« 耳から理解したい人必見!UDPアプライアンスを学ぶ動画を公開中! | トップページ | Arcserve UDP 8000シリーズ ApplianceにHDD RAID6モデルが登場!! »

2018年4月27日 (金)

検索エンジンを使うようにOffice365やExchange (Outlook) のメールを高速検索できます。

本記事中で紹介している Arcserve UDP Archiving は Arcserve Email Archiving の旧称です。最新バージョンの資料は Arcserve カタログセンターでお探しください。

先日、「メール長期保管とメール高速検索を簡単に行える製品の Arcserve UDP Archiving (アーカイビング) v6.0 をこのたび発表しました。」とUDP アーカイカイビングをご紹介しましたが、その高速検索についてさらに話を続けます。

Arcserve UDP Archiving は、すべてのメールを送受信時に収集し、暗号化して保管します。保管する際には、テキストインデックスが付加されますので、高速な検索が可能になります。

検索エンジンを使うような簡単なキーワード検索(複数のキーワード設定が可能)から、「送信者」「受信者」「件名」や日付範囲、添付ファイルの有無などの条件による詳細検索が可能です。

Outlook やサーバ上にある大量のメールを検索するのに時間がかかりすぎるので、メール検索スピードを改善したい!!という場合に、このArcserve UDP Archiving が役立ちます。

検索の詳細は『管理者ガイド』をご覧ください。

Arcserve UDP Archiving v6.0 管理者ガイド

コンプライアンス担当者としての Arcserve UDP Archiving の使用 > 検索

コンプライアンス担当者としての Arcserve UDP Archiving の使用 > 高度な検索

※ 最新バージョンのマニュアルは Arcserve サポート ポータルでご覧いただけます。

Search

 

ちなみに、アクセス権は、上位の管理者から従業員まで厳格な管理が可能で、それぞれにポリシーを適用できますので、誰でも他の人のメールを検索できてしまう、といったことはありません。

Arcserve UDP Archiving を簡単に説明した『製品カタログ』はこちらです。

>> Arcserve UDP Archiving v6.0 製品カタログ

 

また、詳細は『ご紹介資料』をご覧ください。

>> Arcserve UDP Archiving v6.0 ご紹介資料

 

++++

以上、Koichiがお伝えしました。

« 耳から理解したい人必見!UDPアプライアンスを学ぶ動画を公開中! | トップページ | Arcserve UDP 8000シリーズ ApplianceにHDD RAID6モデルが登場!! »

Arcserve Email Archiving」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 耳から理解したい人必見!UDPアプライアンスを学ぶ動画を公開中! | トップページ | Arcserve UDP 8000シリーズ ApplianceにHDD RAID6モデルが登場!! »