« 2023年9月 | トップページ | 2023年11月 »

2023年10月の4件の記事

2023年10月27日 (金)

Arcserve Backup チューンナップ/設定 シリーズ: テープバックアップのパフォーマンス向上

最近お客様から質問をいただくケースが増えたので、Arcserve Backup のチューンナップや設定について、不定期になりますが、何回かのブログに分けて紹介していこうと思います。最初はバックアップ速度に関するチューンナップで、LTO テープ装置のブロックサイズになります。

Arcserve Backup は利用するデバイスごとにブロックサイズを自動で設定致します。このブロックサイズは基本的にユーザ様側で変更できないのですが、テープ装置に関しては、手動で変更することができます。

LTO テープ装置の場合、デフォルトのブロックサイズは 64 KB で設定されます。しかし、LTO4 以降のテープの場合、デフォルトの 64 KB ではテープ装置の持つパフォーマンスに追いつくことができず、バックアップ速度が思ったよりも出ないという結果になります。

続きを読む "Arcserve Backup チューンナップ/設定 シリーズ: テープバックアップのパフォーマンス向上" »

2023年10月20日 (金)

Arcserve OneXafe クラスタがノード障害時にサービスを継続する仕組み(1)

2023年10月より、日本国内でも Arcserve OneXafe の複数ノード クラスタ構成がサポートされるようになりました(※1)。複数ノード クラスタでは容量を拡張できる(スケール アウトできる)のがメリットで、例えば実効容量 80 TB の Arcserve OneXafe 4512-240 を3台つなげる事で、あたかも1台のように 240 TB ものデータを保存できるようになります。

また、複数ノード クラスタのもう一つのメリットは高い可用性です。ノード単位ではなくクラスタ単位でファイル共有サービスを提供するため、3ノード以上のクラスタであればそのうち1台がダウンしたとしてもファイルの読み書きを続けることができます。

 

表 1:クラスタ内の Arcserve OneXafe の台数とノード障害耐性の関係

Arcserve OneXafe の台数 1ノード障害 2ノード以上の障害
1ノード クラスタ ×
2ノード クラスタ △(障害が発生したノードによる) ×
3ノード クラスタ ×
4ノード クラスタ ×
5ノード以上のクラスタ ×

※ 1 つのクラスタに登録できるノードの上限は 7 台です。

 

という話をしたところ、「Arcserve OneXafe の 3ノード クラスタではなぜ1ノード障害までしか耐えられないのか?3台のうち1台だけでも動いていればサービスを継続できるのでは?」というご質問をいただきました。

このご質問に対しては、「Arcserve OneXafe ではスプリット ブレインを避けてデータの整合性を守るため、3ノード クラスタでは2ノード以上の障害時にはサービスが提供できません。」が答えになります。今日はこの点について詳しく見ていきましょう。

 

続きを読む "Arcserve OneXafe クラスタがノード障害時にサービスを継続する仕組み(1)" »

2023年10月13日 (金)

バックアップデータの2次バックアップ先で「クラウドストレージ」や「テープ」はどうやら困難だという場合、OneXafeが解決策となります。

バックアップデータの2次バックアップ先として「クラウドストレージ」や「テープ」を利用することは、バックアップデータの安全性を高める方法として選択肢となります。

ただ、これらを検討してみたところ「どうやら難しいぞ」と壁にぶつかってしまうことがあります。

例えば、
クラウドストレージは「インターネット回線に対してバックアップデータが大きく、既定の時間でコピーが終わらない」壁、
テープについては「テープを定期的にトラブルなく交換できる人材がいない」壁、
です。

このような場合は、是非Arcserve OneXafe(ワンセーフ)をご検討ください。

OneXafe(ワンセーフ)は
・LAN内に設置できるので大容量でもOK!
・テープ交換のような定期的な作業は不要!
ですのでこれらの壁をクリアできます。

Oxsolution1

 

 

続きを読む "バックアップデータの2次バックアップ先で「クラウドストレージ」や「テープ」はどうやら困難だという場合、OneXafeが解決策となります。" »

2023年10月 6日 (金)

ランサムウェア対策ストレージ Arcserve OneXafe 、ラインナップ変更でより導入しやすく!

ランサムウェア対策ができるイミュータブル ストレージとして昨年の発売以来多くのお客様に導入いただいている Arcserve OneXafe ですが、2023年10月から11月にかけてアップデートが複数ございます。

 

# お求め易くなりました!小容量モデル Arcserve OneXafe 4512-32 が登場!!

まずご紹介したいのは、2023年10月3日に発表された小容量モデル Arcserve OneXafe 4512-32 です。こちらは 496万円(税抜、3年メンテナンス付 ※1)と従来の最小容量モデルだった Arcserve OneXafe 4512-96 と比べかなりお求めやすい価格になっています。

Arcserve Japan、イミュータブル ストレージ「Arcserve OneXafe」の新モデルを発表

 

この1年、Arcserve OneXafe を検討される多くのお客様から「そこまで大きい容量は要らないので、もっと安くならない?」という声をいただいておりました。それを踏まえ、容量が小さい代わりに価格が安い Arcserve OneXafe 4512-32 を発売する事になりました。ちなみに、この Arcserve OneXafe 4512-32 は世界に先駆けて日本だけで発売している「世界初」モデルです。

世界初ではありますが、ストレージ容量以外のスペックや使い方は既存モデルと同じなので安心してご利用いただけます。技術サポートも同様で、Arcserve テクニカル サポートがワンストップで対応いたします。

 

続きを読む "ランサムウェア対策ストレージ Arcserve OneXafe 、ラインナップ変更でより導入しやすく!" »

« 2023年9月 | トップページ | 2023年11月 »