« Arcserve の資格が取れる!Arcserve ソリューション コーディネーター セミナーが再開!! | トップページ | Arcserve UDP 復旧ポイントサーバ(RPS) でマージが行われるタイミング »

2023年8月18日 (金)

Arcserve Cloud Directのアクティベーション時に「invalid credentials」エラーが出る場合の対処方法

Arcserve Cloud Directをアクティブ化するにはCloud Consoleへログインし、Order ID/Fuflillment Numberを登録します(※)。

このアクティベーションの際に「invalid credentials」というエラーが出た場合は、トライアル期間(15日間)とトライアル期間終了後のライセンス登録猶予期間(30日間)が過ぎてしまっている状態で、トライアルで利用したメールアドレスではアクティベーションができません。

従いまして、別のメールアドレスであればアクティべーションを行うことができます。

もし、トライアルで利用したメールアドレスでアクティベーションを希望される場合はArcserveサポートへお問い合わせください。

 

この「invalid credentials」エラーに関する詳細は下記の技術情報をご覧ください。

【技術情報】トライアル期間超過後 30 日を経過するとライセンス証書の OrderID/Fulfilment Number で [新しいオーダーのアクティブ化] ができなくなる

※アクティベーション方法については『Arcserve Cloud Direct スタートアップ ガイド【Windows 編】』(P.21) 3.2 Cloud Console へのアクセスとライセンスの有効化 をご覧ください。

+++

以上、Koichiがお伝えしました。

 

« Arcserve の資格が取れる!Arcserve ソリューション コーディネーター セミナーが再開!! | トップページ | Arcserve UDP 復旧ポイントサーバ(RPS) でマージが行われるタイミング »

Arcserve Cloud Direct」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Arcserve の資格が取れる!Arcserve ソリューション コーディネーター セミナーが再開!! | トップページ | Arcserve UDP 復旧ポイントサーバ(RPS) でマージが行われるタイミング »