« Arcserve Replication/High Availability のライセンス種類と違い | トップページ | Arcserve Replication とは?ライセンス体系、動作要件、価格。 »

2010年2月19日 (金)

Arcserve Replication/High Availability のメンテナンス(保守)

2020年5月26日時点の情報で記事を更新しました。

こんにちは!こばやしです。

前回の投稿では「Arcserve Replication/High Availability のライセンスの種類と違い」についてご説明しました。

今回は、Arcserve Replication/High Availability(以下、Arcserve RHA)のメンテナンス(保守)についてご紹介します。このメンテナンスについても皆様からお問い合せを多くいただく項目です。少しでもご理解の助けになればと思います。

 

さて、メンテナンスについてご説明する前に、Arcserve ソフトウェアの販売方法について軽くお話したいと思います。

Arcserve のソフトウェアには大きく分けて「パッケージ製品」「ライセンス プログラム製品」、「年間メンテナンス付きパッケージ製品」という 3 つの販売方法があります。Arcserve Replication /High Availability では、それぞれの販売方法の間に「提供方法」と「メンテナンスの有無」という違いがあります。

 

パッケージ製品はいわゆる箱売りソフトウェアで、インストール メディアとライセンス キーが一緒になっています。メンテナンスは付いていません。Arcserve RHA ではファイルサーバ のレプリケーションに特化したファイルサーバ専用版(Replication)のみパッケージ製品として販売されています。 

ライセンス プログラム製品ではライセンスキーは電子メールで納品され、インストール メディアは Web からダウンロードするか、別売のメディア パックを使います。 ライセンスとメンテナンスを必ず一緒に購入します。(かつて、ライセンスとメンテナンスが一つの型番になった「コンボパック」という名称の製品がありましたが、Arcserve RHA 18.0 より廃止になりました。)

年間メンテナンス付きパッケージ製品はパッケージ製品とライセンス プログラム製品の中間です。箱売りのパッケージでありながら、メンテナンスもセットになっています。Arcserve RHA ではファイルサーバ専用版(Replication と High Availability)のみこの形態で販売されています。 

 


 

それでは、ライセンス プログラム製品や年間メンテナンス付きパッケージ製品に付属するメンテナンスとはどういったものでしょうか。Arcserve のメンテナンスで受けていただけるサービスには以下の2つがあります。

 

  • 製品のテクニカル サポート

  • 新バージョンへの無償アップグレード(アップグレード プロテクション)

 

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

 

【製品のテクニカル サポート】
9:00 - 17:30(土日祭日弊社休業日を除く)対応のテクニカル サポートをご提供します。

お問い合せ方法は、お電話、Web フォーム(メール)です。

メンテナンス期間内であればお問い合せ回数に制限なく、トラブル シューティングなどの技術的なお問い合わせに、Arcserve のテクニカル サポート スタッフが対応しています。

簡単な操作/設定で定評のある Arcserve RHA ですが、メンテナンス契約をいただくことで、万が一のトラブルや、操作上の不明点などについてお問い合せができ、より安心してご利用いただけるのではないでしょうか。

そしてなんとこのテクニカル サポートを個別にご契約いただいた場合、年間 50 万円の契約に相当します!! Arcserve Replication(ファイルサーバ専用版) の 1 年メンテナンスは 2 万円弱ですから、非常にコストパフォーマンスが高いと言えます。

 

【新バージョンへの無償アップグレード(アップグレード プロテクション)】
メンテナンス契約期間内にリリースされる最新バージョンを無償でご提供します。

これにより常に最新のバージョンをご利用いただくことができます。以下の Web フォームでお申し込みください!

「無償アップグレードお申し込み」フォーム
https://www.arcserve.com/jp/jp-resources/free-upgrade/

 

なお、パッケージ製品やメンテナンスが終了したライセンスを新バージョンにアップグレードする場合には、アップグレード版製品をご利用ください。そちらを購入いただくことで、新規購入よりお安いお値段でアップグレードをいただくことができます。

以上、「メンテナンス」について書いてみましたが、いかがだったでしょうか。「パッケージ製品」と「ライセンス製品」では『機能』以外にも『メンテナンス』という違いがあるということがおわかりいただけましたでしょうか。製品をご検討いただく際には、この点も考慮していただければと思います。

<関連記事>

Arcserve 製品のメンテナンス期間を指定する際の注意点

Arcserve 無償アップグレード申し込みフォーム よくある質問と回答

Arcserve 製品の「メンテナンス(保守)」とは?よくある質問と回答

« Arcserve Replication/High Availability のライセンス種類と違い | トップページ | Arcserve Replication とは?ライセンス体系、動作要件、価格。 »

よく聞かれる質問」カテゴリの記事

購入方法、注文・納品」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Arcserve Replication/High Availability のメンテナンス(保守):

« Arcserve Replication/High Availability のライセンス種類と違い | トップページ | Arcserve Replication とは?ライセンス体系、動作要件、価格。 »