« コントロールサービスを冗長化 | トップページ | ARCserve専用緊急窓口設置のご案内 »

2011年3月11日 (金)

Windows Storage Server 2008 R2 に対応しました!!

皆様こんばんは、ホテです。

ご報告が大変遅くなってしまったのですが、先週金曜日(3月4日)より、
ARCserve Replication r15 が Windowos Storage Server 2008 R2 上での動作をサポートする事になりました。

これに伴い動作要件も修正されましたのでぜひご確認ください。

[Arcserve Replication 動作要件]
https://support.arcserve.com/s/topic/0TO1J000000I3qAWAS/arcserve-rha-compatibility-matrix?language=ja

※ URL を変更しました。現時点では r16.5 SP7c が最新です (2018/11/29)

 

Wss_2
(動作要件を開いて下の所に追加されています)

これからもファイルサーバのバックアップにはARCserve Replicationをお使い下さい!

« コントロールサービスを冗長化 | トップページ | ARCserve専用緊急窓口設置のご案内 »

製品/サービスについて」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Windows Storage Server 2008 R2 に対応しました!!:

« コントロールサービスを冗長化 | トップページ | ARCserve専用緊急窓口設置のご案内 »