« Arcserve UDP ベアメタル復旧はどっちの復旧モードを選ぶべき? | トップページ | Microsoft Hyper-V 環境では、Arcserve UDP エージェント(Windows)はホスト レベルの保護および仮想マシン(VM)レベルの保護の両方を提供します。 »

2021年3月 5日 (金)

Arcserve Cloud Direct のレポートでバックアップの状況を一目でチェック!

一部のスクリーン ショットを 2023年3月22日時点のものに差し替えました。

Arcserve Cloud Direct はバックアップ サーバを使わずに、インターネット経由でデータをバックアップできるクラウド サービスです。この特長を生かし、複数拠点のファイルサーバやテレワークで利用される PC など、個々にバックアップ サーバを設置するのが難しい環境のサーバ/PC のバックアップに活用いただいています。

管理者は離れた場所にある複数のサーバ/PCのバックアップを管理することになりますが、日々の運用の中では「バックアップが無事完了しているかをどのように確認すればよいのか?」という課題が出てきます。そこで今日はバックアップの状態確認に便利なレポート機能をご紹介します。

 

1. レポートの見方

Arcserve Cloud Direct では Arcserve Cloud Console というクラウド上のコンソールで操作を行います。Arcserve Cloud Console にログインすると以下の画面になります。左ペインの [分析] を開き、さらに見たいレポートをクリックします。今回は一番よく使うであろう [バックアップ ジョブ] レポートを開きます。

01_backup_job_report_20230322152301

(画像には一部編集を加えております、、、)

 

バックアップ ジョブ レポートでは過去1か月のバックアップ ジョブの結果がグラフで表示されています。もしバックアップに失敗したマシンがあれば、異なる色で表示されるので一目でわかります。さらに画面を下にスクロールするとジョブの詳細が一覧で表示されています。

バックアップ ジョブ レポート以外にも以下の種類のレポートがありますので、見てみてください。

・データ転送レポート

・容量の使用状況レポート

・復旧ポイント レポート

・ソース保護レポート

 

2. レポートのカスタマイズとエクスポート

左上の検索ボックスで、レポートに含むデータを絞り込めます。ソース(バックアップ対象マシン)の名前で絞り込みもできますし、下三角▼ボタンをクリックすれば、ジョブの実行期間やポリシー、デスティネーション、グループなどで絞り込みもできます。

02_report_filter

 

また、このレポートを CSV ファイルとしてエクスポートすることもできます。画面右上の [エクスポート] ボタンをクリックします。

03_export_report

 

ログイン ユーザのメールアドレスにレポートの通知メールが飛びます(※1)。メールの [レポートのダウンロード] をクリックすると CSV ファイルとしてダウンロードできます。

Mail_sample

 

ダウンロードした CSV ファイルはこんな感じです。

05_sample_csv

 

これを編集して Excel などの表計算ツールで分析したり、より高度なレポートを作ったりできます。

 

3. レポートのスケジュール

最新の情報だけではなく、定期的にレポートを作成して後から履歴を確認したいという場合には、スケジュールを設定してレポートを自動作成することもできます。

[レポートの作成] ボタンをクリックします。

06_schedule_report

 

[レポート名] やレポートに含めるソース、レポートの受信者を入力します。[スケジュールの設定] を選択し、レポートを配信する時刻と周期を指定します。[周期] に「毎週」を選んだ場合は [曜日] も、「毎月」を選んだ場合は [日付] も指定します。

07_report_creation

 

ここで作ったレポートは [レポート スケジュールの管理] で後から編集することもできます。受信者のアドレスを追加したい時などにご利用ください。

8_report_schedule_mamanegement

 

こちらはレポート作成時に送られた通知メールのサンプルです。[詳細なレポートの表示] をクリックし、Arcserve Cloud Console にログインするとレポートが確認できます。

09_report_notification

 

以上、ホテがお伝えしました。たくさんのサーバ/PC をバックアップする際には Arcserve Cloud Direct のレポート機能をぜひ活用ください!


※1 メールの送信元は Arcserve Support(Arcserve サポート)で、送信元アドレスは noreply@arcserve.com です。メールが届かない場合は、スパム メールとしてフィルタされていないかご確認ください。

« Arcserve UDP ベアメタル復旧はどっちの復旧モードを選ぶべき? | トップページ | Microsoft Hyper-V 環境では、Arcserve UDP エージェント(Windows)はホスト レベルの保護および仮想マシン(VM)レベルの保護の両方を提供します。 »

Arcserve Cloud Direct」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Arcserve UDP ベアメタル復旧はどっちの復旧モードを選ぶべき? | トップページ | Microsoft Hyper-V 環境では、Arcserve UDP エージェント(Windows)はホスト レベルの保護および仮想マシン(VM)レベルの保護の両方を提供します。 »