« Arcserveが安く購入できるってご存じでしたか!?教育ICT関係者は必見のアカデミック版 | トップページ | Arcserve UDP Appliance を買い替えた後の設定方法 »

2020年11月13日 (金)

クラウド3製品のそれぞれについて、保存データが契約したストレージ容量に達した場合どうなるかをまとめました。

Arcserveではクラウド製品として「Arcserve UDP Cloud Direct」「Arcserve UDP Cloud Hybrid」「Arcserve Email Archiving Cloud」の3製品をご用意してます。

今回、それぞれ製品で契約ストレージ容量を超えた場合にどうなるか。また超える前に知る方法について、各製品のFAQを元にまとめました。

 

◆ Arcserve クラウド3製品の容量超過とアラートについて

製品 超過した場合(質問部分はFAQへのリンクです) 超過前のアラート
Arcserve UDP Cloud Direct

Q33. 契約した容量を超えてバックアップを行なった場合はどうなりますか?

契約容量を超過してから 30 日を過ぎるとバックアップおよびリストアが行えなくなります。

ストレージの使用量が契約容量の 85% を超過すると、コンソール画面とメールにてアラートが発行されます。
Arcserve UDP Cloud Hybrid

Q5. バックアップ データが購入したストレージ容量に達した場合はどうなりますか?

購入済みのストレージ容量に達すると、レプリケ ート ジョブ(Office 365 の場合バックアップ ジョブ)が失敗し、それ以上バックアップ データを保存できなくなります。

バックアップ データの容量が契約容量の 95% に達した時点で指定のメール アドレスにアラート メールが送信されます。

Arcserve Email Archiving Cloud

Q6. 購入したストレージ容量に達した場合はどうなりますか?

保存データ容量が契約済みストレージ容量の 90% を超えた時点で新しいメールのアーカイ ブが停止します。

保存データ容量が購入済みのストレージ容量の 80% を超えた時点で指定のメール アドレスにアラート メールが送信されます。

 

保存されているデータ量には注意していただき、超える前に追加のストレージリソースを購入するようお願いします。

Storage

+++

以上、Koichiがお伝えしました。

« Arcserveが安く購入できるってご存じでしたか!?教育ICT関係者は必見のアカデミック版 | トップページ | Arcserve UDP Appliance を買い替えた後の設定方法 »

Arcserve Email Archiving」カテゴリの記事

Arcserve UDP Cloud Direct」カテゴリの記事

Arcserve UDP Cloud Hybrid」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Arcserveが安く購入できるってご存じでしたか!?教育ICT関係者は必見のアカデミック版 | トップページ | Arcserve UDP Appliance を買い替えた後の設定方法 »