« [Arcserve] Spring Framework 脆弱性(CVE-2022-22965) における弊社製品への影響について | トップページ | Arcserve UDPサブスクリプション製品を更新した際はライセンスキーを追加適用しライセンス期間を延長してください。 »

2022年4月 8日 (金)

Arcserve UDP 8.x に含まれるArcserve Backupのバージョンは「18.0」ですが無償アップグレード申請で Arcserve Backup 19.0 を入手できます。

Arcserve Backup 19.0がリリースされましたので、Arcserve UDP 8.xに含まれるArcserve Backupについてご案内します。


『Arcserve® Backup 19.0』 販売開始のご案内

2022年4月18日から出荷開始です。新機能・拡張機能の1つに「Windows Server 2022への対応」があります。

Arcserve UDP 8.xに含まれるArcserve Backupのバージョンは引き続き18.0になります。Arcserve Backup 19.0のライセンスを希望される場合は下記のフォームより無償アップグレードのお申し込みを行ってください。

無償アップグレードお申し込みフォーム

提供する製品は下記の通りです(Arcserve Backup 18.0と同様です)。

Edition 提供する製品
Advanced Edition/Workstation Edtion Arcserve Backup 19.0 Tape Integration for Arcserve UDP
Premium Edition/Premium Plus Edition Arcserve Backup 19.0(フル機能版)

 

+++

以上、Koichiがお伝えしました。

« [Arcserve] Spring Framework 脆弱性(CVE-2022-22965) における弊社製品への影響について | トップページ | Arcserve UDPサブスクリプション製品を更新した際はライセンスキーを追加適用しライセンス期間を延長してください。 »

Arcserve Backup」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« [Arcserve] Spring Framework 脆弱性(CVE-2022-22965) における弊社製品への影響について | トップページ | Arcserve UDPサブスクリプション製品を更新した際はライセンスキーを追加適用しライセンス期間を延長してください。 »