フォト

関連情報

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Webセミナー

  • ■Replication テクニカルコース

    無償ハンズオントレーニングを
    WEBセミナーで受講いただけます
  • ■High Availability テクニカルコース

    無償ハンズオントレーニングを
    WEBセミナーで受講いただけます
無料ブログはココログ

カテゴリー「Arcserve UDP (旧製品名 Arcserve D2D)」の231件の記事

2020年6月19日 (金)

テレワークでもバックアップは必要不可欠です「Arcserve UDP Cloud HybridでのOffice 365のバックアップ」

新型コロナウイルス感染症対策の一環として、多くの企業でテレワークを採用、
または、新規に導入する企業が増えています。

テレワークにおいて、Microsoft 365(旧称:Office 365)を活用・導入されている企業も増えているかと思われます。

Microsoft 365 はクラウドで展開されているサービスですが、
サイバー攻撃やコンピュータウイルスの脅威とは無関係ではありません。
そのため、攻撃をされた場合でも強固な復元力を保持できるバックアップは必要不可欠です。

(詳しくはブログ「耳より情報:テレワークで増えているMicrosoft 365で強固なバックアップを実装 ~リモートワーク環境のデータ損失の備える対策とは?~」をご覧ください)

Arcserve UDP Cloud Hybridは、年間契約の定額課金で、 

続きを読む "テレワークでもバックアップは必要不可欠です「Arcserve UDP Cloud HybridでのOffice 365のバックアップ」" »

2020年6月12日 (金)

UDP Cloud Hybridは、災害対策環境(クラウド上)を僅か7営業日で提供!接続設定するだけで利用開始!

オンプレミスにあるUDPのRPS(復旧ポイントサーバ)から
クラウド上に構築したRPSへレプリケートをすることで、
強固な災害対策環境を構築することが可能です。

ただ、ここで気になるのは、
・クラウド上にRPSを構築することが結構面倒で時間がかかってしまうのではないか?
・完成形をパッケージングされて提供されていれば簡単に利用できるのに。
ということではないでしょうか。

そこで登場したのが「Arcsesrve UDP Cloud Hybrid(クラウドハイブリッド)」です。

Arcserve UDP Cloud Hybridであれば、注文するだけで
あとはArcserveが用意したクラウド上にArcserve自身がRPSを構築します。
しかもバックアップサービス環境(BaaS)はなんとわずか7営業日でご提供します。

■納期について(UDP Cloud Hybridのご紹介)
P.8 「クラウド利用まで最短で7日」

Ch1

 

続きを読む "UDP Cloud Hybridは、災害対策環境(クラウド上)を僅か7営業日で提供!接続設定するだけで利用開始!" »

2020年5月15日 (金)

テレワーク中の PC を簡単にバックアップする2つの方法

新型コロナウイルス対策でテレワークを始めているお客様から、PC の中にあるデータをどのようにバックアップすればよいのか、というご相談をいただく事が多くなっています。

Arcserve Japan ではテレワークを支援するため、 Arcserve UDP の無償版を提供している他、Arcserve UDP Cloud Direct の3ヶ月版を低価格で発売しました。

この記事では Arcserve UDP と Arcserve UDP Cloud Direct(以下 Cloud Direct)がそれぞれどんな方に向いているのか考えてみます。

 

■ 無償版 Arcserve UDP (SOHO、小規模企業、フリーランスの方向け)

Arcserve UDP はイメージバックアップソフトで PC をシステム丸ごと復旧するのが得意な上、ファイル/フォルダ単位でのリストアもできます。

バックアップと言うと時間がかかる印象をお持ちかもしれませんが、Arcserve UDP では2回目以降のバックアップは増分バックアップとなり、前回からの変更分のみをバックアップするので、バックアップ時間も短いです。

01_udp

 

続きを読む "テレワーク中の PC を簡単にバックアップする2つの方法" »

2020年5月 1日 (金)

【Arcserve UDP <前編>を「Webセミナー」で開催中!】

新型コロナウイルス感染症の動向を鑑み、現在セミナーが中止となっております。

ハンズオンセミナーと同等の内容を録画したWebセミナーを実施しております。
いつでも、ご自分の好きな時間に視聴いただけます。
ぜひご参加ください。

本トレーニングでは Arcserve UDP エージェントのインストールから
バックアップ・復旧など運用上必要な操作を一通り動画でご覧いただけます。

実際に構築作業を控えているエンジニアの皆様から
「簡単だった!」と好評頂いている無償ハンズオントレーニングの内容をそのままに、
ご自席で、ご自宅で、いつでも視聴いただけます。

お申込はこちらから

Webseminar

以上、鉄道大好きエヌエスがお伝えしました。

 

<関連 Web セミナー>

UDP 前編以外にもハンズオンセミナーを動画化しています。ぜひご参加ください!

【Web セミナー】『Arcserve UDP <前編> 簡単、まるごと、イメージバックアップ』

【Web セミナー】『Arcserve UDP <後編> 簡単、まるごと、イメージバックアップ』

【Web セミナー】『災害対策・業務継続に! Arcserve Replication/HA<前編>』

【Web セミナー】『災害対策・業務継続に! Arcserve Replication/HA<後編>』

【Web セミナー】『Arcserve Backup 「入門コース」』

2020年4月28日 (火)

Arcserve UDP:Active Directory オブジェクトをエージェントレス バックアップからリストアする

Arcserve UDP では以前から Active Directory のオブジェクト(コンピューターとかユーザーとか)単位のリストアに対応していますが、これには Arcserve UDP Agent(Windows)をドメイン コントローラーに導入して、エージェントを使ったバックアップを行う必要がありました。

しかし、実は Arcserve UDP v6.5 Update 2 以降のバージョンでは、エージェントレス バックアップからもオブジェクト単位のリストアを行う方法があるんです。今日はその方法を紹介します。

 

■ まず復旧ポイントにマウント

という事で、実際にリストアしてみます。

下の絵は今回の環境の構成図です。これから出てくる手順のほとんどは、図の左側にあるバックアップ プロキシ兼復旧ポイント サーバ(※1)で行います。仮想化されたドメイン コントローラーはエージェントレスでバックアップ済みです。

00_configuration

 

1. まずバックアップ プロキシ サーバ(以後、「プロキシ」と省略)に Domain Admins グループに所属するユーザーでログインします。

続きを読む "Arcserve UDP:Active Directory オブジェクトをエージェントレス バックアップからリストアする" »

2020年4月24日 (金)

Arcserve UDP の事例から分かる増分率と重複排除/圧縮率の傾向

Arcserve UDP でバックアップ先のストレージ容量を見積もる際に必要な変数に「増分率」と「重複排除/圧縮率」があります。これらの値はバックアップ対象のデータによって変わってくるとは言うものの、まったく的外れな値を入れるわけにもいきません。

そこで、今日は過去のお客様事例(※1)で増分率や重複排除/圧縮率がどの程度になっているか、抜き出して表にまとめてみました。並べてみるとある程度傾向が見えてきます。これからのバックアップ サーバのサイジングにお役立てください。

I2_dedupe

(継続的な増分バックアップと重複排除)

 

続きを読む "Arcserve UDP の事例から分かる増分率と重複排除/圧縮率の傾向" »

2020年4月21日 (火)

Arcserve UDP:AD オブジェクト単位リストアでの競合解決

Arcserve UDP では Active Directory のオブジェクト(コンピューターやユーザーなど)をリストアできます。

オブジェクト単位のリストアでは、リストア先にすでに存在するオブジェクトとの競合をどのように解決するかが課題になります。Arcserve UDP ではリストア実行時のオプション(下の画面)で競合時の扱いを決められます。

01_ad_restore_options

 

続きを読む "Arcserve UDP:AD オブジェクト単位リストアでの競合解決" »

2020年4月15日 (水)

在宅勤務をバックアップ! Arcserve UDP PC向け無償版提供

皆さんの PC はバックアップされていますか?

新型コロナウイルス対策の一環として在宅で働く人が増えている今、もしもお使いのPCに何かあった場合に重要な資料やデータを復元できるようになってますか?

PC 向けであればArcserve UDP を無償で、しかも無期限に利用できます。
利用方法や留意事項、ダウンロードからインストール/設定、その他自宅のPCをバックアップする為のヒントまで、役立つ情報に下記ページからアクセスいただけます。
ぜひ、ご覧ください!

https://learn.arcserve.com/e/466321/jp-udp-nce-jp-/2h6q4z/356169485?h=P7PKvIvpv68h2c_BG64zKPZ4DEwv8rAT9tT7zoC-bgs

2020年4月14日 (火)

Arcserve UDP で PC のシャットダウン時にバックアップを行う方法

PC ではサーバと違って常時起動しているわけではないので、バックアップを行うタイミングが悩みどころです。バックアップ スケジュールを決めておいてもその時間に電源を落としていたらバックアップできません。(※1

逆に、起動とシャットダウンは毎日するので、そのタイミングでバックアップを行えば漏れがなさそうです。そこで、今日は PowerShell のスクリプトを作って、PC のシャットダウン時(※2)にバックアップを実行させてみます。

01_shutdown_backup

(こういう事がやりたい)

 

続きを読む "Arcserve UDP で PC のシャットダウン時にバックアップを行う方法 " »

2020年4月10日 (金)

徹底比較!Arcserve UDP を使ったクラウドへのバックアップ方法

以前の記事で Arcserve UDP のバックアップ データ複製方法を複数紹介しました。今日はその中からシステム復旧に使われる「復旧ポイント サーバ間のレプリケート(以下、「レプリケート」)」と「復旧ポイントのコピー」に絞り、クラウドを使った遠隔バックアップの観点で細かく比較します。

先に結論だけ書いておくと、バックアップ対象容量が 1~1.5 TB を超える場合は「レプリケート」が推奨され、「復旧ポイントのコピー」はそれ未満の環境で活用する、という使い分けになります。

01_replication_crp

 

続きを読む "徹底比較!Arcserve UDP を使ったクラウドへのバックアップ方法" »

より以前の記事一覧