« サーバ単位とソケット単位の違い~物理から仮想環境へ移行予定がある場合はどっちがよい?~ | トップページ | Arcserve UDP v6.5 Update2 リリースのご案内 »

2017年12月 6日 (水)

知らなきゃソンする?! Arcserve 最新リリースの機能解説シリーズ その19 ~ Arcserve UDP Archivingはなにが出来るの?

本記事中で紹介している Arcserve UDP Archiving は Arcserve Email Archiving の旧称です。

こんにちは。2017年も気が付くと12月、東京もすっかり冬になりました。私的にはまだ秋である11月の間は冬装備しないでがんばっていたので、ようやく暖かい冬服を着ることができました。

ということで今回は「Arcserve UDP Archiving v6.0のできること」を紹介しています。

 

再掲コラムがお気に召したら、以下のメールアドレスに「Arcserve メルマガ登録希望」 とご連絡ください。

info-jp@arcserve.com

ではここからコラム再掲です。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃[1] コラム: 知らなきゃソンする?! Arcserve 最新リリースの機能解説シリーズその19

┃ ◆◇ Arcserve UDP Archivingはなにが出来るの? ◇◆

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

皆さん、こんにちは!

新製品「Arcserve UDP Archiving」(以降、「UDP-A」と略記)の紹介を始めて早いものでもう3回目の今回は、Arcserve UDP Archiving でできることをご紹介します。

第1回: Arcserve UDP Archiving ってなぁに?

第2回: どうして必要なの?

第3回: Arcserve UDP Archiving はなにが出来るの?(今回)

第4回: どんなライセンスと価格なの?

 

1回目に書いた通り、UDP-A をざっくり言うと「メール アーカイビングと、法規制の順守や証拠保全のためのレコード管理を統合した、企業を守るためのソリューション」です。

もう少し具体的には、Exchange Server などオンプレミスやクラウド上のメールシステムを対象に、ブラウザ操作で以下ができます。

1. 送受信されたすべてのメールを収集し、過去のメールと併せて管理

2. アーカイブしたメールを暗号化し、長期に渡り安全に保管

3. メールアドレス、日付、テキストや添付ファイルなど様々な条件でメールを検索

4. 役割に応じた権限をユーザに与えてアーカイブされたメールを保護

5. 保持廃棄、例外ポリシーに従い、ルールベースでメールを保管

6. 単一システムで複数顧客にサービスを提供(サービスプロバイダ様向け)

 

更に、UDP-A には4つの役割があり、役割ごとに「できること」が異なります。

① スーパー管理者

② 管理者

③ 監査人

④ 従業員

 

「スーパー管理者」は UDP-A のインフラを担当し、導入と初期設定を行い、ライセンスと「管理者」を登録できます。通常は IT 管理者や MSP がこの役割を担います。

「管理者」はシステムを担当し、各ポリシーや「監査人」「従業員」を登録し、日々のアーカイブ状況やユーザアクションを監視できます。企業内システムの場合は IT 管理者や管理部門、サービスとして提供される場合はユーザ企業の管理者がこの役割を担います。

尚、「スーパー管理者」と「管理者」はアーカイブされたメールには一切アクセスできません。

 

「監査人」と「従業員」はできることが似ていて、アーカイブされたメールを検索し、タグやメモの付与やエクスポートができます。

「監査人」と「従業員」の大きな違いは、「監査人」がアーカイブされた全てのメールを検索できることに対し、「従業員」は自分のメールと自分が属するグループのメールだけを検索できる点です。また、「従業員」は Outlook のインターフェースからも検索できます。通常は人事部、法務部または個人情報管理者が「監査人」の役割を担い、一般社員が「従業員」となります。

2,000万件のメールから1秒で検索できる高速性(弊社調べ)で、いつでも即時に必要なメールを抽出できるので、コンプライアンス対応や訴訟対策のような大事ではなくても、一般社員の日常業務におけるメールの検索にも気軽にご利用いただけます。

 

今回ご紹介した内容は、web サイトでご覧いただけます。

Arcserve UDP v6.0 ご紹介資料

最新バージョンの資料は Arcserve カタログ センター をご覧ください。

次回はライセンスと価格についてご紹介します。お楽しみに。

« サーバ単位とソケット単位の違い~物理から仮想環境へ移行予定がある場合はどっちがよい?~ | トップページ | Arcserve UDP v6.5 Update2 リリースのご案内 »

メルマガコラム」カテゴリの記事

Arcserve Email Archiving」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« サーバ単位とソケット単位の違い~物理から仮想環境へ移行予定がある場合はどっちがよい?~ | トップページ | Arcserve UDP v6.5 Update2 リリースのご案内 »