フォト

関連情報

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Webセミナー

  • ■Replication テクニカルコース

    無償ハンズオントレーニングを
    WEBセミナーで受講いただけます
  • ■High Availability テクニカルコース

    無償ハンズオントレーニングを
    WEBセミナーで受講いただけます
無料ブログはココログ

カテゴリー「Arcserve Email Archiving」の8件の記事

2020年7月10日 (金)

「Arcserve Email Archiving」に改名しました!

既に Web サイトを見てご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが、去る 2020 年 6 月にArcserve の電子メール アーカイビング ソリューションの名称を変更しました。

電子メール アーカイビング ソフト Arcserve UDP Archiving と、これを使ったクラウド サービスの Arcserve UDP Cloud Archiving の 2 つがありましたが、それぞれ以下のように名前が変わります。

 

旧)Arcserve UDP Archiving → 新)Arcserve Email Archiving

旧)Arcserve UDP Cloud Archiving → 新)Arcserve Email Archiving Cloud

 

info : メールアーカイビング ソリューション、新名称のご案内

 

この名称変更により、電子メール(Email)を長期保管(Archive)するソフト/サービスだという事が明確になりました。

Email_archiving  

 

■ 価格や型番は変更なし

なお、価格や型番は変わりありません。これまでと同じ型番でご注文いただくと、Arcserve Email Archiving / Arcserve Email Archiving Cloud が届きます。

購入方法と製品価格表

 

■ マニュアルや技術情報は「Arcserve Email Archiving 6.5」をご覧ください

Arcserve Email Archiving では、従来の Arcserve UDP Cloud Archiving 6.0 にセキュリティの強化や、不具合修正が加えられています。バージョンは 6.5 のものが2020年6月時点での最新ですので、これから導入を考えている方はそちらをご覧ください。

Arcserve Email Archiving - サポート技術情報

 

カタログやプレゼンテーション、FAQ、構築ガイドも新しく Arcserve Email Archiving にしたものをカタログセンターに掲載しています。

Arcserve.com カタログセンター

 

以上、ホテがお伝えしました。

2018年9月28日 (金)

展開方法の解説:UDP Archivingは仮想アプライアンス(予め仮想マシンにOSやUDP Archivingがインストール済み)のため導入が簡単です。

仮想アプライアンスで提供しているArcserve UDP Archiving は、完成した仮想マシンを展開することで迅速に運用を開始できます。

Udpa_2

展開方法については、VMware, Hyper-V, AWSそれぞれマニュアルに掲載さていますので、以下のリンク先をご覧ください。
また、動画でも操作の流れを確認できます。


続きを読む "展開方法の解説:UDP Archivingは仮想アプライアンス(予め仮想マシンにOSやUDP Archivingがインストール済み)のため導入が簡単です。" »

2018年7月27日 (金)

UDP Archivingの「動作要件」「オペレーティングシステム(OS)」「仮想アプライアンス展開方法の資料」についてご紹介します。

UDP Archiving(アーカイビング)は、仮想アプライアンスとして予め仮想マシンにOSやUDP Archivingがインストールされた状態で提供されます。
完成した仮想マシンでの提供ですので、VMware vSphere、Microsoft Hyper-V、AWS上に迅速に展開でき、すぐに運用を開始できます。

OSも仮想アプライアンスの一部として予め導入済みで(※)、ユーザが任意のOSを選択することがないため、
動作要件に「サポートするOSの一覧」という通常のソフトウェアでは必須の項目はありません。

その代わり動作要件には、仮想アプライアンスを展開できるVMware vSphere、Microsoft Hyper-V、AWSの詳細が
Supported HypervisorsやSupported Cloud Platformsとして掲載されています。

Supported HypervisorsやSupported Cloud Platforms参照

※UDP Archiving v6.0 がインストールされているOSは「Linux Debian 8.0」 です(2018/7/27現在)。


ちなみに、UDP Archivingの展開の手順は、Arcserve UDP Archiving 展開および構成ガイドに掲載されています(VMwareの手順冒頭を転記します)。

>> Arcserve UDP Archiving 展開および構成ガイド
   ∟Arcserve UDP Archiving の展開方法

-------------------------------

UDP Archiving を設定および構成するには、以下の手順を実行します。

1. UDP Archiving ソフトウェア(VMware OVF)をダウンロードして、VMware に展開します。
  オペレーティング システムは Linux Debian 8.0 で、ソフトウェアはどの VMware 環境でも実行されます。

2. 以下の手順を使用して、UDP Archiving VM を設定および展開します。
  a. VM クライアントを開き、ESX ホストに接続します。
  b. VM クライアントから、[ファイル]-[OVF テンプレートのデプロイ]をクリックします。

Vmware_setup

(後略)

--------------------------------


展開手順の詳細は『展開および構成ガイド』を参照してください。

>> Arcserve UDP Archiving 展開および構成ガイド
   ∟Arcserve UDP Archiving の展開方法

++++++++

以上、Koichiがお伝えしました。

2018年6月15日 (金)

Arcserve UDP Archiving: IT管理者はアーカイブされたメールには一切アクセスできません。

Arcserve UDP Archiving (アーカイビング)は、
送受信した全てのメールを長期に渡り完全保管できるメールアーカイブツールですが、
この保管されたメールへのアクセスをユーザの種類ごとに厳格に制限しています。

IT管理者(「スーパー管理者」と「管理者」)はメールを見ることも削除することもできません。

全てのメールを見ることができるのは「コンプライアンス責任者」と「監査人」のみになります。

また、メールの削除は「コンプライアンス責任者」しかできません。


コンプライアンス責任者・監査人は、全メールへのアクセス権限をもつため、
メールに関する様々な問題への対処をより積極的に実施できます。

さらに、これによって社内でのメールの抽出・削除フローもシンプルになります。
コンプライアンス責任者が、都度、T管理者に特定メールの抽出や削除を指示ずる、
といったワークフローは不要となります。

一方、メールへのアクセスも削除もできないということは、裏を返せば、
IT管理者はメールのリストアや削除の作業をしなくてよい、ということでもあります。
これによってIT管理者の負担も軽減されます。

Udpu20180615


続きを読む "Arcserve UDP Archiving: IT管理者はアーカイブされたメールには一切アクセスできません。" »

2018年4月27日 (金)

検索エンジンを使うようにOffice365やExchange (Outlook) のメールを高速検索できます。

先日、「メール長期保管とメール高速検索を簡単に行える製品の
Arcserve UDP Archiving (アーカイビング) v6.0 をこのたび発表しました。」
とUDP アーカイカイビングをご紹介しましたが、

 

 

その高速検索についてさらに話を続けます。

 

UDP Archiving は、すべてのメールを送受信時に収集し、暗号化して保管します。
保管する際には、テキストインデックスが付加されますので、高速な検索が可能になります。

 

検索エンジンを使うような簡単なキーワード検索(複数のキーワード設定が可能)から、
「送信者」「受信者」「件名」や日付範囲、添付ファイルの有無などの条件による詳細検索が可能です。

 

Outlookやサーバ上にある大量のメールを検索するのに時間がかかりすぎるので、
メール検索スピードを改善したい!!という場合に
このUDP Archivingが役立ちます。

 

検索の詳細は、『管理者ガイド』 の「検索(P.105~)」「高度な検索(P.107~)」をご覧ください。

 

Search

 

 

ちなみに、アクセス権は、上位の管理者から従業員まで厳格な管理が可能で、
それぞれにポリシーを適用できますので、
誰でも他の人のメールを検索できてしまう、といったことはありません。

 

Arcserve UDP Archivingを簡単に説明した『製品カタログ』はこちらです。

 

また、詳細は『ご紹介資料』をご覧ください。

 

続きを読む "検索エンジンを使うようにOffice365やExchange (Outlook) のメールを高速検索できます。" »

2017年11月17日 (金)

メールアーカイブソフト「Arcserve UDP Archiving v6.0」の受注を開始

先日、2017年11月15日(水)から、Arcserveシリーズの新製品となる
メールアーカイブソフト「Arcserve UDP Archiving v6.0」の受注を開始しました。

Arcserve UDP Archivingは、メールアーカイビングと法規制の順守や証拠保全のための
レコード管理を統合した企業を守るためのソリューションです。

《参考》
新製品『Arcserve® UDP Archiving v6.0』リリースのご案内

なお、製品の特徴や製品の概要について、詳しく記載された資料もご用意しております。
ぜひ、ご参考ください。

Udpa_

続きを読む "メールアーカイブソフト「Arcserve UDP Archiving v6.0」の受注を開始" »

2017年11月10日 (金)

ファイルアーカイブとメールアーカイブ、それぞれArcserveのどれを選択したらよい?

現在のストレージのファイルを他のストレージへ移動し保管する。という要件で「ファイルのアーカイブ」を行ないたい。

 

この場合UDP Archivingを選べばよいのだろうか?
と一瞬思ってしまうかもしれませんが、UDP Archivingは「メールのアーカイブ」を行なう製品になります。

 

ファイルのアーカイブを検討している場合は、Arcserve UDP (UDP Archivingではない)やArcserve Backupが適しています。

 

UDP Archivingは、
・法規制の順守や訴訟対策などを目的に、
送受信された全てのメールを別の媒体や場所で長期間に渡り保管するため、
送受信された全てのメールをオンラインでコピーする。という要件がある場合に最適な製品になります。

 

・また、Eメール集中保管や高速検索は日常業務の効率化にも貢献します(※)。

 

Image1_3

 

続きを読む "ファイルアーカイブとメールアーカイブ、それぞれArcserveのどれを選択したらよい?" »

2017年10月20日 (金)

Arcserve UDP Archiving (アーカイビング) の機能(長期保管、高速検索、セルフリストア)は日常業務でも便利!

メール長期保管とメール高速検索を簡単に行える製品の
Arcserve UDP Archiving (アーカイビング) v6.0 をこのたび発表しました。

 


◆特長
このUDP Archivingは、

 

・送受信した全てのメールを長期に渡り完全保管し、
 監査や証拠提出が必要になった際もすぐに対応したい!
 という目的にかなう製品ですが、

 

・さらに、日常業務で高速検索やセルフリストを実現したい!
 という目的にも貢献します。

 

【日常業務でもここが便利: 長期保管、高速検索、セルフリストア】
長期保管をしていても過去のメールや添付ファイルを高速に検索できます。
また、メールの紛失時は管理者に依頼不要、自身の操作でリストアできます。

Udpa0_2


◆アーカイブの対象メールシステム
・Microsoft Exchange Server
・Microsoft Office 365 (Exchange Online)
・Google G Suite (※ 2018年9月からサポート対象になりました!)

 

メールシステム内に大量のメールを長期保管しておく必要がなくなり、メールシステムのストレージ削減にも貢献します。



Udpa1png_2






◆UDP Archiving サーバを導入可能な環境
・VMware vSphere (OVF)
・Microsoft Hyper-V
・Amazon EC2 (AMI)
※ 詳細は、受注開始日(2017/11/15)に公開のサポートサイトの動作要件をご確認ください。

仮想アプライアンスで提供されるため、オンプレミス、またはクラウド上のVMware vSphere、Microsoft Hyper-V、AWS上に迅速に展開でき、すぐに運用を開始することが可能です。



◆無償トライアルと関連資料
無償トライアル版(試用版)とマニュアルを用意していますので是非ご活用ください。

トライアル版(30日間)はこちらから無償でダウンロードが可能です。

製品マニュアル(展開および構成ガイド、管理ガイド)はこちらです。


続きを読む "Arcserve UDP Archiving (アーカイビング) の機能(長期保管、高速検索、セルフリストア)は日常業務でも便利!" »