フォト

関連情報

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Webセミナー

  • ■Replication テクニカルコース

    無償ハンズオントレーニングを
    WEBセミナーで受講いただけます
  • ■High Availability テクニカルコース

    無償ハンズオントレーニングを
    WEBセミナーで受講いただけます
無料ブログはココログ

« 耳より情報:テレワークで増えているMicrosoft 365で強固なバックアップを実装 ~リモートワーク環境のデータ損失の備える対策とは?~ | トップページ | テレワークでもバックアップは必要不可欠です「Arcserve UDP Cloud HybridでのOffice 365のバックアップ」 »

2020年6月12日 (金)

UDP Cloud Hybridは、災害対策環境(クラウド上)を僅か7営業日で提供!接続設定するだけで利用開始!

オンプレミスにあるUDPのRPS(復旧ポイントサーバ)から
クラウド上に構築したRPSへレプリケートをすることで、
強固な災害対策環境を構築することが可能です。

ただ、ここで気になるのは、
・クラウド上にRPSを構築することが結構面倒で時間がかかってしまうのではないか?
・完成形をパッケージングされて提供されていれば簡単に利用できるのに。
ということではないでしょうか。

そこで登場したのが「Arcsesrve UDP Cloud Hybrid(クラウドハイブリッド)」です。

Arcserve UDP Cloud Hybridであれば、注文するだけで
あとはArcserveが用意したクラウド上にArcserve自身がRPSを構築します。
しかもバックアップサービス環境(BaaS)はなんとわずか7営業日でご提供します。

■納期について(UDP Cloud Hybridのご紹介)
P.8 「クラウド利用まで最短で7日」

Ch1

 

注文後、Arcserveからはクラウド上のRPSへ接続するための情報「接続情報」をEメールでお送りします。
あとは接続情報を使ってRPSへアクセスするだけですので、簡単に利用を開始できます!

■Arcserve UDP Cloud Hybrid スタートアップガイド
P.4(PDF P.8)「2.1 Arcserve UDP Cloud Hybrid サービス接続情報の確認」

Ch2
+++

以上、Koichiがお伝えしました。

 

« 耳より情報:テレワークで増えているMicrosoft 365で強固なバックアップを実装 ~リモートワーク環境のデータ損失の備える対策とは?~ | トップページ | テレワークでもバックアップは必要不可欠です「Arcserve UDP Cloud HybridでのOffice 365のバックアップ」 »

Arcserve UDP (旧製品名 Arcserve D2D)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 耳より情報:テレワークで増えているMicrosoft 365で強固なバックアップを実装 ~リモートワーク環境のデータ損失の備える対策とは?~ | トップページ | テレワークでもバックアップは必要不可欠です「Arcserve UDP Cloud HybridでのOffice 365のバックアップ」 »