« Arcserve 製品のダウンロード方法について | トップページ | 耳より情報:Arcserve UDPでバックアップできるサイズは? »

2018年7月27日 (金)

UDP Archivingの「動作要件」「オペレーティングシステム(OS)」「仮想アプライアンス展開方法の資料」についてご紹介します。

本記事中で紹介している Arcserve UDP Archiving はArcserve Email Archiving の旧称です。最新バージョンの動作要件やマニュアルは Arcserve サポート ポータルをご確認ください。

Arcserve UDP Archiving(アーカイビング)は、仮想アプライアンスとして予め仮想マシンに OS や Arcserve UDP Archiving がインストールされた状態で提供されます。

完成した仮想マシンでの提供ですので、VMware vSphere、Microsoft Hyper-V、AWS上に迅速に展開でき、すぐに運用を開始できます。

OS も仮想アプライアンスの一部として予め導入済みで(※1)、ユーザが任意のOSを選択することがないため、動作要件に「サポートする OS の一覧」という通常のソフトウェアでは必須の項目はありません。

その代わり動作要件には、仮想アプライアンスを展開できる VMware vSphere、Microsoft Hyper-V、AWS(※2) の詳細が Supported Hypervisors や Supported Cloud Platformsとして掲載されています。

>> Arcserve UDP Archiving v6.0 動作要件

Supported Hypervisors や Supported Cloud Platforms 参照

 

ちなみに、Arcserve UDP Archiving の展開の手順は、Arcserve UDP Archiving 展開および構成ガイドに掲載されています(VMwareの手順冒頭を転記します)。

>> Arcserve UDP Archiving 展開および構成ガイド

   ∟Arcserve UDP Archiving の展開方法

    ∟VMware での Arcserve UDP Archiving の展開

-------------------------------

Arcserve UDP Archiving を設定および構成するには、以下の手順を実行します。

1. UDP Archiving ソフトウェア(VMware OVF)をダウンロードして、VMware に展開します。オペレーティング システムは Linux Debian 8.0 で、ソフトウェアはどの VMware 環境でも実行されます。

2. 以下の手順を使用して、UDP Archiving VM を設定および展開します。

 a. VM クライアントを開き、ESX ホストに接続します。

 b. VM クライアントから、[ファイル]-[OVF テンプレートのデプロイ]をクリックします。

Vmware_setup

(後略)

--------------------------------

 

展開手順の詳細は『展開および構成ガイド』を参照してください。

>> Arcserve UDP Archiving 展開および構成ガイド

   ∟Arcserve UDP Archiving の展開方法

    ∟VMware での Arcserve UDP Archiving の展開

 

++++++++

以上、Koichiがお伝えしました。


※1 Arcserve UDP Archiving v6.0 がインストールされているOSは「Linux Debian 8.0」 です(2018/7/27現在)。

※2 Arcserve Email Archiving 6.5 では Amazon EC2 上にアーカイビング サーバを展開することはできません。

« Arcserve 製品のダウンロード方法について | トップページ | 耳より情報:Arcserve UDPでバックアップできるサイズは? »

Arcserve Email Archiving」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Arcserve 製品のダウンロード方法について | トップページ | 耳より情報:Arcserve UDPでバックアップできるサイズは? »