フォト

関連情報

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Webセミナー

  • ■Replication テクニカルコース

    無償ハンズオントレーニングを
    WEBセミナーで受講いただけます
  • ■High Availability テクニカルコース

    無償ハンズオントレーニングを
    WEBセミナーで受講いただけます
無料ブログはココログ

« vSphere Data Protection (vDP)提供終了は、仮想化統合基盤のデータ保護と災害対策を強化させる良い機会です | トップページ | 耳より情報: Arcserve UDP 7.0 Update1 の便利な新機能について ~ VMware 環境を効率よくバックアップ!! »

2019年12月27日 (金)

Office 365のデータを直接クラウドへバックアップできます

Office 365 のバックアップと言われて、まずお勧めしたいのが Arcserve UDP Cloud Hybrid です。

 

Arcserve UDP Cloud Hybrid は、本来はバックアップデータを災害対策としてクラウドに複製するサービスです。そのため、オンプレミスでのバックアップとクラウドでのバックアップの両立という意味で、Hybrid(ハイブリッド)という名前になっています。

しかし、これには例外があり、Office 365(Exchange Online、SharePoint Online、OneDirve)については、直接 Arcserve UDP Cloud Hybrid へのバックアップが可能なのです!

 

クラウドからクラウド(Office 365 から Arcserve UDP Cloud Hybrid)へ、インターネット経由で直接バックアップを行うので、オンプレミス(オフィス側)のインターネット回線に負荷をかけません。

特に、オフィス側にバックアップサーバは置かずに Office365 を利用しているユーザの方にとっては、改めてバックアップサーバをオフィス側に置く必要がないので導入が簡単です。運用の手間もかかりません。

ある意味、Office 365 のバックアップに特化したサービスとも言えます。

O365toch

『Arcserve UDP Cloud Hybrid のご紹介』P.12 参照

 

■ Arcserve UDP Cloud Hybird は容量課金でコスト試算が単純

Arcserve UDP Cloud Hybrid は 1TB 単位の 1年サブスクリプションが基本です。例えば、1人当たり 10GB の Office 365 データを 100人分バックアップするという事であれば、10GB × 100人 = 1TB を 1本購入するという具合です。

東日本リージョンのストレージ費用は 1TB で 192,000円/年(税抜)なので、この条件(1人当たり 10GB)で計算すると、1ユーザ当たり 160円/月でバックアップできます。Office 365 のバックアップ サービスとしてはかなり安い方だと言えます。

実際には、保存するバックアップの世代数によっても Arcserve UDP Cloud Hybrid の使用量は変わってきますが、ともかく個々のバックアップ サーバやストレージの費用を見積もらなくて済むので、コスト試算がシンプルになります。

また、内部は Arcserve UDP が動いているので、継続的な増分バックアップと重複排除で、ストレージは効率的に使用されます。

Ch_price_list

Arcserve UDP Cloud Hybrid 価格表

最新の価格は、Arcserve 購入方法と製品価格表をご覧ください。

 

なお、Arcserve UDP Cloud Hybrid ではダウンロードの通信に対して課金するという事はありません。そのため、データのリストアのたびに利用費用がかかってしまう、という事もありません。

 

■ 設定は Arcserve UDP と同じで簡単

設定方法は Arcserve UDP と共通です。SharePoint Online、OneDrive、Exchange Onlineのバックアップ用に、それぞれ別のバックアップ プラン(設定)を設定できます。例えば、「SharePoint Online」だけをバックアップするといったことも可能です。

SharePoint Online バックアップ プランを作成する方法
[タスクの種類]ドロップダウン リストで、[バックアップ: Office 365 の SharePoint Online]を選択します。

Microsoft Office 365 OneDrive バックアップ プランを作成する方法
[タスクの種類]ドロップダウン リストで、[バックアップ: Office 365 の OneDrive]を選択します。

Exchange Online バックアップ プランを作成する方法
[タスクの種類]ドロップダウン リストで、[バックアップ: Office 365 Exchange Online]を選択します。

 

■ オンプレミスのバックアップと併用するならArcserve UDP やアプライアンスも

Arcserve UDP Cloud Hybird をお勧めしておきながら恐縮ですが、既にオンプレミスで Arcserve UDP を使っているという事であれば、そちらで Office 365 のバックアップを行う事も可能です。

Office 365 用の Arcserve UDP サブスクリプションを追加購入するか、Arcserve UDP Appliance であればライセンスの追加なく空き容量にバックアップできます。

PC やサーバとバックアップ運用を統合できるので、これはこれでお勧めの方法です。

 

+++

以上、Koichiがお伝えしました。

 

<関連記事>

Arcserve UDP v6.5 新機能:Office 365 のデータを安全に保護できます

Arcserve UDP 7.0 は OneDrive for Business のバックアップができ、ファイル単位でのリストアもできます!

« vSphere Data Protection (vDP)提供終了は、仮想化統合基盤のデータ保護と災害対策を強化させる良い機会です | トップページ | 耳より情報: Arcserve UDP 7.0 Update1 の便利な新機能について ~ VMware 環境を効率よくバックアップ!! »

Arcserve UDP (旧製品名 Arcserve D2D)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« vSphere Data Protection (vDP)提供終了は、仮想化統合基盤のデータ保護と災害対策を強化させる良い機会です | トップページ | 耳より情報: Arcserve UDP 7.0 Update1 の便利な新機能について ~ VMware 環境を効率よくバックアップ!! »