« Arcserve UDP Cloud Directのサブスクリプション期間を延長する方法は、継続のオーダーIDとフルフィルメントNo.をCloud Consoleから追加するだけです。 | トップページ | アプリケーションの HA には Arcserve UDP Premium Plus Edition がおトク? »

2021年1月29日 (金)

更に使い易くなった ! Arcserve Email Archiving 6.5 Update 1

厳しい寒さと、新型コロナウイルスによる感染拡大の影響が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。今回は、メールアーカイブについて、お話ししたいと思います。

 

■ メール アーカイブはなぜ必要?

メールアーカイブという言葉に、まだ馴染みのない方に簡単に説明すると、法規制や訴訟等に対応するため、送受信された全てのメールを長期間にわたり、管理・保管することです。

メールの保管は、バックアップで充分という方や、メールアーカイブの必要性がピンとこないという方は、例として10年前のX月中旬の〇〇様からのメールが必要となった場合を考えてみましょう。

自分のPC内にアーカイブデータがあれば調べることもできますが、多くの場合メールサーバ上からデータが消えてしまっていて、PCのリプレイス時や故障時等で、PC内の古いメールデータも無くなってしまっているのではないでしょうか?

メールサーバのバックアップがあるはずだから大丈夫と思っていたら思わぬ落とし穴にあうかもしれません。バックアップデータをリストアするには、IT管理者に依頼しなければなりませんが10年前のメールデータを果たしてすぐに入手できるでしょうか。

IT管理者がバックアップのテープから10年前の目的のメールを探す場合を考えてみましょう、10年前となると担当者も違っているかもしれません、テープの本数もたくさんあり、どれが該当するテープか特定するのも困難になっているかもしれません。

20210113_13h18_45

 

■ 電子メールアーカイブには Arcserve Email Archiving がオススメ!

メールアーカイブ製品があれば、10年前であっても簡単に目的のメールを見つけることができます。

新型コロナウイルスの影響でリモートワークが増え、誰もが使っている共通のコミュニケーションツールとして、以前にも増してメールの重要性が高まってきています。メールはその汎用性から、個人の1日当たりのメール受信数は平均50通とも言われています。日々増加するメールデータの中から目的のメールを見つけるのに苦労した経験は、みなさんもお持ちではないでしょうか。

そんな時、高速に大量のメールデータから検索してくれるのが Arcserve Email Archiving です。検索パターンを保存して再び呼び出すこともできますし、重要なメールにタグを追加して判別しやすくすることもできます。検索して見つかったメールを表示させるだけでなく、自身で eml や PDF 形式で直ぐにダウンロードすることもできるので、IT管理者に依頼することも不要です。

その他のメリットとしては、メールシステムを変更する場合が挙げられます。Arcserve Email Archivingでアーカイブしていれば、メールシステムを Google Workspace (G Suite) から Microsoft 365 へ切り替えようが、送信元となるメールサーバを変更するだけで継続して Arcserve Email Archiving を利用できます。

※ 2021年1月時点で最新の Arcserve Email Archiving 6.5 Update 1 がサポートするメールシステムは、Exchange Server 2010~2019、Postfix 3.0~3.3、Microsoft 365 (Exchange Online), Google Workspace (G Suite)です。詳細については、Arcserve Email Archiving 6.5 Update 1 の 動作要件 をご確認下さい。

一般的にメールシステムを変更しようとしたとき、メールデータの変換が大変な作業になる場合が考えられますが、Arcserve Email Archiving を利用していれば、非常に多くの工数の削減が見込めます。Arcserve Email Archiving により、このようなメールシステムによるベンダーロックインからも解放されます。

そんな Arcserve Email Archiving ですが、2020年6月に Arcserve UDP Archiving から名称変更いたしました。それから約半年後の2021年1月に Arcserve Email Archiving 6.5 Update 1(以下EA 6.5 Update 1)が様々な機能を強化し公開されたので、ご紹介したいと思います。

 

■ Arcserve Email Archiving 6.5 Update 1 の新機能

☆新機能1:[検索機能の強化]

Arcserve Email Archiving と言えば、高速な検索機能がウリですが、メールデータが多くなればなるほど、絞り込み検索が重要になってきます。

EA 6.5 Update 1 ではインターフェースが強化され、これまでは AND、OR 検索、宛先や差出人の指定、添付ファイルタイプ、期間等を指定しての絞り込み検索でしたが、さらに検索結果件数の絞り込みに役立つ、CC、BCC の宛先指定や添付ファイル名での文字列検索も可能になりました。
同様に Outlook からアーカイブされたメールにアクセスを可能にする Outlook プラグインも新しくなり CC、BCC、添付ファイル名からも検索できるようになっています。

Photo_20210125165401

さらに、Microsoft 社の TNEF(リッチ テキスト)形式のメールへも新たに対応しました。TNEF 形式は開封確認、配信レポートメールでも使われているので、誰がいつメールを開封したかも検索できるようになります。

また、検索結果が多く複数のページになってしまっても、ページを跨がって選択したメールを纏めてダウンロードできるといった細かい機能も追加されています。

20210106_14h12_09-2

 

☆新機能2:[新しいマイグレーションユーティリティ]

マイグレーションユーティリティは、メールサーバやメールクライアント、他社製のアーカイブデータ等からエクスポートされた、PST, Mbox, EML ファイルを、Arcserve Email Archiving へ移行するツールです。Arcserve Email Archiving を使い始める際に、これまで蓄積された過去メールを取り込むために利用します。

EA 6.5 Update 1 よりこのマイグレーション ユーティリティが新しくなりました。オプションを指定することで、詳細なログの出力や、マルチスレッド化に対応し最大 10 スレッド(デフォルト1)で高速にインポートすることができます。移行結果もログの他、管理者の Web コンソールからも確認することができます。

 

☆新機能3:[グループ機能の強化]

Arcserve Email Archiving の管理者は、グループの作成とグループマネージャーの割り当てができます。グループマネージャーは、Arcserve Email Archiving の監査役のようにグループメンバのメールを検索し表示できます。

EA 6.5 Update 1 よりグループマネージャーやグループメンバに Exchange の配布グループを利用できるようになり、Arcserve Email Archiving でグループ設定に利用できるユーザの範囲が拡張されました。

この機能を利用するには、Arcserve Email Archiving 管理者の画面で、LDAP サーバを追加します。LDAP サーバが追加されれば、Arcserve Email Archiving が Active Directory(LDAP サーバ)と連携して1日1回配布グループのメンバーシップの更新を行うので、Exchange 側で配布グループのメンバに変更があった場合でも、Arcserve Email Archiving 側でのグループメンバ追加や削除といった作業が不要になります。

 

☆番外編[OAuth 2.0 に基づく先進認証への対応]

EA 6.5 Update 1 の新機能ではありませんが、ちょうど同時期に過去メールを Microsoft Exchange Web サービス(EWS)を利用しインポートするツール向けの Exchange Online 先進認証対応パッチを公開したのでご紹介します。

Microsoft 社では、2020年10月より新規ユーザの Exchange Online 環境に対し、基本認証を既定で無効化し提供しています。既存のユーザはというと、同月時点で基本認証の利用が記録されていない場合、基本認証が無効化されるとのことです。基本認証を使用して Exchange Online へ接続しているアプリケーションユーザも2021年の後半には、基本認証を使用できなくなる可能性があります。

※ Microsoft 社の認証の詳細については、「OAuth を使用した EWS アプリケーションの認証」を参照してください。

Exchange Online で基本認証が無効化されると、セキュリティが強化された先進認証を利用することになります。 Arcserve Email Archiving を利用する際に Exchange Online の先進認証を意識しなければいけないのは、Exchange Online と Exchange 環境に対応したインポートツール(EWSimport)を利用している場合です。

これまでインポート方法は、ユーザ毎にインポート作業を繰り返し行う必要がありましたが、EWS を利用したインポート方法では、メール サーバ上にある特定のユーザはもちろん、全てのユーザの全メールを一括でインポートできます。

インポートジョブをスケジュールする機能もあり、夜間にジョブを動作させることや、時間内にインポートが終わらなかった場合は、翌日のスケジュールのタイミングで再開させるといったこともできます。

この機能は、オンプレミスの Exchange Server、Exchange Online どちらも利用できますが、オンプレミスでは基本認証、Exchange Online では先進認証を利用します。

先進認証が有効な Exchange Online 環境に対して EWSimport を利用するには、事前にP00002102 パッチのインストールを行ってください。

 

尚、Arcserve Email Archiving Cloud も Arcserve Email Archiving 6.5 Update 1 でのインスタンス提供が予定されております。

最後に Arcserve Email Archiving は、仮想アプライアンスなので、対応する環境さえあれば簡単に構築・運用を開始できる製品です。Arcserve の他の製品同様に試用ライセンスも提供しています。

これからメールアーカイブを検討されるお客様、他製品から乗り換えを検討されるお客様、是非この機会に Arcserve Email Archiving をお試し頂けると幸甚です。

Arcserve Email Archiving の詳細については、こちらのドキュメントもご確認ください。
Arcserve Email Archiving 製品カタログ
Arcserve Email Archiving ご紹介プレゼンテーション
Arcserve Email Archiving よくある質問と回答
Arcserve Email Archiving ライセンスガイド
Arcserve Email Archiving スタートアップガイド

« Arcserve UDP Cloud Directのサブスクリプション期間を延長する方法は、継続のオーダーIDとフルフィルメントNo.をCloud Consoleから追加するだけです。 | トップページ | アプリケーションの HA には Arcserve UDP Premium Plus Edition がおトク? »

Arcserve Email Archiving」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Arcserve UDP Cloud Directのサブスクリプション期間を延長する方法は、継続のオーダーIDとフルフィルメントNo.をCloud Consoleから追加するだけです。 | トップページ | アプリケーションの HA には Arcserve UDP Premium Plus Edition がおトク? »