« 2021年7月 | トップページ | 2021年9月 »

2021年8月の4件の記事

2021年8月27日 (金)

Arcserve UDP 8.x で新しくなった Nutanix 専用ライセンス

2021年4月にリリースされた Arcserve UDP 8.0 より「Advanced Edition for Nutanix」というエディションが新設されました。これ1つで Nutanix HCI 環境の保護ができるという優れものです。従来バージョンと比べて何が新しくなったのか見ていきましょう。

 

◆ 新しくなったポイント1:どのハイパーバイザーにも対応できる

Advanced Edition for Nutanix は、Nutanix HCI の上で動くハイパーバイザーを問いません。Arcserve UDP は Nutanix AHV、vSphere ESXi、Microsoft Hyper-V 仮想マシンのエージェントレス バックアップに対応していますが、このいずれも「Advanced for Nutanix」で行えます。

前バージョンの Arcserve UDP 7.0 では同じ Nutanix HCI だとしても「AHV は Advanced Edition for Nutanix AHV」「ESXi や Hyper-V は Advanced Edition」という区別がありましたが、Arcserve UDP 8.0 以降はハイパーバイザーを意識する必要がなくなりました!

運用の途中でハイパーバイザーを変更する場合でも、ライセンスの再購入や再申請が不要になるので安心です。

ハイパーバイザー Arcserve UDP 7.0 Arcserve UDP 8.x(※1
Nutanix AHV Advanced Edition for Nutanix AHV Advanced Edition for Nutanix に統合!!
vSphere ESXi / Microsoft Hyper-V Advanced Edition

 

<関連記事>

仮想マシンをバックアップする2つの方法(エージェントベースとエージェントレス)

導入事例:Arcserve UDP Appliance で Nutanix AHV の仮想化基盤をバックアップ

 

◆ 新しくなったポイント2:Nutanix Files のバックアップもできる

Arcserve UDP 8.0 では新機能として Nutanix Files のスナップショットと連携したバックアップができるようになっています。この機能を使う際に必要なライセンスも「Advanced Edition for Nutanix」です!VM の保護も Nutanix Files の保護も同じライセンス型番に揃えられます。

01_vms_and_files

<関連記事>

Arcserve UDP 8.0 新機能紹介(7):その他の新機能と機能改善

続きを読む "Arcserve UDP 8.x で新しくなった Nutanix 専用ライセンス" »

2021年8月20日 (金)

クラウド仮想サーバをバックアップする場合、Arcserve UDP 8.x Advanced Editionの必要ライセンスは1クラウド仮想サーバにつき1サーバ単位ライセンスです。

■Arcserve UDP はクラウド仮想サーバ(クラウド コンピュータ)のバックアップが可能です。

サポート条件としては、以下の条件全てを満たすクラウド システム (IaaS/PaaS) をサポートしています。

1. OS
- クラウド コンピュータ上でクラウド ベンダがサポートする OS とバージョン

2. アプリケーション
- クラウド コンピュータ上でアプリケーション ベンダがサポートするアプリケーションとバージョン

3. Arcserve Unified Data Protection サポート
- Arcserve UDP が物理マシン上でサポートする OS およびアプリケーションとバージョン

詳細は、Arcserve UDP 8.0 動作要件 - クラウド サービス (クラウドの仮想マシンで利用) を参照してください。

 

■では、クラウド仮想サーバをバックアップする場合に必要な Arcserve UDP 8.x のライセンスはどうなっているでしょうか?

ライセンスFAQ P.2「7. クラウド上のデータを保護する場合、Arcserve UDP のライセンスはどのように数えれば良いのでしょうか?」にこの説明が掲載されています。

必要ライセンスは、Arcserve UDP 8.x の Advanced Edition の場合はクラウド仮想サーバにつき1サーバ単位ライセンス、Premium Edition 及び Premium Plus Edition の場合は1クラウド仮想サーバにつき 1ソケット単位ライセンスとなります。

 

<参考例>

では実際に参考例をもとにライセンス数をカウントしてみたいと思います。

Arcserveによるクラウドを活用したデータ保護』 P.23「4-C) クラウド上の Arcserve ライセンスカウント例」の下図を例にすると、保護対象がAとBの2台の仮想マシン(クラウド仮想サーバ)ですので、Advanced Editionであれば Server 単位ライセンスが2本となります。

この時、復旧ポイントサーバを保護対象としない場合は復旧ポイントサーバ用のライセンスは不要です。復旧ポイントサーバも保護対象としてバックアップする場合は1本ライセンスが必要となります。

Cloududp

+++

以上、Koichi がお伝えしました。

 

※ クラウド仮想マシンのバックアップには容量課金ライセンスもご利用いただけます。容量の小さい VM が多数ある場合はこちらもご検討ください!!

Arcserve UDP 8.x の「データ容量課金」は「サブスクリプション」がお求めやすくなっています。

2021年8月13日 (金)

本番サーバ障害時に切り替え運用ですぐに業務を継続できますか?ユーザの更新データをリアルタイムに複製していますか?

あるユーザにとって、ファイルサーバのファイルを使って日々業務を行っているユーザにとっては、ファイルサーバが正常に動いていることは空気を吸うように当たり前の状態です。
ファイルサーバが動いているということ自体も意識せずパソコンに向かって作業をしています。

一方、あるIT担当者は、この平和な日常がしっかりした対策の賜物であることを知っています。
ファイルサーバに障害が起こっても大丈夫なよう、次のように自問自答し対策がしっかりとられていることを確認しています。

(a) 本番サーバ障害時に切り替え運用ですぐに業務を継続できるようになっているか?
(b) ユーザの更新データをリアルタイムに複製できているか?

ユーザの業務を止めないためには、本番サーバが障害で使えなくなった際にすぐに代替機に切り替えて運用できなければなりません。

また、この時、切り替えた先の複製先サーバのファイルが最新のものであることが重要です。
例えば、一日前のファイルにしか戻せないとしたら場合によっては作り直しができないおそれもあります。

Rha01

自分はこの担当者のように対策がとれていない!!という場合もご安心ください。

Arcserveシリーズでは、この「リアルタイム複製」や「複製サーバへの簡単切り替え」ができる製品として
Arcserve Replication & High Availability (通称RHA) を用意してます。

RHAの詳細は こちらの『Arcserve Replication & High Availability ご紹介』を是非ご覧ください。

 

+++

以上、Koichiがお伝えしました。

 

2021年8月 6日 (金)

マルチ タスクで容量上限を突破! Arcserve UDP Cloud Direct の新機能とは?

今日は 2021年5月に追加された Arcserve UDP Cloud Direct の新機能「複数ボリュームへの並行バックアップ」をご紹介します。これによりファイルサーバなど容量の大きいサーバのバックアップに対応できるようになりました。

00_cd_multi_task

Arcserve UDP Cloud Direct のご紹介 P.12 より

 

なぜ複数ボリュームへの並行バックアップが必要なの?

Arcserve UDP Cloud Direct では「クラウド ボリューム」というボリュームを作成し、ここにバックアップ データを保存します。このクラウド ボリュームは性能の観点で 20 TB 程度までという容量の目安があります。

Arcserve UDP Cloud Direct よくあるご質問と回答 より

Q17. バックアップ サイズに制限はありますか?

システム上の制限はありませんが、パフォーマンスの観点から1つのクラウド ボリューム当り 20TB 程度までのバックアップを推奨します。20TB を超える場合は、ボリュームを複数作成してください。なお、1アカウントでのバックアップ先クラウド ボリュームは最大 5 つまでです。

 

また、従来の Arcserve UDP Cloud Direct では 1 台のバックアップ対象ノードに割り当てられるポリシーとクラウド ボリュームはそれぞれ 1 つのみでした。そのため、1台 20 TB を超えるサーバは Arcserve UDP Cloud Direct ではバックアップできないという問題がありました。

この問題を解決するため、2021年5月から 1 つのポリシーに複数のタスク(バックアップ設定)を追加できるようになりました。これにより、1台のサーバをフォルダ単位で分割して複数のクラウド ボリュームにバックアップできるので、クラウド ボリュームの容量制限を回避できます。

 

ポリシーにタスクを追加する方法

続きを読む "マルチ タスクで容量上限を突破! Arcserve UDP Cloud Direct の新機能とは?" »

« 2021年7月 | トップページ | 2021年9月 »