カテゴリー「サポートポータル」の16件の記事

2023年7月 7日 (金)

Arcserveサポートポータルへのログイン用のアカウント(Arcserveアカウント)を作っているかどうか、の確認方法

Arcserveサポートポータルへのログインに利用するArcserveアカウントが登録されいてるかどうかは、以下の方法で確認可能です。

 

1. Arcserveアカウント登録ページ<https://registration.arcserve.com/welcome>を開きます。

2. Arcserveアカウント登録ページで[アカウントを作成]をクリックします。

Userreg0

3. ユーザー登録ページで「メール」と「ユーザー名」に登録の確認するメールアドレスを記入します。

4. [使用可否のチェック]ボタンを押します。

Userreg1

続きを読む "Arcserveサポートポータルへのログイン用のアカウント(Arcserveアカウント)を作っているかどうか、の確認方法" »

2023年4月21日 (金)

Arcserveアカウントの登録時に「注文情報の何かが明らかにおかしいです。詳しくは Arcserveの営業担当者にお問い合わせください。」というエラーが出た場合の対処方法です。

Arcserve サポートポータルやArcserve Cloud DirectのコンソールへログインするためにはArcserve アカウントが必要です。

このArcserveアカウントを登録する際に「注文情報の何かが明らかにおかしいです。詳しくは Arcserveの営業担当者にお問い合わせください。」というエラーが出た場合の対処法をご案内します。

Userregerror

続きを読む "Arcserveアカウントの登録時に「注文情報の何かが明らかにおかしいです。詳しくは Arcserveの営業担当者にお問い合わせください。」というエラーが出た場合の対処方法です。" »

2023年3月17日 (金)

Arcserve Cloud Direct のサポート技術情報を紹介します!!

本日は Arcserve Cloud Direct のサポート技術情報をいくつか紹介したいと思います。

Arcserve Cloud Direct を長年使っているけれど、こんなの知らなかった!という情報もあるかも?

Arcserve アカウントの追加の認証 (多要素認証) 設定方法

2023年1月19日から Arcserve Cloud Direct では多要素認証の利用が必須になりました。この技術情報では多要素認証の設定方法を解説しています。

多要素認証は Google Authenticator などの認証アプリを使った方法や、メール認証、SMS 認証など様々な方法があります。どの方法が自社にあっているのか検討する際にもお読みください。

 

Arcserve UDP Cloud Direct 問題発生時の採取情報

問題が発生して Arcserve テクニカル サポートに問い合わせよう、という時にご覧ください。あらかじめこちらの情報を取得してテクニカル サポートにお送りいただけると、問題解決までの時間短縮につながります。

 

Arcserve UDP Cloud Direct での復旧ポイントの保存期間

Arcserve Cloud Direct はバックアップ先ボリュームに保存期間を設定するだけで簡単に利用できますが、内部の仕組みは少々複雑です。

この記事では Arcserve Cloud Direct がどのようなロジックでバックアップ データを処理しているか、2つの設定例を挙げて説明しています。

 

Arcserve UDP Cloud Direct の復旧ポイントで表示される「更新日」について

リストア画面に表示されるファイルの「更新日」の仕様を解説する記事です。

ファイル単位で表示されるので誤解されがちですが、この「更新日」は Arcserve Cloud Direct がバックアップを行った日時を表します。ファイル自体の更新日時と違う値になるので、バックアップがちゃんと取れていないのでは、と心配になる方もいらっしゃるかもしれないのですがご安心ください。

 

パスが長すぎるため、ファイル xxx をアップロードできませんでした(エラー 414: Request-URL Too Large)

Arcserve Cloud Direct がサポートするファイルのパス長/ファイル名長について解説する記事です。

あまりに長い名前のファイルはバックアップに失敗する事があるのでご注意ください。

 

トライアル期間超過後 30 日を経過するとライセンス証書の OrderID/Fulfilment Number で [新しいオーダーのアクティブ化] ができなくなる

Arcserve Cloud Direct はトライアル環境をそのまま本番環境に移行できますが、トライアル終了から30日(=トライアル開始から45日)経過すると移行できなくなります。その場合の解決方法を解説します。

 

それ以外にも多くの技術情報が Arcserve サポート ポータルに掲載されています。ぜひご覧になってください。

Arcserve Clouc Direct 技術情報一覧

 

以上、ホテがお伝えしました。

2022年12月16日 (金)

サポートポータルへのログインアカウント作成時のポイントをまとめました(2022年12月版)。

Arcserve製品のダウンロードはArcserve サポートポータルで行います。

その際、Arcserveサポートポータルへログインした上でダウンロードしますのでアカウントが未作成の場合は事前にログイン用のアカウントを作成する必要があります。

こちらの「Arcserve 製品 - 最新リリース ダウンロード ページがダウンロードページになります。

ログインが未了の場合はこの画面が表示され「Please Login to and then refresh the page to view Product Download links . 」というメッセージが表示されていますが、

Beforelogin

ログイン後にページを見るとこのように各製品のダウンロードページのリンクが表示されます。

Afterlogin

<関連記事>

Arcserve 製品のダウンロード方法について

今回は、このサポートポータルにログインするアカウント作成時のポイントをまとめました。

 

続きを読む "サポートポータルへのログインアカウント作成時のポイントをまとめました(2022年12月版)。" »

2022年9月 9日 (金)

Arcserveサポートポータルへのログインパスワードを忘れた場合にSMS認証で再設定する方法をまとめました。

Arcserve サポート ポータルへログインすることで「製品のダウンロード」や「問い合わせケースを作成・参照する」といったことができます。

今回は、Arcserve サポート ポータルへのログイン パスワードを忘れてしまった際や誤ったパスワードを複数入力してしまいアカウントがロックされた場合に、SMS を使ってパスワードをリセットする方法をまとめました。

2023年1月19日から、Arcserve Cloud Direct のサインインにも Arcserve サポート ポータルと同じ「Arcserve アカウント」が使われるようになっています。Arcserve Cloud Direct の Cloud Console にサインインできないという方もこの記事の方法がご利用いただけます。 

※ちなみに、メールを使ってパスワードをリセットする方法は資料が掲載されていますのでこちらをご覧ください。

 

■SMSを使ったArcserveサポート ポータルのログイン パスワード リセットの方法

1.サインイン画面で「サインインについてヘルプが必要ですか?」 をクリックします。

Sms1

 

続きを読む "Arcserveサポートポータルへのログインパスワードを忘れた場合にSMS認証で再設定する方法をまとめました。" »

2022年8月12日 (金)

Arcserve製品のダウンロード方法についてまとめました(証書に記載の「To download software, please click here to get started」部分の解説です)。

今回はArcserve製品のダウンロード方法についてまとめました。

Arcserve製品のダウンロードはArcserveサポートポータルにログインした上で行います。
従いまして、Arcserveサポートポータルのアカウントは『ユーザー登録』に沿って事前に作成してください。

 

■ライセンスプログラム証書にあるダウンロード方法の案内について

Arcserveのソフトウェアをライセンスプログラム(LP)で購入いただくとEメールで証書のURLをご案内します。
この証書の最下部に記載の To download software, please click here to get started をクリックして表示されるページ『はじめにお読みください』にてダウンロード方法を説明しています。

Howtodownload_20220812173301

この『はじめにお読みください』ページでは下記のようにArcserve製品のダウンロード方法を説明してます。
ログイン後の具体的な製品ダウンロード方法はこの手順に沿って行ってください。



製品ダウンロード

製品ダウンロードページへのアクセス方法


Arcserveサポートポータルにログイン(※)した上で下記手順でダウンロードしてください。

 

1) トップ ページ左ペインで [製品] アイコンをクリックします。

2) 画面中央左側の [Arcserve Products] ボタンをクリックします。

3) 製品/サービス一覧の中からダウンロードしたい製品のアイコンをクリックします。

4) 各製品ページの目次にある [xxxxx Downloads] リンクをクリックします。各バージョンのダウンロード一覧ページが表示されます。

※ログイン用のアカウント作成方法はこちらを参照してください。

 

++++

以上、Koichiがお伝えしました。

 

<関連記事>

Arcserve 製品のダウンロード方法について

サポートポータルへのログインアカウント作成時のポイントをまとめました(2022年12月版)。

2022年7月 8日 (金)

Arcserve クラウド サービスのメンテナンス/障害情報を確認する方法

2023年09月29日追記:本記事中で紹介しているArcserve Email Archiving Cloud/Arcserve Email Archiving は販売を終了しました。

Arcserve では Arcserve が運営するクラウド サービスの状態をリアルタイムに公開しています。

もし、「あれ、ジョブが失敗している!」というような事があれば、以下の技術情報で紹介しているステータスページをご覧ください。ひょっとしたらクラウド側でメンテナンスや障害が発生しているかもしれません。

Arcserve Business Continuity Cloud ステータス ページ

00_status_page

(図1:障害情報のサンプル)

 

02_maintenance

(図2:メンテナンス情報のサンプル)

 

対象のサービスは Arcserve UDP Cloud Hybrid や Arcserve Cloud Direct、Arcserve Email Archiving Cloud(※1)の他、イミュータブル ストレージ Arcserve OneXafe の管理システムである OneSystem(※2) も含まれます。

また、メールや SMS でメンテナンスや障害の情報をお知らせする機能もあります。通知を有効にしたい方は、トップページの右上(図1)にある「SUBSCRIBE TO UPDATES」ボタンをクリックしてください。

以下の画面のように、ご利用しているサービス/リージョンの通知だけを有効にできます。

01_choose_components

(図3:通知対象サービスの選択画面)

 

ステータス ページのトップ ページには過去90日間の uptime(稼働率)もサービス/リージョンごとに表示されています。

障害には「Degradation」(性能低下などサービスの劣化)と「Outage」(サービス ダウン・停止)があります。このうち Outage が発生すると緑色の縦棒が赤やオレンジ色に変わり、サービス停止があったことが分かるようになっています。

Uptime_status

(図4:稼働率のサンプル

 

この他、詳しくは以下の技術情報をご覧ください。

Arcserve Business Continuity Cloud ステータス ページ

 

以上、ホテがお伝えしました。


※1 Arcserve Email Archiving Cloud をご利用のお客様は「Arcserve Cloud Archiving」のステータスをご覧ください。

※2 2022年7月現在、日本でパブリック OneSystem をご利用のお客様は「Exablox OneSystem」のステータスをご覧ください。

2021年11月 5日 (金)

『Arcserve サポート ポータル 新システム よくある質問 (FAQ)』が公開されました。

Arcserveサポートへの問い合わせの回答は電話で担当者が回答した場合でも併せてメールで届きますが、その回答内容をArcserveサポートポータルにログインして確認することも可能です。

サポートポータルにログインをして問い合わせ履歴(Case)を確認する方法は、メールの回答を後から探して確認するという手間を省くことができ便利なため、このサポートポータルでのCase参照はたくさんのお客様に利用いただいております。

今回、そのArcserveサポートポータルが新システムへ移行したことで()新ポータルに関する様々な問い合わせを頂戴しております。今回セルフで疑問解消に役立てるべく問い合わせをもとにFAQが公開されました。

Arcserve サポート ポータル 新システム よくある質問 (FAQ) 

新サポートポータルになって疑問点があるといった場合はこちらのFAQもご確認ください。

 

重要なお知らせ Arcserveサポート ポータル新システム移行のご案内

+++

以上、Koichiがお伝えしました。

 

<関連記事>

問題解決の強い味方!Arcserveサポートポータルの活用方法

Arcserveサポートポータルへのログインパスワードを忘れた場合にSMS認証で再設定する方法をまとめました。

2021年10月22日 (金)

Arcserve新サポートポータルの Find Userでユーザ名(メールアドレス + .arcserve)がヒットしない、という場合は Arcserveまでお知らせください。

【2022年12月1日追記】

2022年12月1日現在、本記事で紹介している「Find User」機能は廃止されています。2021年10月14日以前の旧サポート ポータルでご利用だったユーザー アカウントを新ポータルに移行するには、Arcserve ライセンス デスクにお問い合わせください。

Arcserve ライセンス デスク

Tel: 0120-630-178 (営業時間:平日 9:00~17:30)

E-mail:JapanDirect@arcserve.com

2021年10月にArcserveサポートポータルが新しくなりました。URLは今までと同じで https://support.arcserve.com です。

>> 重要なお知らせ Arcserveサポート ポータル新システム移行のご案内

旧サポートポータルで発行されたアカウントを新サポートポータルに対応させる「アカウントのアップグレード」を手順書に沿って行いますが、

>> アカウント アップグレード手順書

まず最初のステップ(手順書P.3)のFind Userで旧ユーザ名(メールアドレス.arcserve)を検索します。

【Find User画面】
Finduser

続きを読む "Arcserve新サポートポータルの Find Userでユーザ名(メールアドレス + .arcserve)がヒットしない、という場合は Arcserveまでお知らせください。" »

Arcserve 新サポートポータルのサインインで「サインインできません」エラーが出る場合は末尾に「.arcserve」を付けてしまっていないか確認してください。

Arcserveの新サポートポータルへサインインしようしたところ「サインインできません」エラーが出てします。という場合にまずチェックしていただきたいのは、ユーザー名欄にユーザ名の「メールアドレス+.arcserve」を入れてないか、ということです。

2021年10月14日以前の旧サポートポータルではユーザ名が「メールアドレス+.arcserve」でしたが、2022年10月15日以降の新サポートポータルのユーザ名は「メールアドレス」のみに変更されました。

従いまして、ユーザー名欄にはメールアドレスをそのまま入力してください。

>> アカウントアップグレード手順書 P.15参照

Signin

もし、ユーザ名に.arcserveを付けていないにも関わらず「サインインできません」エラーになっている場合は、パスワードのリセットをお試しください。

続きを読む "Arcserve 新サポートポータルのサインインで「サインインできません」エラーが出る場合は末尾に「.arcserve」を付けてしまっていないか確認してください。" »