« Arcserve UDP コンソールで復旧ポイントのコピーを使う | トップページ | 「VDP」の次は Arcserve 「UDP」 でどうでしょう? »

2019年12月 4日 (水)

耳より情報:Arcserve UDP Cloud Directのバックアップ時間、サイズ、課金は?

こんにちは。2019年(または令和元年!)は早くも12月に突入。来年はオリンピックイヤー、今から楽しみです。

さて今回の耳寄り情報では オンプレミスからクラウドに直接バックアップできる新サービス「Arcserve UDP Cloud Direct」を解説しています。 

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃耳より情報: Arcserve UDP Cloud Directのバックアップ時間、サイズ、課金は?
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今年もいよいよ残すところ1か月弱となりました。クリスマスにお正月、チキン!ケーキ!蟹!おせち!楽しい時期がやってきますね。

今回は、Arcserveの新クラウド サービスのうちの1つ、「Arcserve UDP Cloud Direct (以下、Cloud Direct)」についてのお話です。

既存の Arcserve UDP の仕組みの延長でクラウドを使える「Arcserve UDP Cloud Hybrid」とは異なり、Cloud Direct は UDP の名前を冠してはいるものの、まったく新しい仕組みでバックアップをするサービスなので、詳しく知りたい方も多いかと思います。

 

■ Cloud Direct のバックアップ時間、サイズ、課金は?

Cloud Direct はバックアップサーバ不要で直接クラウドにバックアップが可能なサービスです。年額固定料金でストレージを 1 TB 単位でご購入いただき、入りきる限り台数無制限でバックアップいただけます。

その際の、バックアップサイズや時間、課金対象について、よくご質問を受けます。ディスクの未使用分に対してもかかるのか、それとも使用分だけで済むのか?というお話です。

この点については、Cloud Direct で利用できるバックアップ方式によって若干違いがあります。特に「Windows イメージ バックアップ」方式では「Cloud Direct ファイル フォルダ バックアップ」方式に比べてバックアップ時間が長くなる傾向にあるので、運用時にご注意ください。

例1)Windows イメージ バックアップ:D ドライブ(容量 100 GB、データ 30 GB 格納)をディスク丸ごとバックアップ

  • 初回のバックアップ時にはソース側にて未使用領域まで含めた読み取りが行われます。

この例では初回は 100 GB 分の読み取りが行われ、その分の時間がかかります。

  • ネットワークでは実際の使用されているデータのみが圧縮されて送信されます。

この例では、ネットワークでは 30 GB 分のデータが圧縮されて送られます。

  • クラウド側のストレージ使用量としては使用領域分が非圧縮サイズでカウントされます。

この例ではクラウド側でのストレージ消費は 30 GB ほどになり、それが課金対象となります。

  • 2回目以降は増分読み取り、増分送信、増分の格納となります。ただし、BaaS ボリュームへのバックアップの場合、増分の検出は2段階で行われるため、フル バックアップ よりも時間がかかることがあります。

 

例2)Cloud Direct ファイル フォルダ バックアップ:D ドライブ(容量 100 GB、データ 30 GB 格納)をバックアップ

  • 初回のバックアップ時にはソース側のフォルダにあるすべてのファイル/フォルダをバックアップします。

この例では初回は 30 GB 分のファイル/フォルダの読み取りが行われ、その分の時間がかかります。

  • ネットワークでは実際の使用されているデータのみが圧縮されて送信されます。

この例では、ネットワークでは 30 GB 分のデータが圧縮されて送られます。

  • クラウド側のストレージ使用量としては使用領域分が非圧縮サイズでカウントされます。

この例ではクラウド側でのストレージ消費は 30 GB ほどになり、それが課金対象となります。

  • 2回目以降は増分読み取り、増分送信、増分の格納となります。変更のあったファイルをタイム スタンプで検出し、ファイル単位でバックアップします。

 

上記についてはカタログ センターに公開している資料にも情報として盛り込んであります。是非、ご活用ください。

◆◆ 『Arcserve カタログ センター』は、こちらから --------------------------

https://www.arcserve.com/jp/jp-resources/catalog-center/
※[クラウド サービス]カテゴリをご参照ください。

--------------------------------------------------------------------------

 

■ もっと詳しく知りたい方は Webcast セミナーにご参加ください!

クラウドに直接バックアップを行う Arcserve Cloud Direct の Webcast セミナーを公開しています!お好きな時間に自席で視聴できるので、スキマ時間を活用し、ぜひご覧ください。

Arcserve Cloud Direct トレーニング【動画版】

Arcserveのクラウド バックアップサービス、”Arcserve Cloud Direct“をご利用いただくことで、お客様環境でバックアップ用にサーバやストレージを用意しないでも、重要サーバやPCのデータをArcserve独自クラウドに直接バックアップしていただくことができます。

こちらの動画セミナーでは、サービスの概要や導入方法、バックアップやリストアなど、基本的な使用方法を一通り解説いたします。

実際の画面ショットを見ながら、サービスの機能について短時間に学習していただけます。

 

« Arcserve UDP コンソールで復旧ポイントのコピーを使う | トップページ | 「VDP」の次は Arcserve 「UDP」 でどうでしょう? »

メルマガコラム」カテゴリの記事

Arcserve Cloud Direct」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Arcserve UDP コンソールで復旧ポイントのコピーを使う | トップページ | 「VDP」の次は Arcserve 「UDP」 でどうでしょう? »