« Arcserve UDP Agent(Windows)での バックアップ データ二重化 | トップページ | ランサムウェア対策の次の一手!イミュータブル(不変)ストレージ Arcserve OneXafe »

2022年5月20日 (金)

Arcserve UDP Appliance の出荷時にプリインストールされている Arcserve UDP とOSのバージョンは一覧になっています。

Arcserve UDP Applianceの出荷時に導入されているArcserve UDPのバージョン及びWindows OSのバージョンは一覧で掲載しております。

>>Arcserve UDP Appliance にプリインストールされている Arcserve UDP のバージョン

ちなみに、2019年6月までに購入されたApplianceのUDPのバージョンは6.5かそれ以前となりますが、UDP6.5については先月(2022年4月)でサポート終了バージョンとなりました。

>>Arcserve UDP の各バージョンのサポート終了日はこちら

従いまして、UDP 6.5 を利用中の場合はバージョンのアップグレードをご検討ください。

メンテナンスが有効な場合は無償アップグレードでUDPの最新版ライセンスの入手が可能ですので、下記の無償アップグレード申請ページからお申し込みください。

>>無償アップグレード申請ページ

Applianceversion

+++

以上、Koichiがお伝えしました。

 

« Arcserve UDP Agent(Windows)での バックアップ データ二重化 | トップページ | ランサムウェア対策の次の一手!イミュータブル(不変)ストレージ Arcserve OneXafe »

Arcserve UDP Appliance」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Arcserve UDP Agent(Windows)での バックアップ データ二重化 | トップページ | ランサムウェア対策の次の一手!イミュータブル(不変)ストレージ Arcserve OneXafe »