フォト

関連情報

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Webセミナー

  • ■Replication テクニカルコース

    無償ハンズオントレーニングを
    WEBセミナーで受講いただけます
  • ■High Availability テクニカルコース

    無償ハンズオントレーニングを
    WEBセミナーで受講いただけます
無料ブログはココログ

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年5月の6件の記事

2020年5月29日 (金)

Arcserve RHA 18.0 SP2 と Arcserve UDP 7.0 Update2 が公開されました!

先月から今月にかけて、Arcserve Replication / High Availability(以下 Arcserve RHA) 18.0 SP2 と Arcserve UDP 7.0 Update2 が公開されました。どんなところが新しくなったのか、順を追ってみていきましょう!

 

■ Arcserve RHA 18.0 SP2 での新プラットフォーム対応

このサービスパックでは対応プラットフォームの拡張がメインです。

まず、フルシステムシナリオ の複製先として、Scale Computing HC3 (Scale Computing 社が提供している HCI)が使えるようになります。HC3 をこれから使おうとしている方は、HC3 へのシステム移行に Arcserve RHA のフルシステムシナリオをご活用ください!

同じくフルシステムシナリオで、Amazon EC2 Elastic Network Adapter(ENA)を使ったレプリカサーバもサポートされるようになります。

また、今回一番力を入れているのがアプリケーション シナリオのサポート拡張です。特に SQL Server は 2012 SP4、2014 SP3、2016 SP2 など、最新の SQL Server 2019 以外にも既存のバージョンのサービスパックをサポートします。これらのバージョンを利用されていた方には、大変お待ちいただいていたのではないかと思うのですが、、、Arcserve RHA 18.0 SP2 で安心してご利用いただけるようになります。

Arcserve Replication / High Availability 18.0 新機能のご紹介 P.8

Rha18sp2

Arcserve RHA 18.0 SP2 はこちらのページからダウンロードしてください!

Arcserve RHA 18.0 SP2 ダウンロード リンク

 

■ Arcserve UDP 7.0 Update2 では AWS 大阪リージョンを新たにサポート

Arcserve UDP 7.0 Update2 では新たに AWS の大阪ローカル リージョンをサポートします。

東京リージョンをご利用の方は災害対策サイトとして大阪リージョンを使えるようになります。復旧ポイントのコピー/ファイルコピー機能でバックアップデータを Amazon S3 に複製したり、仮想スタンバイ機能で Amazon EC2 仮想マシンとしてシステムを起動したりできます。

Arcserve UDP 7.0 新機能のご紹介 P.16

Udp7u2

 

さらに、Arcserve UDP 7.0 Update2 では vSphere 7.0 にも対応しました!仮想マシンのエージェントレス バックアップや仮想スタンバイ、インスタントVM ができるようになります。

vSphere 7.0 に対応するためには、VDDK のバージョンアップが必要です。また、Linux マシンのインスタントVMを行うためのパッチも出ています。詳しくは動作要件をご覧ください。(2020年7月1日追記)

NetApp Data ONTAP 9.7 や Nutanix AHV AOS 5.15 も動作要件に追加されました。Nutanix AHV AOS 5.15 についてもパッチの適用が必要です。(2020年7月21日追記)

動作要件や、Arcserve UDP 7.0 Update2 ダウンロードなどの詳細はこちらです。

Arcserve UDP 7.0 動作要件

Arcserve UDP 7.0 Update 2 について

 

なお、Arcserve UDP 7.0 Update2 ではセキュリティ対応のため、Arcserve UDP コンソールのデータベースとして SQL Server 2014 SP2 Express 以降が必要になります。Arcserve UDP v6.0 以前から Arcserve UDP コンソールを使っている方は、以下の KB も参考にしながら SQL Server のバージョンアップも行ってください。

コンソール コンポーネントへの UDP 7.0 Update 2 適用時の注意点

 

■ おまけ 1:Arcserve UDP Cloud Direct が vSphere 7.0 などに対応!

先日 Twitter(Arcserve_jp)でも案内しましたが、Arcserve UDP Cloud Direct の動作要件も更新されています。

Windows Server 2019 IoT / IoT for Storage がバックアップできるようになったほか、エージェントレスバックアップで vSphere 7.0/6.7 の仮想マシンに対応しています!

また、SQL Server 2019 のバックアップも可能になっています。(2020年6月11日追記)

Arcserve UDP Cloud Direct 動作要件

 

■ おまけ 2:Arcserve Backup 18.0 も SQL Server 2019 と vSphere 7.0 に対応!

Arcserve Backup 18.0 では SQL Server 2019 のサポートが追加されました。詳しくは動作要件をご覧ください。サービスパックではありませんが、パッチの適用が必要です。

また、vSphere 7.0 のエージェントレス バックアップにも対応しました。これも VDDK のアップグレードが必要などの注意点がありますので、動作要件をご覧ください。(2020年6月24日追記)

Arcserve Backup 18.0 動作要件

 

以上、ホテがお伝えしました。

2020年5月25日 (月)

6月10日(水)テレワークのセキュリティをテーマにオンライン セミナーを開催予定です。

新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言が全面解除の見込みです。一方で感染拡大のリスクはまだ残っており、在宅勤務/テレワークを継続する企業も多くいらっしゃることでしょう。

これからのテレワークの形にお悩みの情報システム関係の方は、こちらのオンラインセミナーをご覧になってみてはいかがでしょうか?

BCPの有識者をゲストに招き、テレワーク下での事業継続/データ保護の鉄則を解説。さらにシステム規模に応じた対策を「稟議の上げ方」とともに具体的に解説します。

詳細・申し込みはこちらから↓

――――――――――――――――――――――――――――――

Title_arcservejapansbcs_

https://event.on24.com/wcc/r/2364625/55BB612EA1B74CF3331D61BC859442F2

パンデミック、自然災害、巧妙化するセキュリティ脅威――
働き方改革/テレワーク時代、ビジネスをどう守るか?

配信日時 : 2020年6月10日(水)15:00~


このセミナーで分かること

  • 安全にテレワークを実践するには?
  • テレワークを始めたが、セキュリティを確実に担保するには?
  • 万一、データが消失・漏えいすると何が起こる?
  • 事故が起きたらどうすれば? 起きないためにはどうすれば?
  • 「低予算で、今すぐ」安全なテレワーク環境を構築するには?
  • 「承認してもらえる」ツール類の導入稟議の上げ方

 

プログラム

  1. 働き方改革、テレワークを取り巻くトレンド
  2. 改めて整理したい「リモートワーク」や「災害時」のリスクとは?
  3. バックアップ体制構築のポイント
  4. ではどうすべきか~喫緊の課題「テレワークのリスク」とあるべき対策とは
  5. “稟議にも使える” 規模別災害対策

――――――――――――――――――――――――――――――

以上、ホテがお伝えしました。

2020年5月22日 (金)

Cloud Directのバックアップを支える仕組み②:転送失敗時は自動リトライし回線復帰後は未送信分の転送を再開

Arcserve UDP Cloud Directのバックアップを支える仕組みとして資料で3つ紹介しています。

資料:Arcserve UDP Cloud Direct のご紹介


Cd1

2番目にあげられていますがCloud Directはネットワーク障害でも安心の機能が備わっています。
ネットワーク障害等で転送が失敗した場合でも、自動リトライだけでなく回線復帰後の未送信分転送を行います。
これによって回線の不調でバックアップが取れていなかったという事態を防ぐことができます。

続きを読む "Cloud Directのバックアップを支える仕組み②:転送失敗時は自動リトライし回線復帰後は未送信分の転送を再開" »

2020年5月15日 (金)

テレワーク中の PC を簡単にバックアップする2つの方法

新型コロナウイルス対策でテレワークを始めているお客様から、PC の中にあるデータをどのようにバックアップすればよいのか、というご相談をいただく事が多くなっています。

Arcserve Japan ではテレワークを支援するため、 Arcserve UDP の無償版を提供している他、Arcserve UDP Cloud Direct の3ヶ月版を低価格で発売しました。

この記事では Arcserve UDP と Arcserve UDP Cloud Direct(以下 Cloud Direct)がそれぞれどんな方に向いているのか考えてみます。

 

■ 無償版 Arcserve UDP (SOHO、小規模企業、フリーランスの方向け)

Arcserve UDP はイメージバックアップソフトで PC をシステム丸ごと復旧するのが得意な上、ファイル/フォルダ単位でのリストアもできます。

バックアップと言うと時間がかかる印象をお持ちかもしれませんが、Arcserve UDP では2回目以降のバックアップは増分バックアップとなり、前回からの変更分のみをバックアップするので、バックアップ時間も短いです。

01_udp

 

続きを読む "テレワーク中の PC を簡単にバックアップする2つの方法" »

2020年5月14日 (木)

耳より情報: 商取引の重要証拠のメールデータもクラウドにアーカイブ ~ メールアーカイブ製品のクラウドサービス提供とパートナー様のご紹介!

こんにちは。
今回の耳寄り情報は、皆さんが日々の業務で受発信するメールを自動的にクラウドに保管して、取引先との過去のやり取りや情報を必要な時に素早く取り出せるメールアーカイビングサービスを紹介しています。
 
再掲コラムがお気に召したら、メルマガの定期購読をぜひお願いします。
メルマガの定期購読はここからお申し込みいただけます。
https://learn.arcserve.com/l/466321/2019-01-15/21v15d?_ga=2.226943709.1344234579.1549439962-1521067603.1549439962
  
ではここからコラム再掲です。
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃[1] 耳より情報:商取引の重要証拠のメールデータもクラウドにアーカイブ
┃ ◆◇ メールアーカイブ製品のクラウドサービス提供とパートナー様のご紹介!
┃                                          ~ Arcserve UDP Cloud Archiving ~ ◇◆
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
皆様、お久しぶりです。少し間が空きましたがコラムも再開です。
ようやく在宅業務やTV会議にも慣れてきましたが、その分、運動不足が心配な今日この頃です。皆さま、体調管理に気を配り、この難局を乗り切りましょう。
  
さて今回は、先日WEBで公開したArcserve UDP Cloud Archivingとソースポッド様との協業記事についてのご紹介です。記事では協業に至った経緯や、メール運用が抱える問題点などをお話しさせていただいています。
https://learn.arcserve.com/e/466321/ue-detail-20200408-173495-html/2hkmbl/363369961?h=WGtRd4Z25crlWgXguXG-_EdVg4cTJ5Cf4MzBAYfuvEU
  
また、ソースポッド様のオフィシャルなURLはこちらです。
  
既にご存知の方も多いと思いますが、Arcserve UDP Archivingは仮想アプライアンスで提供する製品であり、そのクラウド サービス版がArcserve UDP Cloud Archivingです。
メールサービスをクラウド移行されたお客様にとっては、アーカイブもクラウドサービスで利用し、その利便性とコストメリットを損なわず運用できる必要があります。
その意味で、Arcserve UDP Cloud Archivingはクラウドメールサービスをアーカイブするための最適なサービスです。
ソースポッド様は、クラウド型のコミュニケーションツールや、そういったツールと一緒に利用可能なフィルタリングサービス等を提供されているベンダ様です。最新のコミュニケーションツールに対するノウハウも多く、そのソースポッド様に選択いただけたArcserve UDP Cloud Archivingなら利便性だけでなく技術的にも、安心してメールアーカイブをご利用いただけます。
  
この記事では紙面の制約もあるため十分にお伝えしきれなかった点を2つ、ご紹介させてください。

続きを読む "耳より情報: 商取引の重要証拠のメールデータもクラウドにアーカイブ ~ メールアーカイブ製品のクラウドサービス提供とパートナー様のご紹介!" »

2020年5月 1日 (金)

【Arcserve UDP <前編>を「Webセミナー」で開催中!】

新型コロナウイルス感染症の動向を鑑み、現在セミナーが中止となっております。

ハンズオンセミナーと同等の内容を録画したWebセミナーを実施しております。
いつでも、ご自分の好きな時間に視聴いただけます。
ぜひご参加ください。

本トレーニングでは Arcserve UDP エージェントのインストールから
バックアップ・復旧など運用上必要な操作を一通り動画でご覧いただけます。

実際に構築作業を控えているエンジニアの皆様から
「簡単だった!」と好評頂いている無償ハンズオントレーニングの内容をそのままに、
ご自席で、ご自宅で、いつでも視聴いただけます。

お申込はこちらから

Webseminar

以上、鉄道大好きエヌエスがお伝えしました。

 

<関連 Web セミナー>

UDP 前編以外にもハンズオンセミナーを動画化しています。ぜひご参加ください!

【Web セミナー】『Arcserve UDP <前編> 簡単、まるごと、イメージバックアップ』

【Web セミナー】『Arcserve UDP <後編> 簡単、まるごと、イメージバックアップ』

【Web セミナー】『災害対策・業務継続に! Arcserve Replication/HA<前編>』

【Web セミナー】『災害対策・業務継続に! Arcserve Replication/HA<後編>』

【Web セミナー】『Arcserve Backup 「入門コース」』

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »