« Arcserve UDPはソフトウェア?それともハードウェア? | トップページ | 耳より情報:Arcserve UDPの仮想スタンバイは災害対策の切り札! »

2018年9月28日 (金)

展開方法の解説:Arcserve UDP Archiving は仮想アプライアンスのため導入が簡単です。

本記事中で紹介している Arcserve UDP Archiving は Arcserve Email Archiving の旧称です。最新バージョンのマニュアルは Arcserve サポート ポータルをご確認ください。

仮想アプライアンスで提供している Arcserve UDP Archiving は、完成した仮想マシンを展開することで迅速に運用を開始できます。OS やアプリケーションのインストールから始める必要はありません。

Udpa_2

 

展開方法については、VMware, Hyper-V, AWS(※1) それぞれマニュアルに掲載されていますので、以下のリンク先をご覧ください。

また、動画でも操作の流れを確認できます。

 

VMware での Arcserve UDP Archiving の展開

Arcserve UDP Archiving ソフトウェア(VMware OVF)をダウンロードして、VMware に展開します。

ビデオ「VMware に Arcserve UDP Archiving を展開する方法」(英語)

Udpavmware

 

Hyper-V 2016 および Hyper-V 2012 R2 での Arcserve UDP Archiving の展開

Arcserve UDP Archiving ソフトウェアをダウンロードし、ローカル コンピュータのフォルダに保存します。

ビデオ「Hyper-V 2012 R2 および Hyper-V 2016 に Arcserve UDP Archiving を展開する方法」(英語)

Udpahyperv

 

AWS での Arcserve UDP Archiving の展開

Arcserve UDP Archiving の Amazon マシン イメージ(AMI)を探して選択します。

ビデオ「AWS に UDP Archiving を展開する方法」(英語)

Udpaaws_2

 

+++

以上、Koichiがお伝えしました。


※1 Arcserve Email Archiving 6.5 では Amazon EC2 上にアーカイビング サーバを展開することはできません。

« Arcserve UDPはソフトウェア?それともハードウェア? | トップページ | 耳より情報:Arcserve UDPの仮想スタンバイは災害対策の切り札! »

Arcserve Email Archiving」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« Arcserve UDPはソフトウェア?それともハードウェア? | トップページ | 耳より情報:Arcserve UDPの仮想スタンバイは災害対策の切り札! »