« 2024年1月 | トップページ | 2024年3月 »

2024年2月の3件の記事

2024年2月16日 (金)

株式会社瑞穂様 導入事例:ランサムウェア対策として担保したかったバックアップデータの安全

本日ご紹介するのは、日立グループの総合技術商社、株式会社瑞穂様の導入事例です。

株式会社瑞穂様:確実にリストアできる不変のデータ保管でランサムウェア対策を実現

01_mizuho_sama

 

続きを読む "株式会社瑞穂様 導入事例:ランサムウェア対策として担保したかったバックアップデータの安全" »

2024年2月 9日 (金)

那覇市様 導入事例:ランサムウェアから市民サービスを守る方法

本日は沖縄県 那覇市様の導入事例を紹介します。

那覇市役所様:ランサムウェア攻撃を受けても迅速にデータを復旧できる体制を構築

01_naha_city_sama

 

続きを読む "那覇市様 導入事例:ランサムウェアから市民サービスを守る方法" »

2024年2月 2日 (金)

Arcserve UDPの重複排除を利用しない環境でのOneXafeの利用

昨年10月に、Arcserve OneXafe ローエンドモデルのラインナップも追加され、コストを抑えつつ小規模環境や、一部の重要なサーバのバックアップデータをランサムウエア等のマルウエア被害から保護しやすくなりました。

Arcserve Japan、イミュータブル ストレージ「Arcserve OneXafe」の新モデルを発表

今回は、Arcserve UDP Agent のみを利用した環境と Arcserve UDP 復旧ポイントサーバの重複排除機能を利用しない場合の構成例を紹介いたします。

1.Arcserve UDP Agent から直接 OneXafeへバックアップする方法

Arcserve UDP Agent のバックアップ先として、直接 Arcserve OneXafe の共有フォルダを指定することができます。

1_20240130180501Windows Agent の場合は、ブロックレベル継続増分バックアップが可能ですが、Linux Agent の場合、復旧ポイントサーバ(RPS)が無いので復旧セット方式(フル バックアップと増分バックアップのセット)でバックアップが保存されます。

Arcserve OneXafe を1次バックアップ先にすることで2つのメリットがあります。
1つは、改ざんできないイミュータブルなスナップショットにより正常な状態を保持できる点。
もう一つは、Arcserve OneXafe へデータ保存時に可変長(8K~64K)ブロックによる重複排除と圧縮が行われるので、効率的にストレージを利用できる点です。

バックアップ対象に何かあった場合は、Arcserve OneXafe より直接、復旧用メディアからのベアメタル リカバリや Agent を使ったファイル・フォルダ単位の復旧ができます。

 

2_20240130181001

 

続きを読む "Arcserve UDPの重複排除を利用しない環境でのOneXafeの利用" »

« 2024年1月 | トップページ | 2024年3月 »