« 2022年4月 | トップページ | 2022年6月 »

2022年5月の4件の記事

2022年5月27日 (金)

ランサムウェア対策の次の一手!イミュータブル(不変)ストレージ Arcserve OneXafe

2022年5月23日(月)、Arcserve Japan ではイミュータブル(不変)ストレージ「Arcserve OneXafe(※1)4500 シリーズ」を発表しました。受注開始日は 2022年6月6日(月)です。

プレス リリース:Arcserve Japan、ランサムウェア対策に有効なイミュータブル ストレージ「Arcserve OneXafe 4500シリーズ」を発表

 

Arcserve OneXafe とは?

さて、この Arcserve OneXafe が何の役に立つかと言いますと、ランサムウェアなどを使ったサイバー攻撃から Arcserve UDP や Arcserve Backup(※2)のバックアップ データを守るのに使えます。

ランサムウェアは企業や組織のデータを勝手に暗号化し、データと引き換えに多額の身代金を要求します。ランサムウェアを使った攻撃は年々巧妙化しており、標的型攻撃を組み合わせ、ネットワークに侵入して重要なデータを特定した上で暗号化を仕掛ける手法が最近のトレンドです。

ネットワークに侵入した攻撃者が狙う”重要な”データは、電子カルテや ERP など基幹システムのデータだけではありません。企業/組織が身代金を支払わざるを得なくするため、バックアップ データを暗号化/破壊する事例が急増しています。

こういった攻撃からバックアップ データを守る保管庫が、今回ご紹介するイミュータブル(不変)ストレージ Arcserve OneXafe です。「イミュータブル(Immutable)」は「不変の、変わらない」という意味で、サイバー攻撃によりバックアップ データが「変更」される事を防ぎます。

01_onexafe

続きを読む "ランサムウェア対策の次の一手!イミュータブル(不変)ストレージ Arcserve OneXafe" »

2022年5月20日 (金)

Arcserve UDP Appliance の出荷時にプリインストールされている Arcserve UDP とOSのバージョンは一覧になっています。

Arcserve UDP Applianceの出荷時に導入されているArcserve UDPのバージョン及びWindows OSのバージョンは一覧で掲載しております。

>>Arcserve UDP Appliance にプリインストールされている Arcserve UDP のバージョン

ちなみに、2019年6月までに購入されたApplianceのUDPのバージョンは6.5かそれ以前となりますが、UDP6.5については先月(2022年4月)でサポート終了バージョンとなりました。

>>Arcserve UDP の各バージョンのサポート終了日はこちら

従いまして、UDP 6.5 を利用中の場合はバージョンのアップグレードをご検討ください。

メンテナンスが有効な場合は無償アップグレードでUDPの最新版ライセンスの入手が可能ですので、下記の無償アップグレード申請ページからお申し込みください。

>>無償アップグレード申請ページ

続きを読む "Arcserve UDP Appliance の出荷時にプリインストールされている Arcserve UDP とOSのバージョンは一覧になっています。" »

2022年5月13日 (金)

Arcserve UDP Agent(Windows)での バックアップ データ二重化

BCPやランサムウェア対策として、バックアップは1か所では不安、別の場所にも保持しておきたい!というお問合せを多くいただいています。
Arcserve UDPでは、バックアップ データの二重化にはArcserve UDPのRPS(復旧ポイント サーバ)間レプリケート機能を利用した遠隔地保管やArcserve Backup とのテープ連携をおすすめしていますが、Arcserve UDP Agent(Windows)のみの利用でも、バックアップ データを別の場所に保管する方法が用意されています。

続きを読む "Arcserve UDP Agent(Windows)での バックアップ データ二重化" »

2022年5月 6日 (金)

「送受信されたすべてのメールを保管し」「改ざんできず」「すぐに検索・抽出できる」という3拍子揃ったArcserve Email Archivingのご紹介です。

郵便での紙書類のやり取りから電子メールでの電子書類のやり取りが多くなり重要な情報がメールのみということも多くなりました。そのため法規制への順守やコンプライアンスの証拠保全のために送受信されたすべてのメールを保管しておくようになっています。

ここで重要な点ですが、保管するだけでははなく「改ざんができず」「すぐに対象のメールを検索・抽出できる」といういうことが必要です。

続きを読む "「送受信されたすべてのメールを保管し」「改ざんできず」「すぐに検索・抽出できる」という3拍子揃ったArcserve Email Archivingのご紹介です。" »

« 2022年4月 | トップページ | 2022年6月 »