« 2022年1月 | トップページ | 2022年3月 »

2022年2月の4件の記事

2022年2月25日 (金)

Arcserve UDP Cloud Direct:2要素認証でセキュリティ強化!

皆様、こんにちは。

今回はArcserve UDP Cloud Directにおいてセキュリティを強化するための新機能をご紹介します。

コンソールにアクセスする際に2要素認証をご利用いただけるようになりました!

今回の話と似た話では、過去にArcserve UDPの新機能として「多要素認証」をご紹介しておりました。

Arcserve UDP 8.1新機能紹介(1):Arcserve UDP コンソールが多要素認証に対応!!

Arcserve UDP Cloud Direct セキュリティを大幅強化していただける重要な機能となっており、お客様からのご要望も多かった機能となります。

続きを読む "Arcserve UDP Cloud Direct:2要素認証でセキュリティ強化!" »

2022年2月18日 (金)

(2022/04/13更新)Arcserve 製品の Windows Server 2022 / Windows 11 対応状況

Windows Server 2022 への対応状況をお問い合わせいただく事が増えてきましたので、こちらの記事で各 Arcserve 製品の対応状況をご案内します。

最新環境のデータ保護にも Arcserve をご検討ください!!

 

## Arcserve UDP の対応状況

Arcserve UDP 8.1 にて Windows Server 2022 に対応しています。

バックアップ対象としてだけではなく、Arcserve UDP コンソールや復旧ポイントサーバ(RPS)の導入先、仮想スタンバイ/インスタントVMの起動先などとしても幅広く対応しています。

なお、表示上の問題を解消するためのパッチも公開されています。詳しくは以下の記事をご覧ください。

Arcserve UDP 8.x 動作要件

Windows Server 2022 のサポートについて

P00002287 | Arcserve UDP | 仮想スタンバイ/インスタント VM/アシュアード リカバリ ジョブに対し Windows Server 2022 のオペレーティング システム名が正しく表示されない

また、2022年3月30日より、Arcserve UDP 8.1 にて Windows 11 のバックアップにも対応しています。

 

## Arcserve Backup の対応状況

2022年4月に発売された Arcserve Backup 19.0 にて Windows Server 2022 に対応します。詳細は以下の動作要件をご覧ください。

Arcserve Backup 19.0 for Windows 動作要件

 

## Arcserve UDP Cloud Direct の対応状況

Arcserve UDP Cloud Direct で Windows Server 2022 および、Windows 11 のバックアップに対応しています。詳細は以下の動作要件をご覧ください。

Arcserve UDP Cloud Direct 動作要件

 

以上、ホテがお伝えしました。

2022年2月 7日 (月)

Arcserve Backup が Oracle VM Server に対応しました!!

Oracle DBを仮想化システムに導入されるお客様から、Arcserve BackupでのOracle VM Server対応状況のお問い合わせが入ることがあります。これはOracle DBProcessorライセンスを仮想マシンに適用する場合のライセンス ポリシーで、vSphereHyper-Vだと多くの Oracle DBのライセンスが必要になる場合があるからです。

 

Oracle VM Server を使うと Oracle DB のライセンス数を節約できる?!

続きを読む "Arcserve Backup が Oracle VM Server に対応しました!!" »

2022年2月 4日 (金)

メンテナンス更新の証書にライセンスキーが記載されていませんが最新版のライセンスキーはどうやって入手したらよいのでしょうか?

Arcserve 製品のメンテナンス期間中はいつでも無償アップグレードの申込をすることで最新版を入手することができます。
※メンテナンス(保守)の内容は技術サポートと無償アップグレードの提供です。

無償アップグレード申し込みページ

無償アップグレードを申し込むと最新版のライセンスキーが記載された証書が送付されます(無償アップグレードの証書)。

従いまして、メンテナンス更新のタイミングとは無関係に無償アップグレードの申込を行い最新バージョンを入手できます。

例えば、5年のメンテナンス期間の契約で、購入後1年後に最新版がリリースされた場合でも、5年後の更新のタイミングまでライセンスキーの入手ができないということにはなりません。

逆に言うと、メンテナンス更新を行った際の証書(メンテナンス更新の証書)にはライセンスキーが書かれていません。この点はご注意ください。

 

【メンテナンス更新と無償アップグレードについて】

Q.メンテナンス更新の証書にライセンスキーが記載されていませんが最新版のライセンスキーはどうやって入手したらよいのでしょうか?

A.メンテナンス更新の証書にはライセンスキーは記載されておりません。無償アップグレードの申込を行ってください。

無償アップグレード申し込みページ

 

++++

以上、Koichiがお伝えしました。

 

<関連記事>

Arcserve 製品の「メンテナンス(保守)」とは?よくある質問と回答

Arcserve ライセンス プログラム証書の読み方

« 2022年1月 | トップページ | 2022年3月 »