« Arcserve UDP 復旧ポイントサーバ(RPS) でマージが行われるタイミング | トップページ | こんなのもあるんだ?! Arcserve Backup 研修コースのご紹介 »

2023年9月15日 (金)

複数のサーバのデータを1台のサーバにまとめてレプリケーションしArcserve Backupでテープへバックアップする構成はUDP Premium Editionでも可能です。

拠点に分散するファイルサーバのデータを災害対策も兼ねて本社やデータセンターに集約レプリケーションする場合、別のブログ記事『複数のサーバのデータを1台のサーバにまとめてレプリケーションしたい!』でご案内しているとおり、Arcserve ReplicationのN対1構成がお薦めです。

Rha01_20230914214001

このデータが集約されたサーバをArcserve Backupを使いテープへバックアップすることで、拠点サーバのバックアップ負荷をなくし効率的なバックアップが実現できます。

さて、このときのライセンスについては、Arcserve Replication(for File server)とArcserve Backupを組み合わせもありますが、Arcserve UDP Premium Edition(のみ)で構成する方法もあります。

サーバの構成によってはUDPの方が割安になることもありますので、ぜひ、Arcserve UDP Premium Editionも比較検討してください。

Rha02

※Arcserve UDP ライセンスガイド P.48 [34] Arcserve Replicationで複数の仮想ファイル サーバを複製しバックアップ 参照。

 

+++

以上、Koichiがお伝えしました。

« Arcserve UDP 復旧ポイントサーバ(RPS) でマージが行われるタイミング | トップページ | こんなのもあるんだ?! Arcserve Backup 研修コースのご紹介 »

購入方法、注文・納品」カテゴリの記事

Arcserve Backup」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Arcserve UDP 復旧ポイントサーバ(RPS) でマージが行われるタイミング | トップページ | こんなのもあるんだ?! Arcserve Backup 研修コースのご紹介 »