« Arcserve無償トライアル 5つのよくある質問と回答 | トップページ | Arcserve Replication/High Availabilityの仕組み »

2019年10月25日 (金)

Arcserve クラウドサービスの Cloud Hybird と Cloud Direct の価格表をご案内します。

下記記事でもご案内の Arcserve UDP Cloud Hybird と Arcserve Cloud Direct ですが、バックアップサービス(BaaS)の必要ライセンス数はバックアップ先のストレージ容量分となります。

(2019年8月30日) 新サービス!「Arcserve UDP Cloud Direct」「Arcserve UDP Cloud Hybrid」のご紹介

 

■ 価格表はこちら。TB単位の年間サブスクリプションでシンプル!

それぞれのサービスのストレージ容量の価格が記載された価格表はこちらになります。バックアップサービス(BaaS)は各価格表の「Storage - 1 TB」や「Storage - 4 TB」をご覧ください。

・ Arcserve UDP Cloud Hybrid 価格表※1

Ch_price_full_202404

 

・ Arcserve Cloud Direct 価格表※1

Cd_price_full_202404

 

■ 「新規購入」と「更新(継続)」の型番は異なるので注意

上記の通り、Arcserve UDP Cloud Hybrid / Arcserve Cloud Direct とも価格表が2つに分かれています。これは新規利用開始時とサブスクリプション更新時(継続利用時)に購入する型番が異なるからです。

新規と更新(継続)型番の対照表を以下の記事で紹介しています。Arcserve UDP Cloud Hybrid や Arcserve Cloud Direct を継続利用したいけれど何を買えばよいの?という方はこちらをご覧ください。

3つのクラウドサービスについてサブスクリプション継続用の型番(SKU)をまとめました。

 

なお、本記事で紹介した PDF は、購入方法と製品価格表ページの [クラウドサービス] に掲載されています。購入方法の詳細も記載されていますので併せてご覧ください。

+++

以上、Koichiがお伝えしました。

 

<関連記事>

Arcserve UDP Cloud Direct 東日本リージョンがオープンします!

 


※1 2024年4月1日時点の価格表に差し替えました。

« Arcserve無償トライアル 5つのよくある質問と回答 | トップページ | Arcserve Replication/High Availabilityの仕組み »

購入方法、注文・納品」カテゴリの記事

Arcserve Cloud Direct」カテゴリの記事

Arcserve UDP Cloud Hybrid」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Arcserve無償トライアル 5つのよくある質問と回答 | トップページ | Arcserve Replication/High Availabilityの仕組み »