« サーバや PC のバックアップはなぜ必要?基本に戻って考えてみた。 | トップページ | バックアップを始める前に考える 3W2H »

2020年9月11日 (金)

Arcserve UDP Cloud Direct はバックアップデータの「世代管理」がシンプル!設定であれこれ悩むことはありません。

今お使いのバックアップソフトで、例えば、
(a) 毎日バックアップを行い、
(b) バックアップデータを7年間保持する。
という設定方法がすぐに思い浮ぶでしょうか?

これを Arcserve UDP Cloud Direct ではあっという間に設定できてしまいます。

Arcserve UDP Cloud Direct のバックアップ サービス(BaaS)では、バックアップ先のストレージ(クラウド ボリューム)の設定画面で、保持を希望する期間を7日、14日、1か月、1年、2年、3年、7年、10年、無期限の選択肢から選びます(※1)。

従いまして、先ほどの例の設定を行うには保持期間(保存期間)として「7年」を選択します (b)。下の画像は BaaS でボリュームを作成する画面です。自動的に月単位/日単位/年単位で保存数が設定されているのが分かります。

Cd_volume

Arcserve UDP Cloud Direct での復旧ポイントの保存期間

 

また Arcserve UDP Cloud Direct の BaaS ではバックアップの間隔は1日で固定されています(※2)(a)。

つまり、Arcserve UDP Cloud Direct のバックアップ データの世代管理(保持期間管理)の設定は、1日1回バックアップされるデータをどのくらいの期間保管するか選択するだけとシンプルですので非常に分かりやすいです。

 

このようにバックアップ先のストレージ(クラウド ボリューム)ごとに保持期間を設定する仕組みになっているので、複数のバックアップ対象を異なる保持期間でバックアップしたいという際にはクラウド ボリュームを分ける必要があります。

クラウド ボリュームをまとめてしまうと、短い保存期間でも良いバックアップ データまで長期間保存されてしまい、ストレージの容量が足りなくなってしまうという事が起こり得るのでご注意ください。

Arcserve UDP Cloud Direct における長期保管 (1 年以上) について

 

Shutterstock_522558049

 

■関連資料です。

Arcserve UDP Cloud Directカタログ

耳より情報:Arcserve UDP Cloud Directのバックアップ時間、サイズ、課金は?

マルチ タスクで容量上限を突破! Arcserve UDP Cloud Direct の新機能とは?

 

■15日間無料トライアルも用意しています。

トライアルご紹介ページ
 一番右の「Arcserve UDP Cloud Direct」の「無償トライアル」からお進みください

 

+++

以上、Koichiがお伝えしました。


※1: Arcserve UDP Cloud Direct スタートアップガイド【Windows編】P.36「5.1 バックアップ先ボリュームの作成」 [バックアップ先ボリュームの追加]画面の「保存」欄でクラウドにバックアップ データを保持する期間を選択します。

※2: Arcserve UDP Cloud Direct スタートアップガイド【Windows編】P.44「5.5.3. 保護するタイミングの設定」バックアップ スケジュール間隔は BaaS では「1日ごと」で固定です。
DRaaS では「15 分ごと」、「1 時間ごと」、「6 時間ごと」、「1 日ごと」のいずれかを指定できます。

« サーバや PC のバックアップはなぜ必要?基本に戻って考えてみた。 | トップページ | バックアップを始める前に考える 3W2H »

Arcserve Cloud Direct」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« サーバや PC のバックアップはなぜ必要?基本に戻って考えてみた。 | トップページ | バックアップを始める前に考える 3W2H »