« 耳より情報: 閲覧だけの退職者メールをお得に長期保管する方法!(UDP Archiving v6.0) | トップページ | Arcserve UDP によるクラウドでの仮想スタンバイを行う場合、クラウド側に復旧ポイントサーバ(RPS)を構築せず直接クラウドにスタンバイ VM を作成することができます。 »

2019年1月11日 (金)

2018年人気記事ランキングTOP5

当ブログをご覧いただきありがとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

今回は少し志向を変えまして、2018年の人気記事ランキングTOP5をご紹介します。

1位から5位に選ばれた記事は、次の記事です。※2018年12月28日時点の集計

【1位】Arcserve UDP 機能紹介 ~ (11) バックアップデータの遠隔転送
https://arcserve.txt-nifty.com/blog/2015/03/arcserve-udp-11.html

【2位】Arcserve製品の「アクティブ化」を促すメッセージが出ていますが、どうしたらよいでしょうか?
https://arcserve.txt-nifty.com/blog/2017/09/arcserve-ca4f.html

【3位】Arcserve UDP 機能紹介 ~ (7) 仮想マシンのエージェントレス バックアップ ~
https://arcserve.txt-nifty.com/blog/2015/03/arcserve-udp--1.html

【4位】Arcserve UDP 機能紹介 ~ (9) イメージバックアップのテープ保管 ~
https://arcserve.txt-nifty.com/blog/2015/03/arcserve-udp-9-.html

【5位】Arcserve UDP 機能紹介 ~ (1) 全体像とコンポーネントについて ~
https://arcserve.txt-nifty.com/blog/2014/07/ca-arcserve-udp.html

いかがでしょうか。さて、この1位から5位の記事にはある共通点があるのにお気づきでしょうか?

その共通点とは・・・

1位から5位の記事の共通点は、次の2点です。

[共通点1]
多くのお客様に Arcserve UDP を選んでいただけていること

[共通点2]
バックアップデータの遠隔地保管を含む”災害対策”に関心が高まっていること

 

[共通点1]ですが、Arcserve UDP は統合バックアップソリューションとして、多くのお客様に選ばれ、ご利用いただいております。

Arcserve UDP が多くのお客様に選ばれているのには、5つの理由があります。

 1.導入実績と日本市場での経験
 2.購入が容易
 3.クラウドも強力サポート
 4.ニーズに応えた豊富な機能
 5.導入前後も充実した支援体制

詳しくは、以下の資料を参照ください。

「Arcserve が選ばれる5つの理由(わけ) – 2018年版」

https://www.arcserve.com/wp-content/jp/uploads/2017/06/as-5reasons-1-jp.pdf

Arcserve5

 

[共通点2]については、昨今の異常気象や地震の発生などが、災害対策の重要性を、より一層高めている要因となっています。

Arcserve UDPでは、災害対策ソリューションに求められる多くの機能が盛り込まれています。

 ・バックアップデータのテープ保管(Disk to Disk to Tape)
 ・バックアップデータのレプリケート
 ・仮想スタンバイサーバの自動作成
  ・インスタントVM

詳しくは、以下の資料を参照ください。

「Arcserve UDP v6.5 ご紹介プレゼンテーション」
https://www.arcserve.com/wp-content/jp/uploads/2017/12/udp-v65-presentation.pdf
⇒ 26ページから31ページを参照

 

先日、山手線の田町-品川間に作られる新駅の駅名が「高輪ゲートウェイ」に決まりました。

この駅名には賛否両論あるようですが、思えば、カタカナの付く駅名は他にもあり、関東では「東京テレポート」「品川シーサイド」(りんかい線)や「虎ノ門ヒルズ」(地下鉄日比谷線に作られる予定の新駅)、「越谷レイクタウン」(武蔵野線)などがあります。これからも、おしゃれな駅名が増えるかもしれませんね。

鉄道大好き、エヌエスがお伝えしました。

« 耳より情報: 閲覧だけの退職者メールをお得に長期保管する方法!(UDP Archiving v6.0) | トップページ | Arcserve UDP によるクラウドでの仮想スタンバイを行う場合、クラウド側に復旧ポイントサーバ(RPS)を構築せず直接クラウドにスタンバイ VM を作成することができます。 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2018年人気記事ランキングTOP5:

« 耳より情報: 閲覧だけの退職者メールをお得に長期保管する方法!(UDP Archiving v6.0) | トップページ | Arcserve UDP によるクラウドでの仮想スタンバイを行う場合、クラウド側に復旧ポイントサーバ(RPS)を構築せず直接クラウドにスタンバイ VM を作成することができます。 »