« 1分でわかる!Arcserve UDP 新バージョン “v6 “ の実力 ~ Linuxでも重複排除&遠隔転送! Linux対応強化ポイント | トップページ | UDP 7300 アプライアンス:Arcserve Backup が入ってます!? »

2016年2月19日 (金)

価格表を公開しました!Arcserve Backup r17 for Windows/Arcserve UDP v6

先日、発表されましたArcserveシリーズの新バージョン

「Arcserve Backup r17 for Windows」
「Arcserve Unified Data Protection (UDP) v6」

の価格表が公開されました。

・Arcserveシリーズ製品価格表
https://www.arcserve.com/jp/jp-resources/licensing-options/

新バージョンについて、たくさんのお問い合わせをいただいております。
ありがとうございます!!

ちなみに、Arcserve UDPには、3つのライセンス課金方法がありますが、
この違いについてのお問い合わせもよくいただきます。

そこで、今回改めて、Arcserve UDP の課金方法について紹介します。

 

 

Arcserve UDP のライセンス課金方法は次の3つです。

(1)サーバ台数課金(per Server:サーバライセンス)
(2)データ容量課金(per Terabyte:キャパシティライセンス)
(3)CPUソケット数課金(per Socket:ソケットライセンス)

(1)サーバ台数課金(サーバライセンス)
保護対象の物理サーバ台数分のライセンスを購入する課金方法です。
(物理サーバ向けライセンス)

(2)データ容量課金(キャパシティライセンス)
保護対象サーバの総データ容量分のライセンスを購入する課金方法です。

(3)CPUソケット数課金(ソケットライセンス) 
Arcserve UDP から追加された新しい課金方法です。
CPUソケット数課金は、保護対象の仮想サーバ(Host)に搭載されている
物理CPUの数分のライセンスを購入する課金方法です。
(仮想環境向けライセンス)

Photo



以上、鉄道大好きエヌエスがお伝えしました。

« 1分でわかる!Arcserve UDP 新バージョン “v6 “ の実力 ~ Linuxでも重複排除&遠隔転送! Linux対応強化ポイント | トップページ | UDP 7300 アプライアンス:Arcserve Backup が入ってます!? »

Arcserve UDP (旧製品名 Arcserve D2D)」カテゴリの記事

購入方法、注文・納品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 価格表を公開しました!Arcserve Backup r17 for Windows/Arcserve UDP v6:

« 1分でわかる!Arcserve UDP 新バージョン “v6 “ の実力 ~ Linuxでも重複排除&遠隔転送! Linux対応強化ポイント | トップページ | UDP 7300 アプライアンス:Arcserve Backup が入ってます!? »