivingはどうして必要なの?

こんにちは。

前回から開始した新製品「Arcserve UDP Archiving v6.0」の紹介はいかがでしょうか

これまでのデータやシステムをバックアップ・リストアする製品とはちょっと違う製品ですので、なぜそのような製品が必要とされるかを今回はご紹介しています。

再掲コラムがお気に召したら、メルマガの定期購読をぜひお願いします。

メルマガの定期購読お申し込み:

https://pages.arcserve.com/mailmagazine_jp.html?_ga=1.166180542.1870449387.1420518782

ではここからコラム再掲です。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[1] コラム: 知らなきゃソンする?! Arcserve 最新リリースの機能解説シリーズ その18

┃ ◆◇ Arcserve UDP Archivingはどうして必要なの? ◇◆

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

皆さん、こんにちは!

前回から始まった「Arcserve UDP Archiving(以降、UDP-Aと略記) 連載の2回目では、

メールアーカイブがどうして企業に必要なのか?をご紹介します。

「前回のコラムを読み飛ばしてしまった」というかたは、ぜひこちらからお読みください!

◆◆ 『バックナンバー1:Arcserve UDP Archivingってなぁに?』は、こちらから ------

http://arcserve.txt-nifty.com/blog/2017/11/arcserve-17-arc.html

-----------------------------------------------------------------------------------

3つの必要性】

メールアーカイブが必要となる第1の理由は、法律や規制への対応です。

国内法ではe文書法や金融商品取引法、関税法などが、メールを始めとする各種情報を正しく保管することを要請しています。

また、業界によっては監督官庁から指示や要請があることもあります。

更に海外では、目立つもので来年2018525日施行のEU一般データ保護規則(GDPR)があり、国内企業であってもEUと取引があればこの規制の対象になりえます。

このような法律や規制による情報管理の要請に応える為にメールアーカイブが必要です。

2に、

続きを読む "知らなきゃソンする?! Arcserve 最新リリースの機能解説シリーズ その18 ~ Arcserve UDP Archivingはどうして必要なの?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 1日 (水)

知らなきゃソンする?! Arcserve 最新リリースの機能解説シリーズ その17 ~ Arcserve UDP Archivingってなぁに?

こんにちは。

今回からメルマガコラムの対象が変わり、1016日に発表した新製品「Arcserve UDP Archiving v6.0」の紹介になっています。

「あれ、Arcserveが新製品を出したんだ!?」と思われた方は、是非ご覧ください。

再掲コラムがお気に召したら、メルマガの定期購読をぜひお願いします。

メルマガの定期購読お申し込み:

https://pages.arcserve.com/mailmagazine_jp.html?_ga=1.166180542.1870449387.1420518782

ではここからコラム再掲です。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[1] コラム: 知らなきゃソンする?! Arcserve 最新リリースの機能解説シリーズ その17

┃ ◆◇ Arcserve UDP Archivingってなぁに? ◇◆

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

皆さん、こんにちは!

今回から4回に渡り、1016日に発表した新製品「Arcserve UDP Archiving」を紹介していきます。

是非お付き合いください。 

1回: Arcserve UDP Archiving ってなぁに?(今回)

2回: どうして必要なの?

第3回: Arcserve UDP Archivingはなにが出来るの?

第4回: どんなライセンスと価格なの?

◆◆ 『UDP Archiving v6.0プレスリリース』は、こちらから ---------------------

 https://arcserve.com/jp/blog/news/aj-achvgv60-release/  

-----------------------------------------------------------------------------------

Arcserve UDP Archiving (以降、「UDP-A」と略記)は、ざっくり言うと「メール アーカイビングと、法規制の順守や証拠保全のためのレコード管理を統合した、企業を守るためのソリューション」です。

近年、個人情報や取引情報を厳重に保管するように法律が求めることが増えています。

また、例えば税務処理などで違反の疑いを持たれた場合や訴訟の対策では、証拠としてのメールの重要性が高まっています。

そのため、全てのメールを取り込み、長期に渡って保管し、必要な時には簡単かつ高速に取り出せる能力が、規模や業種、役職に関わらず現代の全ての企業に求められています。

その能力をもたらすものがUDP-Aなのです。

「メールのバックアップを取っているから十分でしょ?!」

そう思う方が多いかも知れませんが、メールのアーカイブとバックアップは目的からして異なります。

続きを読む "知らなきゃソンする?! Arcserve 最新リリースの機能解説シリーズ その17 ~ Arcserve UDP Archivingってなぁに?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧