« ランサムウェア対策の次の一手!イミュータブル(不変)ストレージ Arcserve OneXafe | トップページ | ランサムウェア対策ストレージ Arcserve OneXafe のドキュメントを公開しました。 »

2022年6月 3日 (金)

Arcserve UDP Cloud Directの容量追加ライセンスをCloud Consoleに追加する方法をご案内します。

Arcserve UDP Cloud Directでストレージ容量を追加発注し証書が届いた後は、その証書に記載のオーダー ID(Order ID)とフルフィルメント No.(Fulfillment Number) をCloud Consoleから登録してください。

具体的な登録方法ですが、新規購入時と全く同じ登録の流れになります。

1) まずクラウドコンソールにログインします。

2) 画面左のアイコンの中から [設定]、[エンタイトルメント] と順にクリックし画面右上の、[新しいオーダーのアクティブ化] をクリックします。

Cdactivation1_20220602174601

3) ライセンス プログラム証書に記載されている [Order ID]、[Fulfillment Number] を入力し、[アクティブ化] をクリックします。

Cdactivation2_20220602174601

証書が届いたら忘れずに実施しておくようお願いします。

 

++++

以上、Koichiがお伝えしました。

 

<関連記事>

クラウド3製品のそれぞれについて、保存データが契約したストレージ容量に達した場合どうなるかをまとめました。

« ランサムウェア対策の次の一手!イミュータブル(不変)ストレージ Arcserve OneXafe | トップページ | ランサムウェア対策ストレージ Arcserve OneXafe のドキュメントを公開しました。 »

ライセンス登録/アクティベーション」カテゴリの記事

Arcserve Cloud Direct」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ランサムウェア対策の次の一手!イミュータブル(不変)ストレージ Arcserve OneXafe | トップページ | ランサムウェア対策ストレージ Arcserve OneXafe のドキュメントを公開しました。 »