« Arcserve BackupでクラウドVMをバックアップ!サポートするクラウド システム(IaaS/PaaS)と構成のポイントをご紹介します。 | トップページ | Arcserve UDP 8.0 新機能紹介(1):バックアップ/リストア用ネットワーク指定の強化 »

2021年4月30日 (金)

Arcserve UDP 8.x の「データ容量課金」は「サブスクリプション」がお求めやすくなっています。

Arcserve UDP には下図の通り「サーバ台数 課金」「CPU ソケット数 課金」「データ容量 課金」の3種類の課金方法があります。

このうちの「データ容量 課金」はサーバ台数や CPU ソケット数に関わらず保護対象サーバの総データ容量分のライセンスを購入する課金方法です()。

今回リリースの Arcserve UDP 8.x(※1)からは従来の無期限ライセンスだけでなくサブスクリプションでも「データ容量 課金」を導入しましたが、この「サブスクリプション」は実はたいへんお求めやすくなっています。

※総データ容量ではない一部の保護対象については「Arcserve UDP 8.x ライセンスガイド』P.6を参照してください。

Photo_20210428175901

具体的な金額を「Arcserve UDP 8.x Advanced Edition - Managed Capacity 1TB」を例に比較すると、「無期限ライセンス+1年メンテ付き」が1年目に 615,000円(税抜)で、2年目以降の更新価格 103,000円(税抜)となるところ、サブスクリプションは1年目が 100,000円で2年目以降も 100,000円となります。

つまり、従来からの無期限ライセンス+メンテナンスに比べ、サブスクリプションは初回新規価格だけでなく更新価格も安くなっているのです。

Photo_20210428180601

このように、Arcserve UDP 8.x の「データ容量課金」は「サブスクリプション」がお求めやすくなっています。

サーバ台数や CPU ソケット数が多いのでデータ容量課金の方がお得かもしれないという場合は、Arcserve UDP 8.x 「データ容量課金」の「サブスクリプション」での見積もりも併せてお問い合わせください。

<Arcserve UDP 8.x 価格表>

Arcserve UDP 8.x サブスクリプション価格表

Arcserve UDP 8.x 無期限ライセンス+メンテナンス価格表(Advanced, Premium, Premium Plus)

Arcserve UDP 8.x メンテナンス更新価格表

https://app.cocolog-nifty.com/cms/blogs/659063/entries/92713567

 

その他、価格表は Arcserve.com 「購入方法と製品価格表」で UDP をクリックして表示されるページに掲載しています。

 

++++

以上、Koichiがお伝えしました。

 

<関連記事>

Arcserve UDP キャパシティライセンスとは・・・

Arcserve UDP 8.x から大々的にサブスクリプションが導入されました (従来型とサブスクリプション型での製品選択方法の違い)。

 


※1 Arcserve UDP 8.0 やそのマイナーリリースの Arcserve UDP 8.1 を総称して Arcserve UDP 8.x と表記しています。

Arcserve UDP 8.1 公開!「8.0」とは何が違う!?

« Arcserve BackupでクラウドVMをバックアップ!サポートするクラウド システム(IaaS/PaaS)と構成のポイントをご紹介します。 | トップページ | Arcserve UDP 8.0 新機能紹介(1):バックアップ/リストア用ネットワーク指定の強化 »

Arcserve UDP (旧製品名 Arcserve D2D)」カテゴリの記事

購入方法、注文・納品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Arcserve BackupでクラウドVMをバックアップ!サポートするクラウド システム(IaaS/PaaS)と構成のポイントをご紹介します。 | トップページ | Arcserve UDP 8.0 新機能紹介(1):バックアップ/リストア用ネットワーク指定の強化 »