« Arcserve UDP 9.0 新機能紹介(7): vTPM の復旧サポート | トップページ | Arcserve UDP 9.0 新機能紹介(8) その他の新機能/新プラットフォーム対応/Assured Recovery がAdvanced Edition で利用可能に »

2023年5月12日 (金)

2023年4月末で Arcserve Backup の「17.5」はサポート終了バージョンとなりました。

Arcserve Backup 17.5ですがサポートライフサイクル情報に掲載の通り2023年4月末でサポート終了バージョン(End of Support:EOS)となりました(※)。

サポート終了バージョンとなった場合も利用は続けることはできますが、メンテナンスが有効であっても技術サポートを受けることができなくなります。従いましてサポート中のバージョンへのアップグレードを推奨します。

メンテナンス期間が有効な場合は、無償アップグレードにて最新版のライセンスを入手することが可能です。

Arcserve Backup サポート ライフサイクル情報

Lifecycle_20230511232401

 

無償アップグレードは Arcserve 無償アップグレード申し込み-ご確認事項 よりお申し込みください。

現在の最新版はArcserve Backup 19.0となります。入手の際には対応している環境かどうか Arcserve Backup 19.0 for Windows 動作要件 にてご確認ください。

 

+++

以上、Koichiがお伝えしました。

 

« Arcserve UDP 9.0 新機能紹介(7): vTPM の復旧サポート | トップページ | Arcserve UDP 9.0 新機能紹介(8) その他の新機能/新プラットフォーム対応/Assured Recovery がAdvanced Edition で利用可能に »

Arcserve Backup」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Arcserve UDP 9.0 新機能紹介(7): vTPM の復旧サポート | トップページ | Arcserve UDP 9.0 新機能紹介(8) その他の新機能/新プラットフォーム対応/Assured Recovery がAdvanced Edition で利用可能に »